日記・コラム・つぶやき

Tuesday, 31 January 2017

身近な自然との共存

Takeyabu
身近な生活空間にも、
こんなに緑がたくさんあるんだ。

竹林なんてどこにもあるはずなのだけど、
猛スピードで動く社会に生きていると、ついうっかり通り過ぎてしまう。

僕らはこういった自然に囲まれながら、
自然と共存しながら生きているってことを忘れちゃいけない。

地球は人間なしでも存続できるけど、
人間はこういう豊かな自然環境を大事にしなくては生きてはいけない。

家からコンビニまで歩いていると、
こんな風景に出くわしたので、そんなことをつくづく考えながら撮ってみました。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 31 December 2016

メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!

Christmastree1
毎年撮っている教会のクリスマスツリー。

大晦日の今日、クリスマスから約1週間が経ち、
あと少しで新年を迎えようとしています。

この十字架を背にそびえ立つクリスマスツリーを見ながら、
主イエス・キリストの降誕をお祝いし、1年の最後を締めくくり、
クリスマスから元旦までのあっという間の時が過ぎていきます。

そんな今年のクリスマスは、我が家にとっては特別な時でもありました。

ところで、12月26日になると、さっさと片付けてしまう方が多いクリスマスツリーですが、
暦の上では1月6日まで出していても良いものなのです。

イオンへ買い物に行くと、あっという間にクリスマスソングからお正月の歌に変わってしまい、
ちょっとガッカりしてしまうことはないでしょうか。

でも、メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!と、そう英語では新年の挨拶をしているように、
本来はクリスマスとお正月は同時にお祝いされるものなのだ、と思います。

いつまでもキャンドルの余韻に浸っていたいところですが、
(と言いつつも、紅白を見ながらブログ書いてますが)

Osechi6
うちの奥さんは、あ〜忙しい、と言いながらおせち料理を。

Osechi5
じゃ〜ん。完成!

嫁として恥ずかしくないように、とかぶつぶつ言ってましたが、
これ、かなり良い出来だと思うよ。

Osechi1
僕も今年は少しぐらい、一品ぐらいは手伝おうと思ってたのですが、
結局こういうことに関しては奥さんの前では手も足も出ません。

さっそく、あ〜ん。

明日は、実家の藤枝へ新年の挨拶に参ります。

それでは、みなさん、良いお年を!

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 02 October 2016

藤枝大祭り2016

Shimotennmablog1
地元、藤枝で3年に一度開かれる祭り、藤枝大祭り。

9月30日(金)から10月2日(日)までの3日間に渡り、
うちの父が下伝馬のカメラマンとして手伝っていたので、

僕もそのうちの1日だけ(10月1日)撮影に付き添って参りました。

とりいそぎ、そのうちの1枚だけ(iPhone)撮った写真をアップいたします。

こんな感じでした。

これから1週間かけて撮った写真の編集、
がんばります。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 25 September 2016

苗付け

Hanakawa
夏の間に少しずつ耕しておいた畑に、
秋野菜の種を蒔くのと苗付けをするのを、リカちゃんとジョーが手伝ってくれました。

2年前に引っ越してきた頃はまだ石ころだらけで、虫さえいなかったこの地も、
毎年耕しているうちに、
いつのまにか柔らかくて水はけの良い土に変わってきたようで、
大雨が降っても水たまりはほとんどできません。

えっほ、えっほ、

通路の平らな部分に穴を掘って、小山を作ってくれるのはリカちゃん。

雨が降ると、今はそこだけ水たまりができるんだよね。

さあ、苗を植えるの手伝ってえ。

というと、ジョーが得意そうな顔をして、

「オレ、学校でもやったから分かるよ」と言って、ほとんど全部植えてくれました。

リカちゃんも、
「リカもやる〜」と言って聞かないので、
仕方ないなあ、と思っていたら、自分でナデシコの苗を持ってきて、

「コレをうえるの」と言って、野菜の畝の端っこに一つだけ植えてくれました。

まあ、いいか。

Hanakawa_2
逆さ撮り!

そういえば、最近どこかの偉い教授が、
こんなポーズをして表彰されてたなあ。

逆さまにして覗くと、新しい違った世界観で物が見えるとか、そんな話だったと思うけど、
ジョーが見ている方からいったい僕はどんな風に見えるんだろう。

ジョーも場合によってはこんなポーズをして何か賞がもらえるかもしれないね。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 07 September 2016

秋の味覚

Sushi
食欲の秋、

という台詞はまだ少し早すぎるかもしれませんが、、、

うちの実家へ行くと、ジョーの好物をたっぷりと食べさせてくれました。

普段はあまりご飯を食べないジョーですが、
好物といえばお寿司。

お寿司の中でも好きなものトップ3といえば、

サーモン、マグロ、イクラ。

そして、今回はウニに初挑戦。

ちょっと大人味かな、と思ったけど、

案外美味しかったようで、

好きなものトップ4にランクイン。

良かったね。※写真の中ではウニがイクラの陰に隠れてますが。

お寿司屋さんでこれだけ食べたら、いったいどれだけ払わなきゃならないのだろう。

台風が通り過ぎる日々ですが、
この蒸し暑さが通り過ぎた頃には本格的に秋の味に。

ビールは既に「秋味」が出回ってますが、
秋と言えば、新サンマを食べるのも楽しみ。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sunday, 21 August 2016

誕生日ディナー

Photo
まだ夕陽が沈まないうちに、
スパークリングワインを抜くには少し早いかな、と思う時間帯こそ、
写真映えするようで、
我が家の和室から、ちょうど良い陽の光がグラスを照らしつつ、
乾杯しました。

え?

何に乾杯したかって?

それは、、、

ささやかながら、僕の誕生日を素敵なイタリアンディナーで祝ってくれたのです。

誕生日というと、この年になると、
なんというか、嬉しいようなそうでもないような、、、
だって、四捨五入すると既に40ですからね。

でも、こうして今日まで生かされ、うちの奥さんと出会い、
この浜松の地に根付いたからこそ、ジョーとリカちゃんに日々翻弄されながらの
今のこの生活があるわけで、そりゃ感謝すべきことなんだな、と思うわけです。
そして、自分自身がこの世に生を受けたのは、そもそも両親のおかげなわけですから、
そのことにまず感謝したいです。

Photo_2
食事の後は、家の外で花火を。

夏休みも、あと1週間で終わりというこの時期、
花火を楽しみながら、なんとなく寂しさを覚えつつ、
今夏を振り返る。

そんなことを考える間もなく、あっという間に線香花火が、
ポトッと、
地面に落ちてしまう。

早すぎるよ〜。

あんたには、この勢い良くシューって炎が吹き出すタイプの方が似合ってるよ。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Monday, 08 August 2016

農夫コーディーの庭作り

Okura1
しばらく放っておいたら、
ほんの数日でオクラがジャンボオクラになっていた。

毎朝庭へ出るたびに、トマト、青じそ、モロヘイヤ、ナス、シシトウ、そしてオクラ、
次々と食べ頃を迎えているのを見ては収穫する。

ほんの小さな家庭菜園ですが、朝採ってそのまま朝ご飯にする楽しみがたまりません。

Okura2
うわあ、これだけ草が生えてくると、
どこが通路で、どこまでうちの庭なのかさえ分からなくなってきた。

こうして一枚写真のフレームに納めてみると、
フェンスも木の一部と化し、裏山の景色も庭の一部のように見え、
なんとも贅沢な庭なんだ、と思えてきますが、

地面を見れば、ご覧の通り足の踏み場は全て雑草でグリーン化しています。

歩くと雑草が足に触れてくすぐったい。

それでも、砂利を敷いてしまっているような庭よりははるかにマシ。
砂利を敷けば常に灼熱地獄ですが、
雑草でも芝生のように覆われていれば、大気まで熱せられることはない。

雑草も全てが雑草と思って否定することはなく、物によってはキレイな花を咲かせることもあり、
セイタカアワダチソウかと思って抜いていた雑草も、
もしかしたらテッポウユリだったかもしれない、ってことだってある。

よく見ると、生い茂った木の陰で涼しそうなところもできている。
夏は日陰に、冬は日向になれば、僕の計画通り、ということになるが、
まだまだ数年先かな。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 10 July 2016

雑木の庭に小鳥の餌付け

Zoukinoniwa1
庭作りを始めてから、ようやく2年が経過。
少しずつ土壌改良を重ねながら1本ずつ植えていった木々。
春から夏にかけて葉っぱが生い茂ると、
庭の狭い通路も緑のトンネルのようになってくる。

昨年植えたギボウシが、今年はかなり大きく成長し、
花が腰より高い位置で咲いている。

木々が今後さらに大きくなっていくと、
暑い夏でも日陰ができていって涼しくなればいいのにな。

Zoukinoniwa2
ある日、夕方に帰宅すると木の上の方から
小鳥の鳴き声がすると思って見上げたら、
ツバメが餌付けをしている最中だった。

こんな細い枝につかまって、よく落ちないなあ。
細くてひょろひょろの木なのに、どうしてこんな場所を餌やりの場所に選んだのだろう。
まあ、僕の植えた樹を選んでくれるなんて、こっちも悪い気はしないけど。

お腹いっぱいになるとそのまま寝てしまい、
夜明けとともにまた鳴き始め、明るくなる頃にはどこかへ飛んでいってしまい、
夕方になると戻ってきてまた餌付けが始まる。

そんな日々が1週間程続きました。

平和な日がいつまでも続いてくれることを願う私たちですが、
私たちの住むこの国の平和がこの先もずっと保たれるのだろうか。

安保法案にあれだけ多くの人が反対したにもかかわらず、
改憲しようとする動きにどうして支持が集まってしまうのか。
票を投じる、ということは、その党の政策を支持するということになる。

それらのことを忘れてしまってはいないだろうか。

平和憲法に守られてきたこの国の平和がいつまでも保たれることを願います。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援ポチをヨロシクお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 05 June 2016

小学校の運動会

Yamaboushi2
浜松市内の小学校の多くが5月末の土曜日に運動会を
実施したようです。

ジョーの小学校でも、ラッキーなことに曇り空の涼しい日に、
長袖シャツを着ていないとむしろ寒いくらいの天候のなか、
運動会を見に行ってきました。

幼稚園と違って小学校のグラウンドは広いので、
踊りとなると反対側のトラックにいたりするので、
いくら望遠レンズを伸ばしても遠すぎるとなかなか撮れない。

こんなに広いところで走ってれば、
ジョーも足が速くなるわけだ。
結構自信があった「かけっこ」も、ジョーは残念ながら2位で終わってしまいましたが、
来年こそは!
と思いながらも、やっぱりちょっと悔しいよね。

写真は上級生の走ってる様子ですが、だんだん距離が長くなると、
トラックのカーブを回るようになるので、撮る方も迫力が増してきます。

また来年もがんばってね。

Yamaboushi1
我が家は今年は幸いながらヤマボウシの木の下にシートを敷くことができ、
ここで観戦。

木はいいねえ。

ヤマボウシ、我が家にも一本ぐらいあってもいいなあ。
なんてね。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 21 May 2016

森の小径

Morinokomichi1
先日、実家に帰省した際に
近くの新興住宅地を散歩していた際に通った小径。

僕が小中学生の頃は、
まだ土木工事が何年もゆっくりと、少しずつ少しずつ、
いったいいつまで続くのだろうと思っていたこの場所、

元々沼地だった当時、
工事現場に止めていたユンボが翌朝には沈んでしまった、という噂。
本当かどうかは知りませんが、
地元では、昔から住んでいる人達の間ではよく耳にするのだけど、

Morinokomichi6
それが、今ではこんなに綺麗な住宅地になっています。

でも、大半の土地が大手ハウスメーカーの建築条件付きの土地なので、
どの家も外観は似たような家ばかりで、
飲んで帰ってきた夜、うっかり他所の家の玄関に、ただいま〜、って
入ってしまいそう。

だから、僕は建てたい家の工務店を決めていたので、ここの土地は買わなかった。

Morinokomichi2
この住宅地を通り抜けると、
薮田川の流れる元々の原風景に行き着きます。

これが僕の中学時代までの、ユンボが沈んだ当時の景色ですが、
カワバタモロコという魚の日本で数少ない生息地の一つでもあります。

Morinokomichi4
山から清水が流れ、湿地帯になったところでは、
蝶が水を飲みに降りてきて、僕の目の前でピタッと静止。

レンズを近づけても逃げないので、何度も至近距離からシャッターを切らせていただきました。
これが、その一枚。

こういう写真は住宅地では撮れないよ。


Morinokomichi5
もう少し歩き進めるとお茶畑が。

そういえば、僕の父がブランドを確立した「ナベショーのお茶」。
今は養蜂に専念しているため、別の人に作ってもらっていますが、
今年のお茶を販売開始したそうです。

お買い求めはマルミヤ製茶HPから。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックをお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