旅行・地域

Monday, 20 March 2017

あま〜いイチゴを食べるには

Akazukinchan6
今年こそは、と思い、
久々に家族恒例行事のイチゴ狩りへ、

掛川にある「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」までやってきました。

静岡県に住んでいれば、
いろんなところにイチゴ農園はあるけども、
大きくて甘いイチゴを食べようと思ったら、やっぱりここが一番美味しい気がする。

「県下最大、日本最大級」と看板に書いてありました。

はい、リカちゃん、
にいたんがとってあげるよ。

ジョー曰く、
大きい方がイチゴは甘いのだそうだ。

Akazukinchan8
ガブ〜!

ミルクはこぼさないようにね。

Akazukinchan3
リカちゃんも、

ん〜、美味しそう!

まだ白いのは、摘んじゃだめだよ。

一人何個ぐらい食べられたか分かりませんが、
40分でお腹がちゃっぽんちゃっぽんするぐらい、いっぱい食べられました。

もうしばらくイチゴは食べなくてもいいや、なんてね。

来年の冬は、うちの畑にもイチゴを植えてみようかなあ。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 19 February 2017

京都へひと旅

Doushisha
同志社大学

一度は足を運んでみたかったキャンパス。

新島襄が設立した同志社は、
僕が卒業した関西学院大学と同じく、キリスト教主義の学校だけど、
明治時代初期の当時を思い起こさせる風景が残り、
赤煉瓦の建物がそのまま残っていて、どこかレトロな感じがいいんですよね。

ボーリス建築の関西学院とはまた違った味があって興味深いです。
関西学院大学の場合は校舎の名前は普通にA号館とかなのに、
同志社の場合は、例えば清風館とか、日本的な名前が多いのも特徴です。

この後、新島襄の旧邸にも行ってみましたが、残念ながら2月までは休館でした。

Konkaikoumyouji
金戒光明寺

京都へ来て、どうしてそんなお寺に行ったん?
って、思われるかもですが、
ここは、会津藩主の松平容保が京都守護職を任ぜられた時に拠点を置いたお寺で、
ここで新撰組の近藤勇や土方歳三が松平容保に謁見したという、
幕末の歴史においては、非常に重要な場所なのです。

今は特別拝観が行われていて、
新島八重の写真も展示してありましたよ。
大河ドラマの綾瀬はるかとはだいぶ差がありましたが。(^^)

Koudaiji
三年坂

Koudaiji1
二年坂

その後、東山にある霊山歴史館で開催中の幕末維新ミュージアムへ。
今年は大政奉還150年記念の年なので、
幕末シリーズのイベントが京都の各地で開催されているようで、

せっかく京都へ来たのだから、ということもありますが、
職場の旅行で来たとは言え、
誰でも行きそうな平安神宮や金閣寺などの有名スポットではなく、
幕末関係の名所へ行ってみるのも面白いかな、と。

そう思って足を運んだわけですが、
祇園から近いこの辺りは人気スポットらしく、やたらと人が多い。
狭い場所でも観光客がぎっしりで、
近くには清水寺や、五重塔で有名な法観寺も徒歩圏内にあります。

Fushii_inari1
一泊して、次の日は朝から伏見稲荷へ。
千本鳥居は京都観光ではお馴染みの、じゃらんとかの観光雑誌には必ず写真が掲載されているところ。

へえ、ここがその伏見稲荷かあ、と軽い気持ちで行ってみたものの、
トレッキングシューズを履いてきて良かった〜、と思うぐらい、
伏見山へ辿り着くまでの道のりが長い。

Fushii_inari2
観光客にとって、時間の節約は重要なので、
頂上まで行くことは諦め、中腹のところで引き返してきました。
京都で長い時間を過ごせる人は、ぜひ一番上まで行ってきてください。
ハーフコースでも有に1時間はかかります。

