« プリマベーラ - Primavera | Main | 赤ずきんちゃんのおもしろ農園 - The Strawberry Fields »

Thursday, 25 February 2010

汽車のポエム - LÁ VEM O TREM

074

Lá vem o trenzinho, ラー ヴェイン オ トレンズィーニョ、

Apita piii...piii..., アピータ ピッピー ♪

汽車ポッポー、

汽車が通る時に鳴らす音を、日本語なら

ポッポーと言い表すが、ポルトガル語ではピッピーと言うそうだ。

079

チューリップ畑の側を通って、フラワー号は遠くへ行ってしまう。

Passa, passa, passa, パッサ パッサ パッサ

Passa por aqui... パッサ ポーラキ

韻を踏みながらリズムに乗って読むと、

ポルトガル語のポエムって結構可愛いんです。

パッサって何ですかって? パッサは、通るっていう意味ですよ。

059

山を越え、谷を越え、

汽笛を鳴らしながら走っていく汽車の窓から下を見ると、

時々線路の側にお花畑があるのに気付く。

048

わ~きれい!

と感動しているうちに、汽車はどんどん通り過ぎて行ってしまう。

O trenzinho passa

Piii... piii...

まだ僕の頭の中に、汽車のポエムが鳴り響いている。

ピッピー、いや ポッポー のはずだが---。

人気ブログランキングへ 汽車のポエムはいかがでしたか。ポチ!

2週間に一度通っているポルトガル語のレッスンの

教科書に出てきた詩を引用してみました。

アピータ ピッピー ♪

|

« プリマベーラ - Primavera | Main | 赤ずきんちゃんのおもしろ農園 - The Strawberry Fields »

ポルトガル語」カテゴリの記事

花の写真」カテゴリの記事

Comments

詩は言葉の響きが大切ですね。
だから直訳しちゃうとダメにすることもあるんです。

上手な翻訳家は、自分で書く日本の詩も上手なの。

海外の詩は、まず言語で・・・意味不明でも構わないと思いませんか?
リズムを感じ、言葉の雰囲気に浸ってみるだけで~~ね。

Posted by: ば~ば | Thursday, 25 February 2010 at 12:48

ば~ばさん

おっしゃる通り、韻を踏む響きと雰囲気だけを
感じ取るために、
あえてポルトガル語の詩を載せてみたんです。
だから訳文は書きませんでしたが、
ご鑑賞いただいて、うれしく思います。

音楽も言語もその点では共通しているようにも
思いますね。ボッサノヴァが日本で流行るのも
分かるような気がしてきました。

Posted by: コーディー | Thursday, 25 February 2010 at 16:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/47656839

Listed below are links to weblogs that reference 汽車のポエム - LÁ VEM O TREM:

« プリマベーラ - Primavera | Main | 赤ずきんちゃんのおもしろ農園 - The Strawberry Fields »