« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

Friday, 31 December 2010

赤く染めた頬のように

Photo

冷たい風にあたると赤くなる頬のように、

山茶花(サザンカ)の花びらが真っ赤に染まっていた。

周りの緑の葉っぱに囲まれながら、枝にしがみつく様子は、

まるで子どもが、

さむいよ~、

とでも言いながら毛布にくるまっているかのようだった。

今年も残りあと数時間。

途中で僕の生活は大きく変わったけど、

それなりに楽しい一年を過ごさせてもらった。

来年はどんな一年になるのか、期待を膨らませながら、年を越したいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, 30 December 2010

整理収納術

Photo

極寒の凍てつくような雨風に耐えながら、

宝石のように美しく咲いている姉妹を見つけ、

そっとマクロレンズで撮ってみた。

きれいに整った花弁の色と、青々とした葉っぱの絨毯とが調和され、

こんな寒い時期には珍しい光景でした。

僕の住むアパートも抜本的な改革により、

だいぶすっきりしました。

足の踏み場もない部屋にいると日々ストレスを感じますが、

部屋が片づくと、なんだか気持ちいいものです。

ちなみに僕の整理収納術は、

  1. 棚からまず全て放り出し、基本的に全て捨てる。どうしても必要なものだけをしまう。
  2. 新しい家具を購入した時は、古いものを処分して新しい置き場を作り出す。

ちょっとやりすぎた、と思っても、

あとで家族の笑顔が見られるのはうれしいものです。

ブログネタ: 片付けするの、得意? 苦手?参加数拍手

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 25 December 2010

ジョーのクリスマスプレゼント

Photo

ふわふわの生クリームの上にのった、

ブルーベリー、桃、ストロベリー、

そして、サンタさんがクリスマスの訪れを告げているかのように立っている。

Photo_2

外は風がピューピュー吹いているので、

うちの奥さんが焼いてくれたクリスマスケーキを食べながら、

うちの中で温々と今日いちにち過ごすことにした。

Photo_3

さあ、切るよ~!

と言ってケーキカットするところを、ジョーがじ~っと見ていた。まるで、

ジョーくんはフルーツがたくさんのったのがいい!

とでも言っているかのようだった。

結局ブルーベリーといちごばかり食べているみたいだったけど。

Photo_4

クリスマスプレゼントには、何をもらったのかな。

ボルトがたくさんついてるみたいだけど、

これを自分で組み立てて、クレーン車みたいなのができるそうだ。

Baufixというドイツメーカーの組み立ておもちゃらしい。

朝起きたら、ふとんの脇に置いてあったのを見て、

にゃんこトラック(クロネコヤマト)もってきてくれた。 と、

子どものわりに、現実的な反応だった。

サンタさんじゃないんだあ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Friday, 24 December 2010

夢や希望に溢れたまち

Mosaic

潮風の冷たい海近くにある神戸のまち。

クリスマス近くになると、夢や希望にあふれた人達が

たくさんこの通りにやってくる。

Photo

久しぶりに大阪の友人T君と神戸ハーバーランドで会うことになった。

もちろんT君は彼女と一緒だった。

うちの奥さんがシネモザイク近くのフィッシャーマンズ・マーケットというお店を予約してくれていたので

4人で一緒にお昼ご飯を食べることにした。

あれ?ジョーは?

Photo_6

こんなところへジョーと来ていたら、

またお皿やボトルをひっくり返してしまうので、

ジョーは明石の家でじっちゃん、ばっちゃんとお留守番。

大人4人でムール貝やパスタ、パエリアを食べながら、

T君の明るい将来について語り合うことができた。

T君、招待状いつくれるんかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 22 December 2010

関学の時計台

Photo

青空の下に広がる中央芝生(ちゅ~しば)に寝っ転がると、

ちょうど視線の向こうに時計台が立っているのが見える。

時計台の鐘が鳴ると、

学生達が急ぎ足で講義室に向かっていく。

Img_0022

懐かしいなあ、このキャンパス。

僕が卒業した関西学院大学に、久しぶりに足を運んでみた。

僕は経済学部に在籍していたので、

ちょうどこの方向からよく時計台を眺めていた。

うちの奥さんは文学部だったので、

ちょうどこの反対側の角度から時計台を見ていたのだろう。

Photo_2

時は過ぎ去り、僕の過ごした学生時代はもうだいぶ前のことになるはずだが、

ここに来ると、ついこないだのことのように思えてくる。

マ~スタリ~・フォー・サービス “Mastery For Service”

「奉仕のための練達」と訳すのだが、

このスクールモットー、よく校歌で歌っていたなあ。

今、僕は“奉仕”ということを意識して社会のために尽くしているだろうか。

関学の精神に立ち返って、僕が社会のために何を成すべきか。

母校に帰り、今いちど考えるきっかけになりました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Tuesday, 14 December 2010

浜名湖かんざんじ荘

Photo

現在の東名高速道路は 上り 東京方面が 20キロ渋滞、ーーーー 

年末年始の渋滞情報でお馴染みのロケーション。浜名湖インターまで入れて、

パノラマにしてみた。

うん、なかなか良い眺めだ。

浜名湖舘山寺にある「浜名湖かんざんじ荘」

ここで久しぶりに会う姉と、

香港から来られた姉の仕事仲間ふたり(香港人)と一緒に夕飯をいただくことになった。

Photo_6

小雨の中を寒さに耐えながら写真を撮った後、

そのまま温泉にドボンとつかり、

身体がホカホカしたところで、温泉旅館お馴染みの会席料理に!

