« 忘れられない音色 | Main | 冬の空 »

Saturday, 04 December 2010

法多山

_mg_0106_8      

赤い落ち葉の絨毯の上で、

遊んでいるこびと君はだ~れだ。

あれ?頭のうえにもみじの葉っぱがついてるよぉ。

雨が降った後で、またまた寒くなってきて、

法多山の紅葉はちょうど見頃を迎えた頃でした。

ジョーはもみじの葉っぱに夢中になって遊んでいました。

_mg_0134

瓦屋根の家々が並ぶ小径を歩いていると、

垂れ下がっているもみじの葉の真っ赤なのに感激し、

観光客は皆、手にぶら下げているカメラで1枚、2枚、

とシャッターを切っていく。

_mg_0148

法多山の境内をしばらく歩いていくと、

少し歩き疲れた頃に法多山団子(厄除けだんご)のお店にたどり着く。

紅葉もきれいだが、ここに来ると、

やっぱりこれを食べるのが楽しみ。厄除けうんぬんはともかくとして、

一本ずつ串に刺さった団子を口に運んでいくと、

これがちょうど良い一口サイズでおいしいんです。

一皿10本、あっという間にぺろっと食べてしまった。

_mg_0253

お団子を食べたあとは、静かにのんびりと境内を歩き、

自分の好きな風景を一枚ずつ、

カメラで切り取っていくと、いつのまにか時間を忘れてしまいます。

こういう観光スポットを取材する観光雑誌の仕事ができたら、

いいのになあ、と思いながら、

ちょっと旅の写真っぽく撮ってみたりする。

_mg_0238

そして、真っ赤な紅葉を前に望遠レンズに切り替え、

燃えあがるようなもみじをまた一枚。

と、ここまで撮っていると、遠くでうちの奥さんが僕を呼ぶ声がしてきた。

 

_mg_0295

さあさ、お昼を食べよう!

門をくぐった辺りに何軒か茶店があったので、

そのうちの「山田」という店に入ってみた。

なに?

秋季限定?

天ぷら付きゆずそばが1000円とあったので、

迷わず注文してみた。

_mg_0284

いただきま~す!

僕より先にジョーがフタを開けてくれた。

手が出るのが早いねえ。

気になるゆずそばは、確かにゆず風味でさっぱりしていておいしい。

それに天麩羅はカラッと揚げてあり、ピーマンやキノコの具がやわらかくて

とてもおいしかった。

|

« 忘れられない音色 | Main | 冬の空 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

まさに落ち葉のじゅうたん、
素晴らしいロケーションでの“貴重な一枚”が、撮れましたね。
アングルも素晴らしければ、ショー君の表情も素晴らしい(^^♪
またまた「家宝になる写真」が一枚撮れましたね(^_-)-☆

Posted by: Grayman Returns | Saturday, 04 December 2010 at 23:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/50211244

Listed below are links to weblogs that reference 法多山:

« 忘れられない音色 | Main | 冬の空 »