« スイセン | Main | イクメンパパ »

Monday, 01 February 2010

我が家のブラジル料理

117_3 

仕事を終えて家へ帰ってくると、

夕飯は久しぶりのブラジル料理、フェイジョンコッシーニャだった。

うちの奥さんはなぜかブラジル料理を作るのがとても好きで、

よく作ってくれる。

黒いフェイジョン豆(Feijão preto)を朝から圧力鍋にかけて柔らかくし、

ベーコンやたまねぎといっしょに炒める。

ブラジル料理のお店で食べるフェイジョンにも負けてないかも、

と、うちの奥さんはかなり自信ありげだったが、

僕もそれは否定しません。

122

そして、我が家でコロッケといえば、

ブラジルのコロッケ、コッシーニャ

息子のジョーがコロッケといえば、このコッシーニャをまず思い浮かべる可能性だってある。

中身がモチモチしていて、これがなかなかうまいんですよ。

いつの日か、スーパーのコロッケコーナーにも、

これがいっしょに並んで普通のコロッケと勢力争いをしている時がくるかもしれません。

日曜出勤した疲れを僕はブラジル料理で労ることができました。人気ブログランキングへ ポチ!

フェイジョンには最近カタログギフトで届いたNARUMIのお皿を使ってみました。(1枚目)

いかがでしょう。

|

« スイセン | Main | イクメンパパ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ブラジル」カテゴリの記事

Comments

そうだね~、いつの日か、ジョー君が奥様に「僕にとっての“おふくろの味”は母の作ったブラジル料理」って・・・。

新妻は一生懸命にブラジル料理を覚えて~、そんな日が(ちょっと遠いけど)くるのね。

Posted by: ば~ば | Monday, 01 February 2010 at 08:59

コッシーニャって、どういう風に作るのかしら?
モチモチなるものはナニ?
興味津津・・・

Posted by: MONA | Monday, 01 February 2010 at 21:44

とっても美味しそうです♪
って言っても、両方ともお初なので
どんなお味かはわからないのですが…

美しく映る料理は、なべて美味しい
ものです。

Posted by: 小太郎 | Monday, 01 February 2010 at 22:08

ば~ばさん

ジョーが大人になって"おふくろの味”
について語り出したら、
こうして僕がブログで紹介しているような
ブラジル料理がポンポン出てきて、
周りがキョト~ンとしてしまうかもしれませんね。
お嫁さんになる人が冷や汗流しながらうちの奥さんに料理の指導をしてもらってる姿がちょっと目に浮かびそうです。(笑)


>小太郎さん

ブラジル料理なんて、
あまりなじみがないかもしれませんね。
こうして写真を見ながら、
雰囲気だけでも味わってみてください。
お味の方は、ご想像にお任せします。

Posted by: コーディー | Tuesday, 02 February 2010 at 23:30

MONAさん

コッシーニャはですねえ、
まず、じゃがいもをコンソメスープで煮て、
マッシュし、そこに強力粉を練り込んでいるんです。
モチモチの食感は、強力粉によるものです。
その生地でタマネギとシーチキンをスパイスで炒めたものを包んで揚げています。

Posted by: コーディー | Wednesday, 03 February 2010 at 00:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/47446612

Listed below are links to weblogs that reference 我が家のブラジル料理:

« スイセン | Main | イクメンパパ »