お鍋、茶碗蒸しに、

お皿の真ん中にあったかわいい豆腐は胡麻豆腐?

Photo_5 

それに、お刺身までついてきた。

他のみんなは日本酒を飲み、僕はそのまま車で帰ることになっていたので、

380円のノンアルコールビールを。

確かにアルコールは0%と書いてある。ドライバーにとってはたいへんありがたい飲み物ですね。

姉の仕事仲間の1人が「ノンアルコールビールの味はどう?」

と聞いてきたので、

「うま~い!」と敢えて日本語で答えてあげた。

もちろん相手は香港人なので日本語が話せないが、僕の気持ちは通じたのか、ちゃんと笑って返してくれた。

Photo_7

かんざんじ荘の駐車場には、街灯に照らされた楓がまだ真っ赤に輝いていた。

香港から日本へようこそ。

残りの滞在期間もJAPANを堪能していただきたいものです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 11 December 2010

ナイトコンサート

Photo

花、光、音が感動の世界へ導いてくれる、

はままつフラワーパークのウィンターイルミネーション。

Photo_3

今夜はちょうどクリスマスナイトコンサートが行われていました。

美しいイルミネーションに囲まれながら、ピアノ伴奏に合わせて奏でる

ヴァイオリンの音色がとても美しかった。

Photo_2

今度はヴァイオリン奏者の手前に咲いている、

赤いポインセチュアに敢えてピントを合わせて一枚。

ヴァイオリンもいいが、ポインセチュアもいいですね。

Img_0083

コンサートの内容は日によって変わるようです。

12月12日(日):グレイス・ゴスペルクワイヤー、

    18日(土):ジュニアクワイア浜松、

    19日(日):大正琴アンサンブル、

    23日(木):ジュニアオーケストラ浜松、

    24日(金):声楽&ピアノ&トランペット

    25日(土):サクソフォン

時間18:30~19:00  19:30~20:00  

ブログネタ: 【写真ネタ】「クリスマスツリー」を撮ってください!参加数拍手

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 09 December 2010

冬の空

Photo_3

あともう少しで、この葉も冬の冷たい風に吹き飛ばされてしまうかもしれない。

日に日にだんだん風が冷たくなってきた。

浜松の冬の空はとても青々としているのに、頬にあたる風はとても冷たい。

だけど、外から帰ってきた後で飲むビールは寒い冬でもなぜかうまい。 

ブログネタ: 【写真ネタ】あなたの街の「空」を見せてください!参加数拍手

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 04 December 2010

法多山

_mg_0106_8      

赤い落ち葉の絨毯の上で、

遊んでいるこびと君はだ~れだ。

あれ?頭のうえにもみじの葉っぱがついてるよぉ。

雨が降った後で、またまた寒くなってきて、

法多山の紅葉はちょうど見頃を迎えた頃でした。

ジョーはもみじの葉っぱに夢中になって遊んでいました。

_mg_0134

瓦屋根の家々が並ぶ小径を歩いていると、

垂れ下がっているもみじの葉の真っ赤なのに感激し、

観光客は皆、手にぶら下げているカメラで1枚、2枚、

とシャッターを切っていく。

_mg_0148

法多山の境内をしばらく歩いていくと、

少し歩き疲れた頃に法多山団子(厄除けだんご)のお店にたどり着く。

紅葉もきれいだが、ここに来ると、

やっぱりこれを食べるのが楽しみ。厄除けうんぬんはともかくとして、

一本ずつ串に刺さった団子を口に運んでいくと、

これがちょうど良い一口サイズでおいしいんです。

一皿10本、あっという間にぺろっと食べてしまった。

_mg_0253

お団子を食べたあとは、静かにのんびりと境内を歩き、

自分の好きな風景を一枚ずつ、

カメラで切り取っていくと、いつのまにか時間を忘れてしまいます。

こういう観光スポットを取材する観光雑誌の仕事ができたら、

いいのになあ、と思いながら、

ちょっと旅の写真っぽく撮ってみたりする。

_mg_0238

そして、真っ赤な紅葉を前に望遠レンズに切り替え、

燃えあがるようなもみじをまた一枚。

と、ここまで撮っていると、遠くでうちの奥さんが僕を呼ぶ声がしてきた。

 

_mg_0295

さあさ、お昼を食べよう!

門をくぐった辺りに何軒か茶店があったので、

そのうちの「山田」という店に入ってみた。

なに?

秋季限定?

天ぷら付きゆずそばが1000円とあったので、

迷わず注文してみた。

_mg_0284

いただきま~す!

僕より先にジョーがフタを開けてくれた。

手が出るのが早いねえ。

気になるゆずそばは、確かにゆず風味でさっぱりしていておいしい。

それに天麩羅はカラッと揚げてあり、ピーマンやキノコの具がやわらかくて

とてもおいしかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »