« December 2010 | Main | February 2011 »

January 2011

Monday, 31 January 2011

外国人市民の社会参加と多文化共生のまちづくり

Photo_2

「外国人市民の社会参加と多文化共生のまちづくり」

と題して、2011年1月29日(土)、静岡文化芸術大学でシンポジウムが開かれた。

「多文化共生」に力を入れている大学が浜松にあることは、

僕としては非常にありがたいものです。

ブラジル人の多く住む浜松で働く者として、これからの地域社会における

多文化共生の問題を考えるために、僕はこのセミナーに参加してみた。

Photo

最初の導入で、

これまで実施してきた研究・教育、実態調査と、

公立大学化した静岡文化芸術大学の中期目標について述べられ、(静岡文化芸術大学 池上重弘)

(僕は少し遅れて参加したので、この部分は聞けなかった)

その後、4人の専門家から

  1. 韓国における多文化の状況、(愛知県立大学 山本かほり)
  2. 多文化な視点が抱く地域社会について、(他言語センターFACIL 吉富志津代)
  3. ブラジル人コミュニティの現状、(静岡文化芸術大学 イシカワ エウニセ アケミ)
  4. 日本語支援システムの構築、(静岡文化芸術大学 広瀬英史)

という順番に研究報告がなされた。

真剣な眼差しで講義を聴く学生に混ざり、僕も学生に返ったような気分で、

講義資料を見ながら報告を聞いていた。

なかでも韓国の多文化共生がどれだけ進んでいるか、という報告を聞くのは、僕にとっては初めてのことだった。

隣の国、韓国でも都市化により農村では結婚難が進んでいて、

急速な少子化と、外国人の流入が進行しているのだそうだ。

ここまでは、なあんだ、日本と同じじゃないか、と思ったが、

韓国では政府みずから外国人政策を積極的に展開し、

家族が社会の基盤だから、ということで、国際結婚の家族を支援する法律まであるのだそうだ。

Photo_3

最後のセクションでは、

多文化共生社会に貢献できる日本語教員の養成過程について話され、

セミナーの参加者からの質問に熱心に答えられていた。

その様子をちょっと横から撮らせていただきました。

子どもから大人まで、学校や会社でまず問題となるのは日本語の問題。

今では、あちこちのNPOや国際交流協会にて、

日本語講座や、日本語を教えるスタッフを育成する講座が開かれているが、

それらとはまたひと味ちがった養成過程を静岡文化芸術大学で構築しようとしている。

外国人のおかれた状況にあわせて、的確に日本語教育を支援していけるよう、

このプログラムがうまく機能していくことを期待したいですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 29 January 2011

浜松市農林水産まつり2011

Photo

安くて新鮮な農産物を買い求めて、

こんなにたくさんの人が農林水産まつりにやってきた。

浜松駅前だってそんなに人はいないのに、

浜松の人はいったいどこへ行ったのかと思ったら、ここに集まっていたんですね!

(落語寄席、立川志の吉さんの台詞を一部引用)

場所は浜松市東区役所のすぐ南隣りにある産業展示館。

開催日時;

1月29日(土):午前10時~午後4時

1月30日(日):午前10時~午後3時

始まりの10時少し前に行ったら既に東区役所前の道路には車の行列ができていた。

仕方がないので、

東名浜松インター側の通りを挟んで反対側にある鈴与の駐車場(臨時駐車場)まで行って車を停め、

そこから歩いていくことにした。(5分ぐらい)

Photo_2

さすが、めちゃめちゃ安い野菜や果物がたくさん売られているので、

こんなに人がたくさん集まるわけだ。

大根1本50円、

ほうれん草1房100円、

人参とれたて1本30円、

写真を撮りに来たつもりが、ついカメラを肩からぶら下げたまま僕も衝動買いしてしまった。

Photo_3

なかでも僕の目を惹いたのは、シナノゴールド! (1個100円)

試食をしてみると、とても甘くておいしいので、

買って帰ったら、ジョーが、

きいろいリンゴ ♪

と言って、喜んでくれた。

Photo_4

それでも、買い物以外に何か面白いものはないかなあ、

と思ってウロウロしていたら、

床に絨毯のように敷き詰められたミカンがあったので、

カメラを床に置いたまま一枚パシャッ!

Photo_5

ニャ~オ!

あれあれ?ネコちゃんがこっちを向いていると思ったら、

これは石に描かれたネコ。(晴れるや工房の石猫:ブログはこちら) 

ペーパーウェイトみたいなのかなあ。

あまり可愛かったので、お店の方に断って写真を撮らせていただいた。

Photo_6

さあ、そろそろ帰ろう、と思ったところ、

おやおや、これは!

なにかと思ったら、大根だ!

顔でも描きたくなるくらい丸くて大きな大根、

あまり珍しかったので、一言断って写真を撮らせてもらったところ、

僕が何回かアングルを変えたりして撮っていたので、

大根を一生懸命写真撮る人なんて初めて見たよ!

って言われてしまった。(汗)

せっかく撮るんですからね、面白いものは面白く撮らなきゃ。coldsweats01

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 26 January 2011

浜名湖ガーデンパーク - こども広場

Gardenpark1

水辺の向こうに広がるこども広場。

浜名湖ガーデンパークの南駐車場に最も近い場所に、

大きなトランポリンやネット遊具が集まっている。

入場料が無料なので、気軽に子どもを連れてきて自由に遊ばせるには

なかなか良い公園だ。

Bridge

ジョーもさっそく遊具をあちこち探索。

こっちには何があるかなあ。

風はまだちょっと冷たいけど、

子どもは一度遊び出すと、夢中で動き回るので、

まるで寒さを感じていないようだ。

Step1

ステップ ステップ ♪

大きなトランポリンにのって、ママと一緒にダンス~!!

Tranpolin

大きなネットはまるでお城のように広々としているので、

あちこち飛び回れる。

すごいなあ。

もうちょっと後ろから撮れば、迫力が出るかな。

と思って、もう一歩後ろへ下がった途端、

あれ~~~、足が何か大きくて固いものに引っかかった!

僕はベンチにつまずいて、そのまま右後ろへ転倒し、右肘を打撲してしまった。

遠くから見ていたうちの奥さんに後から、

「転倒しても絶対カメラだけは手から放さなかったね」

と言われてしまった。

いやいや、倒れるギリギリまでファインダーをのぞき込んで、

シャッターを切ろうとしてたんだよ。

いやあ、恥ずかしい。

右肘が痛くても、なんとか社会生活は送れそうだが、公園で遊びながら写真を撮るときは、

くれぐれも怪我だけは気を付けなくては、と思わされた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 24 January 2011

大温室に咲いていた花

Photo_2                           (Canon EOS 40D + SIGMA Lenz 18-50mm F2.8 macro)

噴水脇に咲いていた花の手前から、

広角で少し遠くまで見渡せるように撮っていたら、向こう側からジョーが近づいてきた。

パパを探してるのかな。こっちだよ~!

フラワーパークの大温室に咲いていた花は、

窓から差し込んでくる陽の光にあたって、とても暖かそうに見えた。

大寒を過ぎてから、日に日に暖かくなっていくような気がしますね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 22 January 2011

日本一早いチューリップフェア

Photo

大寒を過ぎると、

なんとなく寒さが少し和らいだせいか、もう春が来たのかと思ってしまった。

開花調整をしたチューリップたちも、もう春が来たのかと勘違いをして、

いっせいに咲き始めた。

はままつフラワーパークでは、夏から初秋にかけて球根を冷蔵庫に入れて冷やしておき、

その後、温室に移して育てたチューリップが、

こうして日本一早く咲き始めた。

Photo_3

風は冷たいので、確かにまだ冬なのだけど、

チューリップたちを見ていると、気持ちは暖かくなってくる。

なかには夫婦で一眼レフカメラを持って撮りに来ている人もいて、

そこだけでもすごく暖かそうに見えてくる。

あ~、うちの奥さんも一緒にカメラを持ってくれないかなあ。

なんてね。

Photo_6 

今日は、「ジョーとチューリップ」をテーマに

撮りに来たのだけど、

チューリップそっちのけで、ジョーの向かうところはフラワートレイン。

家を出る時から、

フラワーパークのきしゃぽっぽにのって、

あいむあいむ(アイスクリーム)たべて、チューリップみる~、

と何回も繰り返し言ってきたからだ。

Photo_4

順番から言うと、最後はチューリップを見てくれるのかと思ったら、

お土産コーナーでクレーン車を買ってもらい(なかば強引に)、

花壇に出ても、クレーン車でばかり遊んでいた。 

チューリップは~??

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 20 January 2011

朝陽が照りはじめたとき

Photo

一年で最も寒い日と言われる大寒の日の前日、

わざわざ朝早くから海へ出掛けていく人なんて、まさかいないだろう。

冷たい海風が吹き付ける遠州灘に朝陽が照りはじめたとき、

地上に住む生き物たちは夜が明けたことに気付き、

目を覚まして活動をはじめる。

この瞬間をカメラにおさめるために、

僕はあえて条件の悪い時間帯を選んで、

何度も来たことのある海辺へ足を運んでみた。

見る人に感動を与えるような風景写真は、

条件の良い、温かな昼間の時間帯よりも

寒くて凍えそうな朝夕に、最も寒い場所でこそ撮れるのではないか、

と思ったからだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, 19 January 2011

アップルクランブルケーキ

Photo

お休みの日はお出かけするのも良いが、

たまには自宅でスイーツを食べて、コーヒーでも飲みながら過ごすのも

悪くない。

久々にうちの奥さんが焼いてくれた、アップルクランブルケーキ。

北野佐久子さんのレシピを参考にしたそうだ。

Photo_2

ケーキィ、たべるぅ!!

ジョーがケーキに手を伸ばそうとするので、

まだだよ!と言って、

先にとりあえず一枚だけ写真を撮ってから止めにかかった。

(例のごとく、シグマレンズで撮影)

女性と子どもはなんで甘いものが好きなんだろうね。

でも、ご飯をしっかり食べたあとなら、ケーキ食べてもいいからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 18 January 2011

初めての雪

Photo

自分の手で触れてみると、

雪はサラサラとしていてとても柔らかく、でもすごく冷たかった。

朝起きて、窓の外を見てみると、家の前が銀世界になっていたので、

ジョー! ユキだよ、ユキ!

と言って、外へ連れていってあげた。

小さな雪だるまを作っては、ポイ!と投げてみたりした。

Photo_2

ジョーにとっては、生まれて初めての雪。

浜松にはめったに降ることのない雪だから、

とても貴重な体験となったはずだ。

大人の世界でも、この突然の雪で道路は大渋滞、バスも止まってしまい、

通勤に3時間以上かかった人もいたとか。

8時半には開くはずの近所の事務所が9時を過ぎても開くことがなく、

社会全体が凍り付いてしまうほどの大混乱だった。

運良く定休日だった僕は、そんなこととは知らず、

ジョーと雪で遊びながら徐行運転している車の動きをだだボ~ッと眺めていた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, 14 January 2011

くら寿司

Photo

コンテナにのって、くるくる回って寿司がやってくる。

興味津々のジョーは、その様子をじ~っとみつめ、

時々お皿の上にのっている寿司に手を出そうとする。

ダメ!

Photo_2

久しぶりの休日なので、家族3人でお昼にくら寿司へやってきた。

お!

ジョーのお目当ては、これかな?

イクラ♪ イクラ♪

食が細い子なのに、イクラを1人で2皿も平らげてしまった。

Photo_3

最近の回転寿司は驚くほどのハイテクだ。

タッチパネルで注文をするだけで、

シュ~っと、bullettrain 特急列車やカゴにのってテーブルの前まで運んできてくれる。

すごいなあ。

「ハンバーグ巻き1皿、注文受け付けました!」

あ!ジョーが勝手に注文しちゃった!

いつのまにか、僕がタッチパネルを操作するのを見て、注文の仕方を覚えたらしい。

ハンバーグを注文したところはいかにも子どもらしいが、

結局一口しか食べてくれなかった。

ハンバーグはジョーの口にはあわなかったんだね。

Photo_4

どうせなら、マグロを注文してくれたら良かったのに。

中古で買ったばかりのレンズ、SIGMA18-50㎜ F2.8 MACRO を使って、

ジョーとお寿司をテーマに撮り試してみた。

マグロに2センチぐらいまで近づいて撮れるわりに、

広角で撮れば、ジョーがまた勝手に注文しないように、

背景にその様子を写し出して見張ることもできる。

パパカメラマンにはもってこいのレンズですね。

Photo_5

最後にうちの奥さんがベリーレアチーズパフェを注文した。

レディーは回転寿司にきても、最後にデザートでしめるのが楽しみなんだそうだ。

ふんふん、どれどれ、

おいしそうなので、ついでに写真を撮らせてもらった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Monday, 10 January 2011

静かに見守ってあげること

Photo

うちの食卓にお花が飾られると、

すごく明るい雰囲気になった。

まあるいお花の隣りに南天の実が突き出ていて、

時々ジョーが触るので、床にポトッと落ちてしまう。

あ!あかいみがおちた!

とジョーが言う。

自分で落としたんでしょ、とつい言いたくなるが、

きれいに咲いている花も優しく扱ってあげないと、

すぐに痛んでしまうのだ、ということを、

ジョーは南天の実が床に落ちる様子から自分で学んでいるのではないか、

と思った。

子どもはいろんなことを自分で試してみて、

肌で感じることで物事の仕組みを自分の力で学んでいく。

つい、危ないことは止めてしまったり、と手を出したくなる。

それが親としては当たり前のことなんだけど、

自分の力で学んでいる様子を静かに見守ってあげることも大切なんだろう、

と僕は思う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, 04 January 2011

冬の野菜

Photo

日の出前の早朝に、

父と、3年ぶりに再会した姉と一緒に田舎道を散歩したみた。

さすがに今年の冬は寒い。

Photo_2

道路脇の畑は霜に覆われ、

途中で寄った父の畑のブロッコリーの葉も

まるで氷っているように見えた。

それでも冬の野菜はちゃんと土の中から芽を出し、

丈夫に育っているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 02 January 2011

波打ち際

Img_0032

Nami

波が打ち寄せてくると、

ギリギリのところでシャッターを切ってから後退する。

おっと!あぶない!もう少しで靴が!

少しぶれてしまったけど、

かえってその方が波打ち際の臨場感が伝わるかと思ったので、

アップしてみました。

突然おおきな波が来て、あわてた時の僕の気持ちも伝わるかな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 01 January 2011

遠州灘から昇ってきた陽の光

Photo_4

凍てつくような、極寒の海上から太陽が顔を出した。

今か今かと、この瞬間を待った末に僕はシャッターを切った。

遠州灘は今日も強い風が吹き付け、

雪が今にも降りそうなほどに、その風は冷たい。

Photo_5

太陽が雲の上から顔を出すまでのあいだ、

波打ち際にギリギリまで近づいては、

波が押し寄せるたびに後ろへ下がりながらシャッターを切って遊んでいた。

でも時々すごい波がきて、つい靴を濡らしてしまうのだけど、

足先の神経が麻痺しているのか、もはや冷たさが感じられなくなってくる。

Photo_6

昨日の12月31日、温暖なはずの浜松に雪が降ったそうです。

そんな寒い時期に、

よりによって僕は日の出が照りつける海に向かっていた。

昨年は暗いニュースが多かったけれど、今年はどんな一年が待っているのだろうか。

海岸を吹き付ける風や海水が冷たくても、

果てしなく続く海原の向こうから日が差し込むと、不思議と陽の暖かさを感じました。

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞマイ・フォトダイアリー「コーディーの浜松ライフ」をよろしくお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »