« ここはパリ? - Paris? | Main | 男のくれたVサイン »

Thursday, 18 March 2010

育児パパの役割

049

シュルシュルシュル~っとあたまから滑ってくる。

アハハ、すべりだいおもしろ~い!

面白くて笑いが止まらないのか、でも半分泣いているようにも見える表情で、

滑ってきた。

082

今度はもっと勢いつけて~!

シュルルル~!

下でカメラを構える僕は、ドライブモードをAIサーボにして高速連写!

バシャバシャバシャバシャ!!!!

(キャノンEOS 40D の場合、1秒間に最高6.5コマ撮影可能)

027

こうして子どもの写真を撮ることは、

父親として子どもと接する絶好のチャンスであり、

パパとしての時間を楽しむ良い手段だと僕は思う。

でも、いったん家に帰ると、

オムツを替えたり、ご飯をあげたりする場面では、

どっちかというと母親に主導権を握られてしまい、父親は自分の役目を失ってしまったような気になる。

育児においては脇役でしかない自分の立場に寂しさを感じるものですが、

それよりも、子どもと一緒にお風呂に入るのを嫌がられることほど父親として辛いものはない。

039

子どもが母親の胎内に宿った時から、

父親と母親の立場が決められてしまうのは仕方ないと思う。

でも、産婦人科の待合室で静かに待っていた時に味わった疎外感を、

僕は育児が終わるまで決して忘れることはないだろう。

そして、子どもと接する時間は父親にとっても大事なものであるのに、

小さな子どもを持つ父親に当然のように残業をさせている会社もどうかと思ってしまう。

そのような会社が数十年先の、

いや半世紀以上も先の社会のあり方を真剣に考えているのだろうか。

そのような社会が、

結果として母親による幼児虐待のような悲劇を引き起こしているような気がしてならないのです。

残業ばかりで子どもと接する時間が持てないお父さん達、

子どもに好かれないのを仕方がないことだ、

と思ってしまっていませんか。

そんな社会の犠牲になる時代はもう過ぎ去ったのです。

家庭という、社会の最も基本的な単位を重んじることなくして、

どうして社会全体のために働くことができるのでしょう。

人気ブログランキングへ 育児パパとして、僕の思いをぶつけてしまいました。みなさんはどのように考えますか。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村 新たにパパ育児部門にも参戦してみたので、こちらもどうぞ応援クリックお願いします。 

|

« ここはパリ? - Paris? | Main | 男のくれたVサイン »

育児」カテゴリの記事

Comments

声援!!、ガンバ育児パパ。

我が夫も、コーディーさんのお父上も、育児に関わる時間も取れない会社人間でしたね。

家庭だ妻だ子供だと大事なものを大事だと口に出せない時代でもありました。

そして家族の輪の中でどこか馴染めない寂しさを感じる日も多かったはず~。

親子関係は一生だけど、育児は本当に短い時間のこと・・・そこで親子の結びつきの緊密さが養われるなら貴重な時間ですね。

働き盛りが育児盛り、でも会社人間より家庭人間を重んじる方が、子供も老人も住みやすい社会が出来ると思うわ。

Posted by: ば~ば | Thursday, 18 March 2010 at 10:34

コーディーさんの意見に一票!
きっと,「パパ パパ」と遊んでくれるのは
ほんの少しの時期だと思います。
私も積極的に育児に参加したい。

しかし,いろんな物を,ママにはあげて,パパにくれない。。。
そんなとき,疎外感を感じます。

Posted by: えいたのパパ | Thursday, 18 March 2010 at 22:38

ば~ばさん

僕がこうして自分の育児理論を唱えられるのも、
今の時代だからこそ言えることなのかもしれませんね。

確かに、僕の父親は会社人間でしたので、
僕がまだ小さいときは、日曜日と祝日以外に
顔を見たことがほとんどありませんでした。

そのためか、そんな経済成長期の真っ盛りに幼少期を過ごした僕の世代には、なぜか育児に積極的なイクメンパパや弁当男子が多いことも不思議です。

Posted by: コーディー | Thursday, 18 March 2010 at 22:41

えいたのパパさん

貴重な一票、ありがとうございます。

ママの方に走っていってしまう我が子の
後ろ姿を見て、どこの家のお父さんたちも、
寂しさを感じてしまうものですよね。
そんな時こそ、負けるものかと、
子どもに歩み寄っていきたいものです。

パパ同士、お互いがんばりましょう!

Posted by: コーディー | Thursday, 18 March 2010 at 22:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/47839125

Listed below are links to weblogs that reference 育児パパの役割:

« ここはパリ? - Paris? | Main | 男のくれたVサイン »