家作り

Sunday, 18 June 2017

キュウリ収穫

Kyuri3
期は熟したかな?
数日前から気になっていたが、
そろそろ採ってもいい頃だろう。

大きな葉の上に、偉そうに腰掛けている、態度の大きそうなキュウリ。
スーパーで売っているのと違って、Jの文字のように曲がっており、
表面にはトゲトゲがたくさんついているため、
素手で触ると手のひらがチクチクする。

うちの奥さん曰く、キュウリはトゲトゲしている程、新鮮なんだそうだ。

へえ〜、詳しいね。

Kyuri2
あ、こっちにも、既に別のキュウリが大きくなってる。

連作にも強い接ぎ木のサラブレッド(と、うちでは呼んでいる)を3本、
普通の安い苗木を3本、

全部で6本植えたので、

この調子だと今年はたくさん収穫が見込めそうだ。

Kyuri4
去年は早い時期からアブラムシが大量発生し、
あっという間に枯れてしまったが、
今年はマリーゴールドやら、多数の花を四方八方に配置したので、
虫対策はバッチリ。

といっても、アメリカンブルーやナデシコに虫対策効果があるかは知りませんが、
マリーゴールドはコンパニオンプランツといって、
一緒に植えると天敵の虫を遠ざける効果があるのだとか。

極めつけに青ネギを根元付近にも植えておきました。
キュウリは、ネギを一緒に植えると連作障害にやられにくくなる、と本に書いてあったので。

雑草も花の一部と化し、あまり気になりませんね。
というのは都合良い言いがかり?

でも、畑の周囲にはある程度の草花を生えさせ、虫さんを惹き付けておいてもらおう、
というのが、有機野菜的にはありかな、と思うのですが、いかがでしょう。

こんな風に、農薬も化学肥料もまったく使ってませんが、
多少は虫に食われてるような野菜の方が、かえって食べる方としては安心します。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックをお願いします!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 16 June 2017

蘇ったシラカシ

Niwa1

グリーンカフェ、
神戸三宮で入ったカフェのテラスが緑でいっぱいだったのが印象に残っていて、
我が家の庭もいずれは、と思いながら庭作りしてきました。

今では、目の前の道路から視界が遮られ、
夏には窓のカーテンを開け放していてもプライバシーが保てるぐらい木々が茂ってきました。

程よく日陰もできてきたので、
通り道は僕が毎日踏み歩いてるからか、
雑草が生える勢いも衰えてきて、
一度抜いたきり雑草がもう生えてこない所もあるくらいです。

Niwa2
5月の連休明けに植えたキュウリが、
ちゃんとキュウリネットを這って伸びてきてる。

昨年は水と肥料が足りなかったせいか、
すぐに枯れてしまったので、
今年は毎日の水やりと、3週に一度の追肥も忘れなく。

地植えにしたので、地温が上がりすぎないように黒マルチを張り、
6月に入ってからは敷き藁も施してあります。

さっそくもう既に3本程収穫しましたが、
花の数だけキュウリが成るのだと思うと、ワクワクしてきます。

これで、好きなだけキュウリの酢の物が食べられる。

Niwa3
去年キュウリとゴーヤを植えたプランターを使い、
土はそのままで、今度は水菜を植えてみたところ、
こんなにワサワサ生えてきました。

プランター栽培でも、続けて同じ野菜を作ると連作障害にやられてしまうため、
土をそのまま再利用し、こうやって全く違う科の野菜を植えて育てれば、
上手く栽培できるんですね。

水菜は、15度〜22度くらいが適温だ、というので、
一日の半分くらいは半日陰ぐらいのところに置いてみました。

もう食べ頃だ。

Niwa4

今年の3月に、北側に植えたシラカシ。

土にすぐに適応できなかったためか、
こんな風にに枯れてしまい、残念、

と思っていたのですが、


Niwa5
よく見ると、幹の色が本来の緑色に戻りつつあります。
3ヶ月後に、ようやく蘇ったシラカシ。

もうダメかと半ば諦めかけていましたが、
それでも夏が過ぎるまでは、と思い水やりを続けていました。


Niwa6
新しい葉も、蘇った証拠に生え変わってきています。

自己再生能力がないと、古い葉を落とし切れず、
新しい葉は生えてこないようですが、
幹が生え変わったところから、ようやく新しい葉が生え始めてきました。

引っこ抜かないで良かった。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 18 October 2015

雑木の庭作り

Zouki1
雑木の庭へまた一歩前進。

夏の暑い日が過ぎるまでのあいだ、ただひたすら土作りに励み、

我が家では、僕のことを「趣味は穴掘りです」とまで言われ続けながら苦しい日々を過ごしてきましたが、

10月になってやっと樹を植える時期が来た訳です。

そんなわけで緑化木センターで爆買いしてきた樹をさっそく庭へ一本ずつ場所を決めながら、、、

まずはイロハモミジ。

花鳥風月には欠かせない一本。

Zouki2
マユミ。
誰かと同じ名前なので、ついでに購入。

高木のアオダモと、ツリバナと一緒に寄せ植えしてみました。

Zouki3
こちらはナツハゼ。

こちらも低木なので、
エゴノキ、コナラという高木群を主木に、ナツハゼをすぐ横に添えてみました。

この他にも、コハウチワカエデ、ケヤキ、ソヨゴ、アオキも買ってきたので、
日当りも具合を見ながら、一本ずつ植樹。

さらに、コナラも買いたかったのですが、残念ながら緑化木センターでは見かけなかったため、
こちらはネット注文で8本まとめて購入!

これだけ買うと、植えるのも大変です。まだ土作りができていないところもあるので、
随時穴を掘りながら、場所を定めていく。

Zouki4
リカちゃん、ちょうど良いところに座る場所があったね。
樹とリカちゃん、どっちが成長早いかな。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。
どうぞ応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 24 May 2015

ジューンベリー

Berrypicking3
昨日買ってきたジューンベリーの木。
ジューンとは、その名の通り6月。

ブルーベリーのように甘酸っぱくて赤い実が、6月頃に、
実際はこの地域では5月のようですが、たくさん生るようで、

リカちゃんがさっそく気に入ってパクパク食べてくれました。

手が届かないと、

採ってくれ、と言ってきますが、

放っておいても自分で採って食べていました。

たまにまだ白い実も採って食べようとするのですが、それはさすがに食べられないよ。

Berrypicking2
行きつけの美容院でも植えてあって、実は食べてるのか、と聞いてみたところ、

食べられるなんて知らなかったそうで、

小鳥が来てよく食べてますよ、と。

自分の庭に小鳥がそんな風にしてやってくるのも、それはそれで風情がありますが、
うちの場合は、おそらくジョーとリカちゃんの方が小鳥よりも先に採って食べ尽してしまうのでしょうね。

Berrypicking1
浜北にある緑花木センターで買ってきたたくさんの樹木たちも、
掘り起こした土に腐葉土をたくさん(3割が目安とか)混ぜて植え付けてみました。

その上から、近くの山で拾ってきた落ち葉をふりかけてマルチングしてみたところ、

なんとなく雑木の庭っぽくなったような???

感じに見えませんか。

山林に生えてる木も実際は地面が落ち葉で覆い尽くされているので、
雑木はできれば山の中と同じ環境の方が生息しやすいのはないかと考え、そうしてみました。

植え付けた場所には何も置かずにスッキリさせておく、と言う人もいましたが、
まだ植え付けたばかりで地面に根付いてないし、今週は雨もあまり降らないようなので、
こうしてマルチングをすることで地面が乾くのを防いでくれるのかな、と。

グリーンには以前までまったく縁がなかった僕ですが、
こうして土を触っているあいだに自分自身が癒されているような気になり、
植物と触れ合うことで満たされているような気がします。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
子ども写真ですが、ガーデニングブログと化してますが、なにか?
応援ヨロシクお願いします。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Saturday, 23 May 2015

雑木の庭へ

Gardening3

掘っても掘っても石がゴロゴロ、

土壌改良といっても、
掘り起こした土の7割以上が大小様々な石で、途方に暮れそうなほどでしたが、、、

そんな我が家の庭も、ようやく庭らしくなってきました。

狭いスペースをどんな庭空間にすればよいか、ヒントを与えてくれたのが、
こちらの本です。

【これからの雑木の庭―庭空間を改善して快適に】
〜(主婦の友生活シリーズ) ムック – 2012/10/19高田 宏臣 (著)〜

61nvny75pfl_4図書に関する詳細はAmazon.co.jpにてご覧ください。

たまたま本屋さんで見つけて買った本ですが、
厳しい夏の日差しをうまく緩和し、昔から取り入れられてきた暑さをしのぐための植林方法などが詳しく紹介されています。

実例集には、どんな樹木を植えているのかも紹介されていて、

落葉高木には、コナラ、クヌギ、アオダモ、ヤマボウシ、エゴノキ、ジューンベリー、
常緑高木には、シラカシ、アラカシ、モチノキ、
常緑低木には、ソヨゴ、アセビ、

など、僕が今まであまり知らなかった樹木の名前と特徴も、

この本から学ぶことができる。

緑花木センターへ行って買い物をする時も、今や手元から話せない手引きと化しています。

Gardening4

そんなこんなで、さっそく愛車のレガシィに積めるだけ買ってきたのが、
エゴノキ、アオダモ、ヤチダモ、ジューンベリー、コナラ、アセビ。

大きく成長したものほど高いので、なかなかの高額出費でしたが、、、
そこはまあ、とりあえず目をつぶる。(汗)

上の写真はエゴノキ。
4〜8mまで伸びる高木ですが、先週までは白くて小さな花が咲いていました。


Gardening5

近くのホームセンターで買ってきて植えてあったブルーベリーも、
一緒に混じって寄せ植えされていると、それなりに風情が感じられます。

まだ青い実が雨と晴れを繰り返しながら、少しずつ膨らんできて、
いつか食べ頃を迎えたらジョーにあっというまに食べられることになるであろう、
その時までの数ヶ月間は、目の保養として楽しめます。


Gardening6

4月に種まきをしておいたルッコラ、

3〜4cm間隔まで間引きしておいたのですが、
そろそろ高さ10cm程まで達し始めると、次から次へとどんどん伸びてくるので、
今朝から採り始め、朝ご飯のサラダに入れてあげることにしました。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。
子ども写真は今回はありませんでしたが、それでも応援ポチを!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, 05 May 2015

敷き藁

Takoyaki2_3

Uターンラッシュが本格的に始まる前に、

実家から戻ってくると、ちょうど新しく注文した「たこ焼き機付きの」ホットプレートが届いたので、

さっそくお昼はたこ焼きパーティー!

Takoyaki1

テンションが上がりますなあ。

我が家では恒例のたこ焼き。

うちの奥さんが関西出身なので、だいたい家でたこ焼きを焼いて食べるのは普通のことのようですが、 ここ、浜松でもこんな風にしてたこ焼きを普通に家でしょっちゅう焼いて食べる家庭は、 そう多くはないと思います。

ところで、たこ焼きのお味は?

表面はぱりっと、中身はフカフカで美味い!

以前まで使っていた小さい方のたこ焼き機は一度に18個までしか焼けなかったけど、

今度のは一度に30個焼ける上に、一個のサイズが大きいんです。

味もサイズも、銀ダコ並み???

なんちゃって。

結局ジョーは9個食べ、リカちゃんはスズメのようにつっつくだけでしたが、

僕は一人で25個ぐらいは食べてしまったと思います。

Shikiwara

食べ過ぎた後は、農作業をしてカロリー消費。

先日植えっぱなしだったトマト、ナス、キュウリの苗の土に敷き藁をしていなかったので、 さっそく近所のホームセンターで買ってきた藁を敷いてみました。

農作業に関してはド素人の我が家、

敷き藁だの黒マルチだのという農業用語も最近覚えたばかりの知識なので、

だいたい敷き方すら知らない。

その辺は、ケータイでささっと調べてカバー。

敷き藁をしておけば、どうやら土の乾燥を防ぎ、防虫対策になるのだとか。

代わりに黒マルチ(農ポリ)を敷いておいても良いのですが、

もう植え付けたあとだったし、 今更マルチに穴をあけても敷けないので、

敷き藁を敷いてみました。

Shikiwara1

GW前から掘り続けていた穴、

ようやく僕の膝上20cmくらいまで深くなりました。

ジョーやリカちゃんの相手をしながらなので、作業はなにしろスローペースで少しずつ。

Shikiwara4

それでも気付けばこんなに深くなると、 達成感だけは感じますね。

Shikiwara2

Shikiwara3

その分、掘り起こした石もたっぷりなので、

せっかく買ってきた新しい一輪車もあっという間に満タン。

3杯のバケツにもあふれるほどになりました。

これじゃ、せっかく掘った穴も、ほとんど石だけで埋まってしまいそう。

その分、土の割合が少なくなってしまうような気もするけど、 それだけここの敷地は石が多いのかもしれません。

地盤は堅いみたいですが。

でも、花壇なら少なくとも土だけで深さ25cm以上は欲しいなあ。

さて、ここには何を植えようかなあ。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。

「子ども写真」部門で、しかも「子どもの日」ですが、今日はアグリブログと化してました。

どうぞ応援ポチを!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, 31 December 2014

安心して暮らせる場所

Myhome_2


Myhome1

今年もあと残すところ約40分ほど。
2014年は、生涯自分が身を置くことになるであろう場所が与えられました。

子ども達はこの場所で成長し、
いつか家を出たあとも安心していつでも帰ってこられる場所にしたい。
そんな思いを込めて家を建てました。

実家からは高速で約1時間と、少し離れた場所ですが、
今後とも家族が安心して過ごせるよう、今後ともどうぞ見守りください。

今年最後のブログは、そんな我が家をロケに、
ちょっと住宅雑誌っぽく撮った写真を2枚アップしてしめたいと思います。

1年間このブログを読んでいただきありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 15 September 2014

羊雲の下で

Hitsujigumo
朝起きて窓の外を見ると、
きれいに羊雲が空に浮かんでいました。

9月も半ばになり、昼間の日差しこそ暑いけれど、朝晩はだいぶ冷え込むようになりました。

Hatake2


Hatake3


Hatake4
新しい住まいに引っ越してきてからというもの、
庭の土おこしを少しずつ続けているうちに、大きな石が山のように積上ってしまい、
時々なかなか抜けない木の根や杭?が出てきて、、、

水道管らしきものまで出てきた時は、さすがに笑ってしまいました。

Hatake5
8月の暑い時期と雨の降り続けるあいだは一時期お休みが続いてしまいましたが、
ようやく2坪くらいの小さな畑が出来上がりました。

ここまでくるのに、腐葉土や牛糞堆肥、苦土石灰など、
土壌改良材にいくら費やしてきたか。(培養土も少し足しましたが、、、汗)
一袋300円くらいのものでも、車のトランクがいっぱいになるまで買うと、結構良い値段に。

日当り条件は抜群というほどでもないので、
半日陰でも大丈夫そうな、初心者向きの秋野菜から手始めに。
失敗はしたくないんで。(汗)

Hitsujigumo2
一日畑仕事をした後のビールは美味かった。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 13 August 2014

オシャレ棚

1407941570851.jpg
雑誌のための撮影があったので、
わざわざ買い揃えた輸入品類。

大工さんに作ってもらったキッチンの棚ですが、もともとこんな風に見せるために作った場所なんで、
外国かぶれみたいですんませんが、、、

いちおう撮影も終わったことだし、ワインもオリーブも、もう開けて良し。

あれ、紅茶は何故かフランスもの揃いだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 27 July 2014

外張り断熱の家

Dannetsu

ここ数日の暑さは半端ないと思ってましたが、
今日になって、ようやく風も出てきて涼しくなってきました。

サイエンスホームで建てた我が家の断熱効果はどのくらい力を発揮してくれるのだろう、
と思っていましたが、今回はその力を試してみる良い機会でもありました。

昼近くになると、さすが外の空気自体が暑くなるので、
窓から入ってくる空気も温風に変わり、室温が30度を超えたところで
エアコンなしではちょっと厳しくなりましたが、
いったんエアコンのスイッチを入れると、家全体が涼しくなりました。
(それでも2階は1階よりも比較的暑いですが)

外張り断熱のおかげで、家全体が魔法瓶のように覆われているため、
個々の部屋だけを単独で冷やすのではなく、玄関から寝室まで一律に冷やしてくれるので、
廊下に出ると突然暑くなる、という展開にはなりませんでした。

今日は風もあり、窓を全開にしてみたところ、
気持ち良い風が入ってきてくれて、気温28度で湿気も少ないので割と過ごしやすい気がしますね。

今日だけは日本の夏じゃないみたいだ。

窓の位置にも気を配り、東西南北に風が通るようにしてみたのですが、
そもそも廊下も部屋の壁が少ないため、風はよく通るみたいです。
冬は逆にあまり冷たい風が部屋の中を通り過ぎても困りますが、
夏が涼しいのはとりあえず大変ありがたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)