« 節分の行事 | Main | ふわふわのシフォンケーキ »

Monday, 06 February 2012

冬の空のイメージ

Photo

浜松と関西の方では冬の空の感じが違うみたい、

と最近うちの奥さんに言われ、改めて冬の空について考えてみました。

確かに静岡県全般で冬の晴天率が高いので、今日は雨が降っていますが、

ついでに今年は雪も少し降りましたが、だいたい雲がほとんどない青空の日が多いんです。

それに比べ、大阪や神戸の方ではどんよりと曇っている日が多く、

晴れていてもどこかに重たそうな雲の姿が見られるような気がします。

写真はうちの奥さんの実家、明石で公園の噴水を見ながら撮ったものです。

オリンパス社のE-PM1(ペン・ミニ)を使って撮りましたが、

アートフィルターのドラマチックトーンにより、重たそうな雲模様と噴水の冷たそうな感じを顕著に表してくれました。

冬の空をイメージしたとき、それは住んでいるところによっては、

からっと晴れた青空から、どんよりと冷たそうな曇り空まで大きく異なってくるんですね。

|

« 節分の行事 | Main | ふわふわのシフォンケーキ »

写真・カメラ」カテゴリの記事

Comments

空は、本当に色々な表情を見せてくれますね。
その表情を撮り続けることで、なにか発見できそうですね。

Posted by: イザワ | Wednesday, 08 February 2012 at 02:25

ドラマティックですね~
手前の噴水がより強調しているようです。
前記事のお汁粉、すごく美味しそう

Posted by: MONA | Wednesday, 08 February 2012 at 23:58

イザワさん

空は見るたびにいつも違う表情を見せてくれますが、
その度にいいなと思ってシャッターを切り続けていきたいですね。でも、カメラを持っていなくて
チャンスを逃すことが多々あるんです。


>MONAさん

ドラマチックトーンで撮ったドラマチックな
風景のつもりですよ。
空を主役にすれば、噴水はおまけみたいな存在だったんですけどね。
お汁粉も気にっていただけましたか。

Posted by: コーディー | Friday, 10 February 2012 at 21:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/53918189

Listed below are links to weblogs that reference 冬の空のイメージ:

« 節分の行事 | Main | ふわふわのシフォンケーキ »