« 徳川慶喜公の屋敷跡 | Main | 猫と対面 »

Sunday, 16 May 2010

DRINK & FOOD リーダー

Photo

昼休みに街の中を歩いていると、

アメリカンチックなカジュアル・バーがあったので、

ど~れどれ、と思って入ってみた。

場所:DRINK & FOOD リーダー (浜松市中区神明町)

ビオラ田町の右斜め向かい側、ゆりのき通り沿い(南側)にあります。(地図はこちらを参照

Photo_4

大きな窓を通じてお店の外の様子がよく見えるが、

逆に外からは店内の様子もよく見える。

これこそ初めてのお店に入れるかどうかの重要なポイントですね。

Photo_2

ランチメニューでは、

ピザかパスタ、ハンバーガー、もしくは日替わりランチを頼むと

いっしょにスープバー、ドリンクバー、サラダバーがついてくる。

僕はお店の前にある掲示板で見たとおり、

日替わりランチの鉄板焼きハンバーグ(780円)を頼んでしまうと、

バーカウンターまで行ってドリンクとスープとサラダをよそり、

席に戻ってから、たまたま持ってきていたキャノンのカメラ、EOS Kiss X2で数枚だけ写真を撮らせてもらった。

Photo_3

しばらくすると、

まだジュージュー鉄板の上で肉汁が音をたてながら、

ウェイトレスの女の子が席まで運んできてくれた。

写真を見る限りでは、目玉焼きばかりが目に付きますが、

その下にちゃ~んとハンバーグが隠れてるんですよ。

Photo_5

レジで精算を済ませてから、

お店の方に断って店内の様子も分かるように数枚だけ撮らせてもらった。

夜にはバーカウンターでビールをボトルのまま飲んでたり、

シェイカーでカクテルを作る姿が想像できるが、

同じ場所に昼間はオフィス街で働くサラリーマン達がランチに来る。

窓からいっぱいに差し込んでくる太陽の光がバーカウンターを照らす様子は、

夜とはまた違った良さが感じられました。

人気ブログランキングへ 最後の写真は逆光だったので、手持ちでしたがライブビューで露出を調節しながらMFでピントをあわせて撮ってみました。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ 昼休みも1時間あれば、ブログ用の写真が撮れるもんですね。
にほんブログ村  よろしければ、応援クリックをどうぞ。

|

« 徳川慶喜公の屋敷跡 | Main | 猫と対面 »

カフェタイム」カテゴリの記事

Comments

インテリアが素敵ね~
コーディーさんの撮り方が良いのかな?

ハンバーグ、時々食べたくなります。
俺のハンバーグというお店で食べたのが美味しかった。
つい最近、デニーズで食べたアボガド・ハンバーグも・・・

Posted by: MONA | Sunday, 16 May 2010 at 00:21

MONAさん

ハンバーグは
お店によって味も様々ですが、
肉汁がジュージュー音をたてる様子には
たまりませんね。
でも写真を撮るためには、そこですぐにフォークを突き刺すのではなく、
まずは構図を少しずつ変えながら数枚シャッターを切ってみる。
デニーズのアボカドハンバーグ、
美味そうですね。僕はアボカドが大好きなんです。

Posted by: コーディー | Sunday, 16 May 2010 at 00:31

スープバー、ドリンクバー、サラダバーなどが付いているランチ、大好きです・・・私たち年代にはなんか得してる気分があるんです。

内から外が見えるのは開放感があっていいけれど・・・外から内も丸見え~。
流行ってるかどうか、好みの席が空いてるかなんて下調べにはいいかな?

Posted by: ば~ば | Sunday, 16 May 2010 at 09:15

すごい!さすが撮り慣れてられますね!
KISSX2で、2枚だけ撮ったと言う、2枚ともが「手前を暗く奥を明るく、窓に向かってカメラを構える」テーブルフォトの基本を、ばっちり踏まえてられるのに、驚きます。
目線の高さも、食べる人の目の高さ。
とっさに出来るなんて、すご~い。

Posted by: オグリ | Sunday, 16 May 2010 at 09:40

ば~ばさん

3つの“バー”が揃ってるだけで、
確かにお得感が出ますね。
お店の側もそれを意識してのメニューだったかもしれないし、お客側から見ても、ランチの予算内で、
これだけ食べられるなら、と思うでしょう。
内から外へ、外から内へ、
双方からよく見えることは、
お客にとって、自分のお気に入り席が空いてるかどうかのチェックも可能にしていたとは、
それは気がつきませんでした。


>オグリさん

「手前を暗く奥を明るく、窓に向かってカメラを構える」、
そんなテーブルフォトの基本というのがあったんですね。
いやあ、ワタクシ、全然そんなこと、知りませんでした!
でも、確かにだいたいいつも窓に向かって撮ってました。
窓から入る光がお皿の上の料理に当たっている側と、その反対側とで、
同じような角度で撮っても全然違って見えるんです。
それ故か、人はテーブルにつくと、無意識的に
窓の方を見る習慣がありませんか。
うちの奥さんの料理を撮りながら、
知らぬ間にそういう点を意識しながら撮るようになってました。

Posted by: コーディー | Sunday, 16 May 2010 at 23:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/48368259

Listed below are links to weblogs that reference DRINK & FOOD リーダー:

« 徳川慶喜公の屋敷跡 | Main | 猫と対面 »