« 青々としたトンネル | Main | 遠鉄新館オープン »

Monday, 21 November 2011

恥ずかしがりやの滴

Photo_2

前日まで降っていた雨が、朝にはすっかり止んでいたので、

僕はいつも通り朝ご飯を済ませてから、一人で佐鳴湖まで出掛けてみた。

雲間からのぞいている太陽が、まだ雨でびしょ濡れの木の葉や地面を照らし、

滴が時々反射して光っている。

いつも来る休憩所のあたりまで来ると、ピンクのお花が咲いていたので近づいてみると、

サザンカと思われる、冬になるとよく見かけるお花だった。

11月下旬に入ったにしては、まだそんなに寒くないのに、

サザンカを見ると、もうすっかり冬らしく寒い時期になったように感じた。

Photo_3 

マクロレンズを装着してお花ギリギリまで近づいてみると、

昨晩降った雨の滴が花弁と花弁のあいだに恥ずかしそうに隠れていた。

滴にピントをあわせようと思っても、

三脚を使っていないので、体が前後に揺れるたびにピントがずれ、手振れもひどい。

ISO感度を400まであげ、

シャッタースピードを250分の1秒までかせいでから、

あとは呼吸をとめて、ピントがあった瞬間を待ってシャッターを切ってみた。

恥ずかしがりやの滴さんに、僕の気持ちは届いたかな。

|

« 青々としたトンネル | Main | 遠鉄新館オープン »

花の写真」カテゴリの記事

Comments

マクロレンズのFULLで思い切り近づくと
確かに体の少しの揺れでもピントがずれますね。
また被写体の少しの揺れでもピントがずれます。
2枚目、頑張った甲斐がありましたね。
気持ち、届いたと思いますよ^^

Posted by: イザワ | Tuesday, 22 November 2011 at 02:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/53296144

Listed below are links to weblogs that reference 恥ずかしがりやの滴:

« 青々としたトンネル | Main | 遠鉄新館オープン »