« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

Friday, 30 September 2011

彼岸花と蝶

Photo

彼岸花が咲き始めると、

少しだけ涼しい風が吹くようになり、外もだいぶ歩きやすくなってきたので、

久しぶりに「はままつフラワーパーク」に行ってみた。

今日で9月も終わりなので、彼岸花の見頃もそろそろ終わりかな、と思ったけど、

斜面や木陰の方を見ると、

まだ赤い彼岸花がたくさん咲き乱れていた。

Photo_3

芝生に腰を下ろしたり、寝っ転がったりしながらカメラを構えていると、

ちょうど良く蝶がどこからか訪ねてきたのでパシャッとまずは数枚だけ。

でも、あまり近づくとすぐに飛んで行ってしまうので、そおっと近づきながら、

自分も昆虫になったつもりで、なるべく静かに息をしながら、

カシャッ カシャッ!

けど、シャッター音が気になったせいか、僕の息が荒かったせいか、

蝶はすぐに飛んでいってしまった。

【写真展のご案内】

写真同好会「フォト北部」のみなさまと一緒に以下の日程で写真を展示させていただきます。

僕の写真も2点出展させていただきました。

どれが僕の作品かは、見ればきっと分かると思います。(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 26 September 2011

アインシュタインの「特殊相対性理論」

Photo

公園で遊んでいるうちに、

帰る時間も忘れて夢中になっている子ども達を見ながら、

ふと時計台の方を向くと、夕陽がちょうど柱に反射して眩しく光っているところだった。

太陽が一日の営みを終えて、地上に住む僕たちに別れを告げる瞬間だ。

今日一日を振り返ってみたり、

遠い昔のことを思い出して語り合いながら過ごす人もいることだろう。

過去から未来へ向けて走るレールの上を、

人は光に送り出されながら進んできた。

ニュートリノはその光よりも速く進む可能性があるそうだが、

たとえ「質量を持つものは光速を超えることはできない」とするアインシュタインの「特殊相対性理論」が覆されたとしても、

人は未来を見ることも、過去に立ち戻ることもできないだろう。

この時計台の何気ない風景は一瞬先に予測しながら撮ることはできても、

一度逃したら二度と撮ることはできないからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 23 September 2011

洋菓子バレンタイン

Photo

やっと秋らしく、涼しい風が吹き始めたようだ。

「暑さ寒さも彼岸まで」というが、今年もその言葉は見事に的中してしまった。

休日をどこかへお出かけをして過ごすのも良いが、近所のケーキ屋さんで買った

スイーツを食べてのんびりと自宅で過ごすことにした。

佐鳴台にある「洋菓子バレンタイン」で、

僕はパパイヤ、うちの奥さんは和栗モンブラン、そしてジョーはラズベリーのプリンのようなものを買った。

お店の場所:佐鳴台の遠鉄ストアのT字交差点から佐鳴台公民館へ向かって行く途中右手にあります。

        シュークリームで有名なお店なんだそうです。

Photo_2

和栗モンブランと並んで撮ったあとは、

僕のパパイヤを単品でも撮ってみた。

ジョーはさっさと自分のラズベリーを先に食べてしまったので、残念ながら写真はなし。

僕もジョーの攻撃にあいながらも数枚だけ手早く撮ったあと、パパイヤをいただいた。

う~ん、南国の味だ!マンゴーも好きだが、パパイヤもいいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 22 September 2011

倒木

Photo

台風が過ぎ去って一夜明けた今日、

路上には大きな倒木がのっさりと車の行く手を阻み、

そうかと思えば信号が点灯しないので渡っても良いのかどうか分からない交差点が

何カ所もあった。

事務所へ着くと駐車場は落ち葉の絨毯になっていたので、

僕の朝一番の仕事は落ち葉拾いから始まった。

今日はたまたま野外撮影に行く日だったので、

会場へ行ってみると幸い外は涼しく、絶好の撮影日よりだったが、

ここでも倒木が道の真ん中にセイウチのように寝そべっていた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, 21 September 2011

台風一過

Photo_3

夕方4時頃になって少し窓の外が明るくなったかと思ったら、

すっかり雨は止み、雲間から日の光が差し込み始めた。

風はまだ強く吹き続けていたが、

ようやく台風が過ぎ去ったのだと思って家の外へ出てみると、

近所の庭から飛んできたと思しき植木鉢や木の枝が道路上のあちこちに散乱していた。

Photo_4

普段はそれほど水の多くない川も、

今回ばかりは増水していつもと違う姿に変身しており、時々変わった物が流されていた。

ジョーが「あのくろいのはなに?」

と言って川の方を指さすので見てみると、

それは黒いヘルメットがぷかぷか川を泳いでいる姿だった。

Photo_5

うわ、ここも増水してる!

時々ジョーとここの川へ遊びに来ると、よくここの桟橋を渡って遊ぶのだが、

ここは水面からそれほど高くないところだったので、

さすがに浸水してしまっていた。

ジョーは3歳にしては台風のすさまじい光景や物音を怖がったりせず、

むしろ興奮しながら非日常的な状況を見つめているようだったが、

これが台風なんだ、ということを目の当たりにして学んだのだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

浜松市付近に台風上陸!

Photo_2

ゴ~ゴ~、と家の外ですごい音が鳴り続ける。

窓の外は強い雨が吹き付け、

時折僕の住むアパート全体がわずかに揺れているのが分かる。

台風15号が9月21日(水)の午後2時前後に浜松市付近に上陸した。

お昼前に事務所まで一度車で行ってみたが、

道路の真ん中にはゴミ箱やコンテナが散乱していたり、

深い水溜まりにタイヤがはまって天然の噴水のような水しぶきがあがったりした。

こんな時こそ衝撃的な写真を撮ってみたい、と一瞬ブロガー魂が僕の胸中を熱くしたが、

車の窓さえ開けられないほどに台風の勢いはすさまじかった。

佐鳴湖の様子も気になって、ちょこっと見に行こうとしたが、

そこはうちの奥さんに取り押さえられることに。

今朝まではサーティーワンにアイスクリームでも食べに行こうか、

なんて話をしてたけど、それこそ常識外れだった。

結局自宅に留まることになり、

唯一撮った家の窓はそれでもいつもとは違う、非日常さを感じさせた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 18 September 2011

出石皿そば

Photo_3

どこかのお侍さんが通りかかって、

この傘くれんか~!と言って買っていきそうな風情のあるお店を見かけたので、

パシャッと一枚撮ってみた。

お店の看板には「本陣」と書いてあるけど、本当は何のお店かなあ。

城崎へ車で旅行したときは、ちょうど帰り道に出石(イズシと読む)という、

皿そばで有名な町に寄り道できる。

結局僕らが入ったのは別のお店で「近又」という、

どうも人気ランキングのトップに名乗り出ているらしい店だ。

Photo

このお店が人気な理由のひとつは、

若くて可愛い従業員がたくさんいることだとも聞くが、

実はここのオーダーの仕組みには面白い特徴があるんです。

1人で20枚以上食べると皿そばの証という札がもらえ、

5枚持ってくると1年間無料になる。

30枚以上食べると自分の名前が永久登録されて、店内に名前が書かれる。

さらに10分間で男性なら50枚、女性なら40枚食べると、永久無料になるのだそうです。

詳しくはお店のHPへ ー> 名物手打ち出石皿そば 近又

Photo_2

そんな20枚でもさすがに無理だろう、と思っていた僕も、

気付いたらあっと言う間に26枚ペロッと食べてしまい、

「皿そば之証」という札を頂きました。

ちなみにジョーは4枚食べました。

隣の部屋ではちょうど別のお客さんが10分間で50枚にチャレンジし、

見事に達成されたようで、大歓声があがっておりました。

さあ、これだけ食べたらお値段は???

うん、まあそれについてはノーコメントということにしておきます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 17 September 2011

城崎マリンワールド

Photo_9

城崎温泉から北へ車で5分程行くと、城崎マリンワールドという水族館がある。

ジョーは温泉のお湯が熱くてちょこっとしか入れなかったというので、

水族館の方がむしろ楽しみだったようだ。

Photo_10

一昨年に初めて水族館に連れて行ったときは、

まだ水槽の中の魚を見ても無関心だったが今回は、

「どうしておさかながおよいでるの~?」と質問までしてくる程に好奇心たっぷりだ。

ジョーは最近「どうして」という質問が大好きで、

どんなことでも質問してくるが、

う~ん、なかなか答えられないんですよね。

Photo_11

あれ!セイウチがいるよ!

絵本に出てきた動物なので、ジョーもよく知っているはずだが、

こんなにでかいとはねえ。

ブオン、ブオン、ブオ~ン!

セイウチの車は絵本の中でもすごい音を出して走ります。

Photo_12

さすがでかいというだけなら迫力はありますが、

なにしろ怠け者で、ぐて~っと昼寝をしているセイウチもいました。

Photo_13

さて、セイウチはいったい何キロ体重があるのかな。

ジョーが試しに体重計に座ってみると、

セイウチはジョーの体重の、なんと83倍!という結果が出ました!

Photo_14

水族館の主役はなんといっても、

やっぱりイルカかな。

ジャッボーン! イルカのショーです。

一昨年に初めて見た時は怖がって泣いてしまったが、ジョーも今回は真剣な眼差しで見ておりました。

Photo_15

でも、イルカが飛ばしたボールが客席の方へ飛んでくると、

さすがに怖がってママにしがみついてしまった。

僕もカメラに当たらなくてよかった。

Photo_16

途中でこんな迫力ある場面も見せてくれた。

イルカと一緒に潜ってきたダイバーが翼を広げて水上に飛び上がって出てきた。

一瞬のできごとだったが、とっさにカメラを構えてシャッターを切ってみた。

一眼レフのカメラは旅行先ではかさばって不便だが、

こういう瞬間を撮るには有利だと感じました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Friday, 16 September 2011

城崎温泉

Photo

初秋の風が柳の葉を揺らすたびに、

どこからかお湯の匂いがぷんぷん漂ってくる。

青やピンクや紫といった華やかな浴衣を着た若い旅行客が湯から上がったばかりなのか、

時々額をタオルで拭いながら、次のお風呂へと向かって歩いていく。

(通りすがりに声を掛けて写真を撮らせていただきました)

僕はうちの奥さんの実家である明石を経由して、そのまま義理の父母と姉といっしょに、

城崎温泉に1泊旅行に連れて行ってもらった。

温泉宿で好きな柄の浴衣を貸してもらい、

あちらこちらのお風呂をめぐり歩くのが城崎温泉の楽しみだ。

Photo_2

大阪から特急きのさきで直行できる城崎温泉には、

なぜか若いカップルがとても多く、

両岸を結ぶ橋の上にちょうど良いベンチが置いてあるので、

次から次へとカップルが座っては川の遠くの方を眺めていく光景にでくわした。

仲良さそうに座っていたので、ちょっと声を掛けて写真を撮らせてもらった。

(ブログ公開についても本人の了承をいただきました)

Photo_3

さあ、お風呂に入ったあとの夕飯は、どんなおごちそうが出てくるのかな。

と思ったら、

やっぱり、期待通りのカニが出てきた!

じゃあ~ん。これ一匹で1人分ですよ。

Photo_5 

他にもたくさんの料理が並んでいたが、

いったんカニに手をつけ出すと、みんな黙々と身をほじくり出す。

脚だけでも8本ぐらいあるので根気はいるが、

きれいに身がとれた時の快感はたまらない。

ある程度の身がとれると、それをお酢につけて口に運ぶと、

あっというまに努力の成果がお腹の中へ消えていってしまう。

Photo_6

カニにばかり気を取られていると、

いったんお鍋にのせたお肉がいつのまにか焼けてしまうので、

少しずつ焼くか、

(お鍋の特徴からして、一度にたくさんのせることはできませんでしたが)

いったんカニのことは忘れて焼くのに集中した方が良いかもしれませんね。

あ、これはちなみに但馬牛なので、

ウェルダンまで焼かなくても、少し赤身が残るぐらいで充分柔らかくて美味しかったです。

ビールも2本ぐらいいただいたが、

地酒の冷酒もたいへん飲みやすかった。

夕飯を食べたあと、もう一度お風呂に行くつもりだったが、

いったん布団に寝っ転がったきり、次に目が覚めた頃にはもう入浴時間は過ぎていました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 07 September 2011

韓国料理トッポキ

Photo

長野パープルという巨峰を偶然買ったので職場に差し入れで持っていったら、

お返しにトッポキという韓国料理のソースをもらってしまった。

海老で鯛を釣ったのか、鯛で海老を釣ったのかは分からないが、

このソース、見た目通りちょっと辛いけど結構甘くておいしい。

トッポキ(マカロニのちょっと固くて大きくしたもの)そのものは一本しか入っていなかったので、

ご飯にかけて、キュウリとレタスを添えてみた。

うん、悪くない。

ただずっと食べていると、

口の中がだんだん熱くなってくるので水をたっぷり飲む必要がある。

でもこのくらい辛い方が、かえって体が温まって血行が良くなるかもしれませんね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, 06 September 2011

羽ばたけ、大空に!

Photo_2

雨が止んで、しばらくすると雲間から光が差し込み、

そこから青空が開けてきた。

わ~!

と思わず叫びたくなる瞬間のできごとだった。

そうだ、この数日間ずっと青い空が見られなかったのだから、

誰だってこの大空に向かって思わず羽ばたきたくなるのではないか、とさえ思った。

ブログネタ: 【写真ネタ】あなたが撮った「雲」の写真を見せて!参加数

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 05 September 2011

波紋

Photo_2

結局今日も昼過ぎまで雨が降り続いていたが、

雨の日にしか見られない風景を探しに出掛けることにした。

といっても、自宅からそんなに離れていない佐鳴湖まで行っただけだ。

湖岸の散歩道はやはり水溜まりが多く、

草が膝丈まで伸びているところを歩くと、しだいに靴とズボンがびしょびしょになってくる。

雨がだんだん小降りになってきて、

少し空が明るくなってきた頃、

滴が木の枝をつたって水溜まりに落ちていく様子にでくわした。

ポツン、ポツン---。

ひとつ、またひとつ、と滴が落ちるたびに波紋が広がっていくので、

僕はカメラのファインダーを通してじ~っと眺めながら、何度かシャッターを切ってみた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 04 September 2011

明日の夕陽

Photo

台風がゆっくりと日本列島を過ぎ去ろうとしている今も、

各地で豪雨と強風が止まず、

結局今日も僕は屋根のある職場と自宅を行き来するだけで終わってしまった。

窓に時々雨が強く降りつける様子を、猫のようにただボーっと眺めていたり、

いや、勤務中はそれでも仕事に集中していましたが、

とても外に積極的に出掛けてみようという気力はおこらなかった。

写真は2ヶ月ほどまえに、今度仕事の現場となる場所を視察した時に撮ったものですが、

台風が過ぎ去れば、きっとまたこんな夕陽がすぐに見られるだろうか、

という思いで載せてみました。

明日こそカメラを携えて外を歩いてみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 03 September 2011

トマトのひつまぶし

Photo_3 

9月に入り、そろそろ秋らしい風が吹き始めたが、

外は台風の嵐。かろうじて浜松では雨は降っていないが、

新聞を見ると全国的な台風被害と、野田新政権誕生のニュースでいっぱい。

今日は家で1人でお留守番なので、

とりあえず僕の苦手な掃除、洗濯、アイロン掛けをさっさと済ませてから、

ビック富士に買い物へ。

特に変わった食材を買うわけではなく、いつもと同じ野菜とお肉をカゴに入れただけなのに、

なぜかレジへ行くといつも2,000円を超えてしまう。

うちに帰るとお昼近くになっていたので、今日の朝刊で見たレシピをちょっと加工して

トマトのひつまぶしを作ってみた。

作り方

  1. エノキ、しめじ、にんにくをオリーブオイルで炒め、
  2. しなっとしてきたらトマトを加え、さらに炒める。
  3. 調味料は塩と胡椒を適量。
  4. ホカホカのご飯の上にのせてから、別のお鍋で温めておいただし汁をさ~っと注ぐ。
  5. 最後にミョウガとカツオ節をかけて、できあがり。

実際食べてみると、思ったより量が少なかったので、

第2ラウンドにはトマトの代わりに釜ゆでしらすとオクラを入れてみた。

こちらの方がダシが利いていて案外美味しかった。

撮影モード:1/100秒、F3.5、ISO400、、焦点距離:50.0mmWB:5000K(RAWで後調整)、ストロボ発光

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »