« October 2010 | Main | December 2010 »

November 2010

Monday, 29 November 2010

忘れられない音色

_mg_0108

リードの振動が空気を伝ってホールに響き渡る。

オーボエやクラリネット、フルートの丸くてやさしい音色が、

帰宅した今でも僕の耳の中で鳴り響いている。

偶然シャッターチャンスに恵まれて撮った写真ですが、

演奏者の楽器を巧みに操る指の動きは、

その美しい音色を表すかのように、またきれいなものです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 27 November 2010

小國神社の紅葉

_mg_0208

真っ赤に染まった葉っぱが川の上を覆い尽くす、

小國神社の紅葉はこの上なく美しかった。

_mg_0152

ジョーも

モミジ、モミジ、

と言いながら、一枚ずつモミジの葉っぱを拾い集めていました。

ブログネタ: 【写真ネタ】あなたが撮った「紅葉」を見せて!参加数拍手

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 24 November 2010

SLが見える温泉「川根温泉」

021

露天風呂でゆっくりお湯に浸かっていると、

小雨の降る中をシュッシュッシュッシュッと 

SLが走ってくる音が聞こえてきた。

「お、来たぞ!」と男達はいっせいにお湯からあがって

大井川鉄道のSLが橋を渡ってくる方を見た。

038

この蒸気機関がイギリスで初めて発明されて以来、

世界は大きくその歴史を変えたんだ。

そんなことを考えながら、僕は思わずSLのロマンに浸ってしまった。

045

川根温泉笹間渡にある「ふれあいの泉」、

ここは日本唯一SL(蒸気機関車)が見える温泉で知られている。

午前に千頭行きが2本、午後に金谷行きが2本、

一日に合計4本だけSLがすぐ側を通過する。

063

ジョーも初めて本物のSLが見れて、大喜びでした。

僕がお風呂から出たときに、

わ~いとはしゃぎながら男の子がふたり入ってきた。

それを見て、

ああ、この子達のために、時計の針を少しだけ戻してあげたい、と思った。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 22 November 2010

バラの輝き

_mg_0016

オープンカフェの庭の片隅に、

ひっそりと、でも力強く咲き誇っているバラの、

思わず見とれてしまうほどの美しさ。

ピンク色の花弁が太陽光に反射して、きれいに輝いていました。

ずっとこの輝きを維持してほしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 19 November 2010

カポエイラ

_mg_0099

太鼓と歌声に合わせて、

リズムに流されるように体を動かしていく。

パット見は空手のようだけど、

ここがジャングルならば、インディアンの踊りそのもの。

ブラジルのカポエイラという演舞を見せていただく機会がありました。

ここぞとばかり、僕はカメラを構え、技が決まった瞬間をねらって撮ってみました。

途中からだんだんテンポが速くなると、動くスピードも速くなっていく。

ピントがあいにくくなるけども、動きが速いほうがかえって写真を撮るのは面白かったですね。

ブラジルにはこんな武道があるんだ、

と異文化の新しい発見でもありました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, 18 November 2010

天竜浜名湖鉄道

_mg_0004

まだ日が昇らない朝方、

薄暗い線路をライトを照らしながら走ってくる。

_mg_0019

浜名湖沿岸を走る天竜浜名湖鉄道。

朝早くから乗っているサラリーマンや学生達の姿が時々車内にちらほら見える。

_mg_0029

そんな様子をバシャバシャ撮っていると、

時々通りかかる人達から不思議な顔で見られる。

きっと、僕のことを鉄ちゃんだと思っているのだろう。

_mg_0050

今のジョーと同じように、

僕も小さい頃は電車が好きだったなあ。

でも、今はこうして風景の一部として見ている方が楽しいかもしれないなあ。

_mg_0039

誰もいない空っぽのホームに1人取り残され、

線路の続く方を眺めていると、また次の列車が向こうからやってくるような

気がしてくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 17 November 2010

たこ焼き

_mg_0327

うちの奥さんが友達からもらってきたたこ焼き機。

ジョーが気に入ったらしく、

勝手に食卓に持ってくるので、今夜の夕食でさっそく使ってみることにした。

うちの奥さんは関西出身なので、手際よく準備してくれる。

僕がボーっと見ている間に、ちゃっちゃか材料を用意してくれた。

_mg_0330

つまようじでくるりと回して、良い焼け具合になったら、

_mg_0317

さっそくソースとカツオ節をかけて~。

お~っと、食べる前に写真を撮っておかねば、

と思ってカメラを構えたら、

ジョーが「いっしょにみるぅ!」と言って、カメラのストラップを引っ張ってくる。

これじゃあ、ブレて撮れない!

やっとの思いで撮った3枚のたこ焼き写真をどうぞご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 08 November 2010

外国人集住都市会議 東京2010

_mg_0008

東京駅を出ると、目の前に広がる超高層ビル群が

立ちはだかる。

丸の内ビルを過ぎると、なんだかアメリカのボストンかニューヨークにでも

来たみたいにきれいに整備されている。

先月にひきつづき、また東京まで足を運んでしまった。

でも、今回は自分の仕事のための、ちょっとした投資のつもりで---。

_mg_0022

永田町の砂防会館で開かれた「外国人集住都市会議2010東京」

に来てみました。

10年前に浜松宣言がなされてから今年で10年目という、

節目の年を迎える会議だったようです。

地域に定住する外国人移民の問題に、当初は地方だけで取り組んでいたのが、

ようやく国も問題意識を共有しあうようになったのだ、と。

この会議はそれだけ大きな役割を果たしてきたのですね。

_mg_0037

今回の会議では、外国人の子供が就学年齢に達しているのに学校に行っていない(行けない)

いわゆる「不就学」の問題が議論されていたのが印象に残りました。

公立の学校についていけなかったり、母国語で教育を受けさせたいという親の方針から、

ブラジル人学校に通っていた子が、一昨年の不況で授業料が払えなくなって、

そのまま学校に行けなくなってしまったのです。

外国人の子には義務教育が適用されていませんが、日本人の子と同じように、

義務教育にしたらどうか、と。

僕も1人息子のいる親として、自分の子どもにはなんらかの方法で教育を受けさせてあげたい、と思います。

外国人の子どもの教育についても、国が保障してくれれば、

教育を通して自分の興味を深めたり、才能を発揮し、

将来の日本社会に大きく貢献してくれる子が出てくるかもしれませんね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 06 November 2010

サルの背中

Photo

暖かいな~spa

と、1人ポツンと背を向けながら、

日向ぼっこをしているおサルさんを見つけました。

どうぶつえんはもう11時、秋でも天気がいいと、

あったかいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 04 November 2010

市場まつり-"まぐろ解体ショー"

Photo_2

うわあ!

これがマグロ解体ショーかぁ!

すごいなあ。

Photo_3

大きな包丁で、

ザックザック裁いていくと、まぐろの中まで見えてきた。

Photo_4

はい、これ、いくらで買いますか?

1,000円! と誰かが叫ぶと、

はい、1,000円 ありがとうございます!

セリ方式でマグロ解体の実演販売が続く。

_mg_0046

裁いたばかりのまぐろは

あっという間に 買い手がついて、その場の現金払いで

どんどん客の手に。

Photo

中央卸売市場は市場まつり(11月3日)で

朝8時からすでに客でいっぱいだった。

車は国道1号線の方までつながっていたが、

ガードマンの手際よい駐車場裁きで、あっという間に中まですんなり。

豊富に並んでいる野菜や果物、水産物はスーパーではありえないほどの

破壊的な安さで、

威勢の良い掛け声と共にどんどん売られていく。

僕も写真を撮りつつ、両手一杯に買い物をして帰りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 03 November 2010

とびっこ号

Photo

大きな青空の下、

とびっこ号が汽笛を鳴らしながら港を出る合図をしているようでした。

カ~ン カ~ン カ~ン カ~ンbell

その音を聞いて、小さな船乗り達が船の方へと急ぐ。

Photo_2

と、そこへ、

ビュ~~~~ン!

上空を見上げると、偵察機と思われる敵機が一台、

太陽を目がけて飛んでいきました。

Photo_3

お、ヤバいぞ、

早く船を出さなくちゃ。

と、焦るが、いまいち舵の回し方がよく分からないジョー。

このボタンは何かな。

とりあえず押してみるところを見ると、危機感よりも好奇心の方が勝っているのだろう。

そんな子どもの様子を側から見ていて、父親としては微笑ましい限りでした。

撮影場所:浜松市西区役所隣り、とびっこ公園

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »