« 浜松まつり - 吹奏楽パレード - | Main | 花の手持ち撮影 - はままつフラワーパークにて - »

Saturday, 08 May 2010

染地台野鳥公園 - 育児における父親の役割とは -

Photo

五月晴れの空の下、

湿り気のない爽やかな風が吹いている。

そこには大きな遊具で遊ぶ子どもの声にじ~っと耳を澄ませているお花の姿があった。

撮影場所:染地台野鳥公園(浜松市浜北区染地台 - きらりタウン)

Photo_2

ブランコや滑り台に乗って遊ぶのもいいが、

ふと公園の脇に咲いている花にも目を向けてやり、

タンポポやレンゲを摘んで遊ぶ時間も子どもにとっては大切なのだと思う。

お花がどんな香りを放ち、花びらがどんな手触りをしているのか、

それは実体験を伴わなくては分からないもの。

まだ小さいうちに体験しておくことがその子の感性を養うだけでなく、将来いろんな場面で役に立つようになるのだと僕は信じている。

004

今夜の料理は僕の手料理です。

写真はたいしたものではありませんが、父からもらった外付けストロボでバシャッと撮ってみました。(ちょっと明るすぎたかな)

メインはタケノコとフキの煮物です。

うちの奥さんにフキの筋を剥いてから重曹の入った熱湯でアクだしをしてもらい、

そのあと、タケノコと一緒に昆布とかつお出汁でクツクツと煮てみました。

調味料は醤油、お酒、味醂、お砂糖を適量ずつ。

昨晩、息子のジョーにお風呂で泣かれてから、育児における父親の役割って何か、

ちょっと考えてみました。

母親とは体つきも違うのだから、同じことはできない。

それならば、掃除、洗濯、料理など、普通の家事を少しでも手伝うことで、

母親の育児負担をなくすことが、そもそも父親に求められているのではないか、

と考えたんです。

今夜の僕の料理、少しは育児支援効果はあったかな。

人気ブログランキングへお料理を見て「きれいによそるね」とうちの奥さん。

いちおう僕はこれでもフォトブロガーですから。被写体に気を遣う?のも大切なんだろうと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ今夜は「おふろ」という言葉を発しただけでジョーに拒絶反応されてしまったので、
にほんブログ村 一緒にお風呂に入ることは断念しました。

原因は分かりませんが、こういう時期もあるのだろう、と諦めるしかありませんね。  

|

« 浜松まつり - 吹奏楽パレード - | Main | 花の手持ち撮影 - はままつフラワーパークにて - »

育児」カテゴリの記事

Comments

おはようございます!
コーディーさん、偉い!
私は恥ずかしながら子供が小さい頃は、家事手伝いは
殆んどしていませんでした。
休日に子供をつれて買い物に付き合ったり、ご飯を食べたりという感じでした。
食事を作るのははバーべキューやキャンプの時くらいでした。

Posted by: イザワ | Sunday, 09 May 2010 at 08:19

育児支援にもいろいろな形や方法があるでしょうから、その場その場で母親の労力やストレスを軽減できるようにして差し上げるのが・・・きっと一番嬉しいことかな~。

これは誰の役目、仕事なんて分担を決めずにflexibleな協力をこれからもね。

Posted by: ば~ば | Sunday, 09 May 2010 at 09:18

おはようございます!!

パパさんの鏡ですね^^
何だか感動してしまいました!!

今は、昔と違い共働きなどなど夫婦間でも考え方が変わってきていると思います!
我家も色々と家事などは、分担しておりますよ^^
お料理見事ですね。。。旬のたけのこ&ふき美味しそう!!

お風呂どうしてしまったのでしょうね?
一時的なものなのかもしれませんね。。。大丈夫ですよ^^

素敵な休日をお過ごしください!!

Posted by: 風花 | Sunday, 09 May 2010 at 09:40

不景気ゆえ最近は帰りも早いので^^;、家事のウェイトは確かに増えましたね。掃除の一部、子供のお風呂とか洗濯、物干しくらいですが。あ、あと奥方号の洗車も(笑)
ちょっと大きくなるとすぐPCなりゲーム機なりデジタルツールに興味を持つことでしょう。今のうちに外でたっぷり遊んでおくのが、ご自身にとっても後でいい思い出になるはずです。今にしか出来ないことを、たっぷり楽しみましょうsun

Posted by: フランカー | Sunday, 09 May 2010 at 16:29

コーディーさんは、今の時代の父親像として立派ね。
私たちの頃は、小さい時は母親が必要、大きくなって社会性を教えるのは父親みたいな分業がありました。
コーディーさんご夫婦はどちらも一緒にやるのね。
楽しみです。

Posted by: MONA | Sunday, 09 May 2010 at 17:36

偉いなぁ…自分は仕事ばっかりで何もしてきませんでした。
おかげで、かみさんに早く逝かれてたいへんな事になりましたが。

子供には出来るだけ広い世界を見せたいですね。

Posted by: 小太郎 | Sunday, 09 May 2010 at 19:46

イザワさん

僕の父親も毎晩帰りが遅かったので、
幼少の頃は平日にほとんど顔を見たことがありませんでした。
家事手伝いに携わる男の姿って、当時はむしろ
めずらしかったかもしれませんね。
それでも、バーベキューやキャンプの時になると、
男が采配をふるうことになっていて、
昔から男は火の側に集まってくる習性があったのを感じますね。


>ば~ばさん

お風呂をいれるのはお父さん、
と決まってるわけでもありませんからね。
そう自分に厳しくならないようにすれば、
自分自身も気が楽になるように思えてきました。
できる時にできることをすれば良い、
というスタンスで、
これからがんばることにします。


>風花さん

いやあ、僕なんてまだまだですよ。
僕の父なんて、毎日のように料理していますし、
明石に住む義理の父も、仕事がお休みの週末などはいつも料理をしてくれますし、
アイロンだって自分でかけるのだそうです。
そんなベテランさんが周りにいるだけに、
僕もうかうかしてられないんですよね。

旬のタケノコ、
これは藤枝の実家に帰ったとき、
僕の父がお茶畑の周りに生えていたのを採ってくれたものです。買うと高いんですよね。

お風呂いれは、とりあえず今日も断念しました。
そのうち時間が経てば、また入ってくれるといいんですがねえ。


>フランカーさん

景気によって仕事の帰りが遅くなったり早くなったり---、
僕もその1人です。
リーマンショックが起きる前の方がどっちかというと仕事が多かったですね。

>掃除の一部、子供のお風呂とか洗濯、物干しくらいですが。あ、あと奥方号の洗車も(笑)

そんなにやってればすごいですよ!
同じカメラの40Dの先輩としてだけでなく、
家事手伝いにおいても尊敬しちゃいますね。

確かに男の子は機械ものには目がないようで、
そんなデジタルのものに支配される前に、
アナログの世界の魅力を教えておきたいですね。


>MONAさん

僕が将来、息子に社会性をちゃんと教えられるかは分かりませんが、
少なくとも僕のブログを息子が読んだとき、
僕がどんなことを感じながら日々過ごしていたのか分かってくれたら嬉しいですね。


>小太郎さん

今は不況で仕事が減ってしまった分、
定時で帰れる日が増えたおかげもあって、
僕はこうして育児や家事手伝いにも
時間がさけるのかもしれませんね。
奥さんに先立たれてしまったあとは、
たいへんだったことでしょう。

Posted by: コーディー | Monday, 10 May 2010 at 01:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/48308941

Listed below are links to weblogs that reference 染地台野鳥公園 - 育児における父親の役割とは -:

« 浜松まつり - 吹奏楽パレード - | Main | 花の手持ち撮影 - はままつフラワーパークにて - »