« 浜名湖かんざんじ荘 | Main | 夢や希望に溢れたまち »

Wednesday, 22 December 2010

関学の時計台

Photo

青空の下に広がる中央芝生(ちゅ~しば)に寝っ転がると、

ちょうど視線の向こうに時計台が立っているのが見える。

時計台の鐘が鳴ると、

学生達が急ぎ足で講義室に向かっていく。

Img_0022

懐かしいなあ、このキャンパス。

僕が卒業した関西学院大学に、久しぶりに足を運んでみた。

僕は経済学部に在籍していたので、

ちょうどこの方向からよく時計台を眺めていた。

うちの奥さんは文学部だったので、

ちょうどこの反対側の角度から時計台を見ていたのだろう。

Photo_2

時は過ぎ去り、僕の過ごした学生時代はもうだいぶ前のことになるはずだが、

ここに来ると、ついこないだのことのように思えてくる。

マ~スタリ~・フォー・サービス “Mastery For Service”

「奉仕のための練達」と訳すのだが、

このスクールモットー、よく校歌で歌っていたなあ。

今、僕は“奉仕”ということを意識して社会のために尽くしているだろうか。

関学の精神に立ち返って、僕が社会のために何を成すべきか。

母校に帰り、今いちど考えるきっかけになりました。

|

« 浜名湖かんざんじ荘 | Main | 夢や希望に溢れたまち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんは!
一枚目は、カルフォルニア辺りの青空の綺麗な海外の大学のようですね。
このような風景を見ながら学生の頃寝ころんでいたんですね。
贅沢な時間ですね。
母校にたまに足を運ぶ・・・というのは色々な意味で有意義なことですね。

Posted by: イザワ | Thursday, 23 December 2010 at 02:19

コーディーさんと奥さまは関西学院大学で知り合ったのね。
素敵なキャンパスですね。
学生たちもお洒落で真面目そう~
最後のモノクロの写真に、コーディーさんの想い出が重なっているよう。

Posted by: MONA | Thursday, 23 December 2010 at 13:16

まあ~~!コーディーさんは、KGだったんですね!
おっとっと氏も商学部でした。遥か昔のことですけれどね。
私はお隣のKCでした。
ヴォーリーズ建築~大好きです。

Posted by: viviel | Tuesday, 28 December 2010 at 04:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/50370963

Listed below are links to weblogs that reference 関学の時計台:

« 浜名湖かんざんじ荘 | Main | 夢や希望に溢れたまち »