伏見山から降りてきて、
JRか京阪の伏見稲荷駅まで戻る手前にはお土産屋さんがずらりと並んでいたので、
ここでいなり寿司とお土産屋の八つ橋を買っていきました。

そこから、京阪に乗って、今度は伏見桃山へ。

Teradaya5
龍馬通りを歩いて南側へ進むと、
川沿いにある古い旅館が寺田屋。

坂本龍馬が襲撃され、命からがら逃げた旅館ですが、
僕が家を建てる時は、
なぜか、この寺田屋のイメージがなんとなく頭の中にあって、
幕末ロマンに浸りながら家の図面を考えてしまいました。
実際は、寺田屋を訪れるのは今回が初めてですので、具体的にどんな旅館なのか知りませんでしたから、
僕の家は寺田屋とは大きくかけ離れています。

Teradaya1
龍馬はどんな旅館に泊まっていたのだろう、
と思い描きながら、やっとここへ辿り着いたわけです。

Teradaya2
鉄砲階段で、天井が低いところは、
僕の家とはだいぶ違います。

ただ、剥き出しの木の柱やらは僕の家と共通してるのかな。

柱には、銃痕や刀痕がそのまま残っていました。

うちの場合も、ジョーやリカちゃんが傷つけた痕がいっぱい、ちゃんと残ってます。

Teradaya3
おりょうさんは、このお風呂に入っていた時に異変に気付き、
服も着ないまま龍馬のいる部屋へ急いで知らせに行った、
というのは有名な話ですが、それがこのお風呂なんですね。

Tofukuji
最後は京都駅からすぐ近くにある東福寺へ。

山門の周囲には梅がちょうど咲いていて、早春を感じさせる風景は、
寒さを忘れさせてくれそうでした。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 10 August 2016

愛知県民の森で川遊び

9
これ以上ない程の暑さを記録した今週の月曜日と火曜日。
浜松では最高気温38度まで上がり、日本全国トップクラスに。

そんな中、暑さを凌ぐため、という訳ではありませんが、
また愛知県民の森へ行ってきました(ゴールデンウィーク以来です)。

ここは、豊橋方面から日帰りで川遊びに来る人も多いようで、
駐車場代がかからず、川岸も整備されているので、
子どもが遊びやすい人気スポットなのかな、と思いました。

10
我が家のワイルドボーイ、ジョーもこの調子。
網と水槽を持ってひたすら魚を捕まえることに徹していました。

僕がカメラを持って近づくと、

オリャア〜〜〜!!!!!!

と、水しぶきが!

生き物と触れ合うのは良いことだけど、
捕まえた後の魚の世話が大変なんですよね。

自然の生き物には、生活に必要な条件がそろっていないとすぐに死んでしまう。

だから、捕まえたお魚達は水槽の中で酸素不足ですぐにポカ〜んと、
お腹を仰向けにして浮かんでしまいました。

そういう生き物の宿命と向き合い、何か思うことはあったかな。

4


5
人間にとって生きるために必要な環境ってなんだろう、と考えた時、
ここへ来ると、まず思いつくのは木々ではないか、と思える。

空気を循環させ、夏は暑さを和らげてくれ、
様々な恩恵を人は木々から受けてきた。

街中の灼熱地獄で生活しているよりはずっとマシ。

2020年開催予定の東京オリンピックでも、
夏の暑さを緩和させるために東京都が考察している取り組みの一つがグリーン環境の整備、という記事をどこかで目にしたことがある。

そのためか、東京都は他の地方都市に比べ、意外とグリーンが多いように感じます。

6
アセビも森の中の日陰では、こんなに葉っぱが青々としていて綺麗。
うちの庭に植えてあるのとは大違いだ。

1
アウトドアで何と言っても楽しみなのはバーベキュー。

さあ、火おこし、今回もがんばるぞ。
結婚して以来、最初は失敗して火が付かなかった経験もありましたが、
何度か試しているうちに、今ではなんとなく火が付く仕組みも理解できるようになってきた。

最初に薪を櫓のように組み立てて、その周りに炭を並べていき、
キャンプファイヤーを組み立てるようなイメージにしていけば、
火をつけた時に真ん中に上昇気流ができ、空気が下から上へ昇っていく。

火は下から上へ着いていくことと、空気がないと火はつかないこと、
この2つの法則さえ理解していれば、火はちゃんと着いてくれる。

僕は木炭よりも火が長持ちする備長炭を使っていますが、
だいたい小一時間でまんべんなく火が着いてくれました。

その間に、既にビール2缶が空に。

2
さあ、焼き始めたぞ!

食べ始めるまでに、1時間もかかれば、そりゃ待ちくたびれるよね。

8
ジョーもリカちゃんも森の中にいると、
コロボックルみたいだ。

切り株の中に、何かいるのかな。


3
長時間露光で夜の森の中を撮ってみました。

ホ〜。

フクロウでも出てきそう。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 18 July 2016

えんばい朝市へ

Enbai1


Enbai4


Enbai5
生しらすの水揚げで知られる舞阪港のえんばい朝市へ。

5月から8月までの第3土曜日の朝7時から開催されるので、
今日こそはと思い、早朝に家を出て生シラスを買いにいってきました。

水揚げされたシラスはそのままパック詰めして販売されますが、
大勢の人が買えるように販売整理券を配布され、順番に買う仕組みが取られています。

僕も7時前に着いたのに既に830番でしたが、
待っている間に船から水揚げされる様子を見ながらパシャ、パシャっと。

他の鮮魚も売っていたので、新鮮な魚を数匹お土産に買って帰りました。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!え

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 01 May 2016

愛知県民の森へ

Moritopia1
ゴールデンウィーク初日、
我が家は愛知県民の森へ遊びにきました。

浜松からは車で小一時間くらい。
三遠南信道を使うとあっという間です。

こんな広い駐車場なのに、朝からもうたくさん車が止まってる。

Moritopia2
これだけ杉やケヤキならの高木が立並んでると、
屋外駐車場の中でも日陰がたくさんできて涼しく感じました。

Moritopia3
まずは園内マップで、今いるところを確認。

広いな〜。

キャンプ場だけじゃなくて、
水遊び場もあるよ。


Moritopia4
森の中に入ると、空気がヒンヤリしてきて寒いくらい。
陽の光が少しでも当たる場所は暖かいんだけどね。

Moritopia17
ジョーはここでも半袖シャツとサンダル。

川遊びもできるよ。

水網も持ってきたし。

魚がいるよ。

夏は川で泳げそう。

Moritopia18
リカちゃんも負けずと振り回すと、

長刀でも振り回してるみたい。

山内一豊がそういえば長刀使いだったかな。

Moritopia5
テントに泊ることもできるけど、

Moritopia12
我が家はバンガローへ。

虫が苦手な女子達にも、こっちなら高台なので安心?

Moritopia7
火おこしなら任せてくれ。

すぐ火が付く木炭に、火力が強くて長持ちする備長炭を併用してと。

お腹が空いたなあ、と皿を持って待ってるのはリカちゃん。

後少しで火が付くよ。

※火が付くまでだいたい40分くらい。

Moritopia8
お待ちどおさん!

と言って、さっそく焼き始めたところ、
鮎も野菜も火力が強くてすぐに焼けてしまう。

ちょっと焦げた?

Moritopia9
お肉も柔らかくて美味しいよ。
安いお肉ばっかじゃなくて、一段値段が高い方の肉も買ってみたけど、
やっぱり美味しい。

これが今年一番のバーベキューだ。

Moritopia10
翌朝は、ハイキングも楽しいよ、
と思ったけど、

Moritopia11
意外とジョーが高い所が苦手だったらしく、
山道で座り込んでしまったため、

ちょっと登っただけでもうギブアップ。

Moritopia13
あ、こんなところにアセビが!

うちの庭のアセビとは訳が違うね。
山の中に自生してるアセビは日陰の涼しいところで生育してるから、雅でキレイだなあ。

Moritopia16
荷物も食べた分少し軽くなったかな。
リアカーに乗ってるリカちゃんの体重分くらいは。

さあ、荷物を運んだらチェックアウトだ。

駐車場まで、がんばるぞ!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, 01 October 2015

浮月楼の巨木

Bigtree_2
静岡の街を歩いていると、古風な料亭の前に巨木がそびえているのを発見。

徳川幕府最後の将軍、慶喜が江戸開城後、
謹慎を解かれた後に居住した屋敷で、今は浮月楼という料亭・結婚式場になっています。<風月楼のHP>

僕の従兄弟もここで結婚式を挙げています。

Bigtree1_2

庭にこんな大きな樹が植えてあるなんて、どんなに贅沢なんだろう、
って思ってしまう。

そりゃ、いつ植樹したのか分かりませんが、江戸時代からの長い歴史を誇る場所ですからね。
元代官屋敷だったところへ明治2年(1869年)に慶喜が居を移してからだと、
およそ150年ということになる。

ビルの4階ぐらいまでの高さはあるだろうな。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!


| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 29 March 2015

浜名湖花フェスタ

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4

はままつフラワーパークで開催中の浜名湖花フェスタへ。

ちょうど桜が咲き始めてこの週末は天気も良く、暖かいので、
花見には絶好の機会となりました。

昼前の11時近くに着いたら既に駐車場は満車で、臨時駐車場へ停めて歩くことになりましたが、
我が家のような子連れ客の場合は、もう少し早く着いて近場の駐車場を確保するべきだったかな。

桜開花時期のフラワーパークの見所は、
やっぱりチューリップと桜が同時に見られるところ。

今回はリカちゃんがモデルで、ジョーはカメラマンに!

リカちゃん、オペラ歌手のつもり?

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 22 December 2014

舘山寺遊覧船のカモメ

1419252619163.jpg
今日みたいな寒い日に限って浜名湖舘山寺の遊覧船に乗る機会があったのだけど、
船の上は寒かった〜。
でもカモメがわさわさと着いてくるのを見るのはなかなか楽しいです。
浜松に来てからもう何年も経つのに、こんな楽しみがあるのは知らなかったなぁ。

by iPhone5

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援ポチを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, 05 August 2014

新宿の緑のトンネル

1407249032867.jpg
東京新宿で見つけた緑のアーチ。
夏の猛烈な暑さのなかにあっても、
緑のトンネルの中を歩くあいだは、だいぶ涼しく感じられるように、
都市空間を形成しているように感じました。
こんな大都会にも、自然と調和しながら生きていこうとする、人間の営みが感じられます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 03 September 2013

浅草サンバカーニバル2013(2)

Asakusasamba1


Asakusasama3


Asakusasamba4


Asakusasamba5


Asakusasamba2


Asakusasamba6


Asakusasamba7


Asakusasamba8

前回に続き、浅草サンバカーニバル2013の写真ですが、
iPhoneでも撮っていたので、せっかくなのでアップしておきます。

前回は望遠レンズで撮ったものですが、
ピントをあまり気にせず、広角で気軽に撮れるのがiPhoneのカメラですね。
人も多いところなので、なるべく荷物は軽くしたいし、
そんな時に便利なケータイカメラ。

といっても、普通のカメラよりも、結構撮れるもんです。

浅草は東京スカイツリーも見えるし、雷門から中に入ると、
カーニバルのあいだも普段通り賑わっていて、なんとなくウキウキしてくる。

ちょっと暑かったおかげでついビールが飲みたくなる。

アサヒビールと大塚製薬がカーニバルのスポンサーだというのも相乗効果でしたね。
ポカリスエットとスーパードライをつい飲んでしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援ポチを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