« 結婚記念日 | Main | お節料理で年越し »

Saturday, 30 December 2017

昆布巻き作りに挑戦

Photo_2

真冬によく見られる花のひとつ。


赤い実が特徴のナンテン。
近所の川縁の、コンクリートでずいぶん前に固められた場所に生えていた。

モチノキ科では、庭木でよく見られるのがソヨゴやウメモドキ、クロガネモチ。
僕が庭に植えたソヨゴも、今年は赤い実が去年よくたくさんついていた。

Photo_3
正月飾りの生け花にも使えそうな、ボケの花。

他所の家の玄関先にも、真っ赤なボケの花が咲いているのをよく見かけるので、
うちにも植えてみたいな、と思ってはいるんだけど、
植える場所が決められず、今に至ってしまった。


Photo_4
先週漬けておいた白菜漬け。
5日も寝かせておけば、もう充分。
漬け物樽から出し、軽く水で洗い、タッパーに保存しておけば、
この先も数日は食べられる。

朝ご飯に、ホカホカご飯の上に載せていただきました。

かなり美味い。
漬け物だからって、バカにできませんよ。

Img_0885

こんな感じでいいのかな。

初めて昆布巻き作りに挑戦してみました。

実家では毎年大晦日前になると、うちの父が作ってる光景を思い出し、
僕も一品くらいお節料理を、と思って、トライしてみました。

→現に、うちの父のブログ(⬇)を見ると、まさに今日作ってたようです。
「ナベショーのシニアーライフp70」

羅臼昆布も、以前、父から一袋もらったのがあったので、
あとは、身欠き鰊。
これも遠鉄ストアでうちの奥さんが買って来てくれました。

あとは、昆布と身欠き鰊を水に浸して柔らかくしておき、かんぴょうで巻く。

と、文章で書くのは簡単ですが、、、

柔らかくなった昆布はツルツルしてるので、
ニシンをくるんで、かんぴょうで巻く、というのがなかなか上手くいかない。

2、3個やってくうちに、

巻いた昆布を一方の指で押さえながら、かんぴょうでくるっと巻く、
という行程ができるようになり、

続けてやってうちに指が慣れ、
だんだん手先が器用になるような気がしました。

全部巻き終わったら、お鍋に重ならないように敷き詰めて、
昆布を浸しておいた水を入れて、頭まで浸るくらいまで水を足し、

醤油:大さじ5、
お酒:大さじ3、
みりん:大さじ2、
砂糖:大さじ4
お酢:小さじ1

くらいの分量(だいたいの目安)の調味料を入れ、
※レシピでは30分ごとに3回くらいに分けて入れるようですが、
僕は面倒くさいので2回で済ませました。

クツクツ1時間程煮込んだら出来上がり。

こんな感じでいいのかな。

一つだけ味見してみたところ、うん、オっケー。美味しいです。

これで年が越せる。

Photo_5

今夜はこれで一杯。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

|

« 結婚記念日 | Main | お節料理で年越し »

花の写真」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/66221287

Listed below are links to weblogs that reference 昆布巻き作りに挑戦:

« 結婚記念日 | Main | お節料理で年越し »