« 汽車のポエム - LÁ VEM O TREM | Main | 初めて見る大きな世界 - The First Impression of The Sea »

Friday, 26 February 2010

赤ずきんちゃんのおもしろ農園 - The Strawberry Fields

001

遠州灘に沿って国道150号線を走っていると、

毎年この時期にイチゴ狩りの看板がいくつも見られる。

なかでも、赤ずきんちゃんの大きな看板が存在をアピールしているのは、

「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」。(お店のHP)

Passing the route 150 along the coast "Enshunada",

you will find a large number of the strawberry fields.

I brought my family to one of them standing out,"Akazukinchan no Omoshiro Noen".

004

ちなみに僕がここに来るのは今年で4回目。

結婚して1年目を除き、その後は毎年この時期になると来ている。

いわば僕の家族にとって毎年の恒例行事となっている。(去年来た時の記事はこちら)

In fact, this is the 4th time to visit here.

Except the first year of the marriage, we've come here every year.

Yah, we are supposed to come here every year to enjoy strawberry picking.

014

バリアフリーのハウスもあり、

子連れの場合はベビーカーでもそのまま入れちゃいますよ。

なかには、お年寄りを車いすに乗せて遠足に来ている方も見られました。

The greenhouses are pushed up this way,

specially designed for the disabled to enter by wheelchair,

and the small children to enter by stroller.

024

あれ?

ジョーは今日ベビーカーに乗ってなかったね。

バリアフリーでも手が届くの?

と心配したが、この通り、ちゃぁんと背が届きましたよ。

Hey Joe!

You are not on the stroller today?

But you are lucky!

The fields are not so high.

You still can reach the strawberry, can't you?

027

大好きなイチゴ、

こんなに大きくて、真っ赤なのが好きなだけ食べられるよ!

What a big and pretty is a strawberry, isn't it!

Now you can eat as many as you like!

136

あらら、

こんなところで遊んでいるのは、お店の子かな?

なんだか面白そうな遊びをしているねえ、と近寄っていくのはうちの息子ジョー。

どこへ行っても、子ども同士って通じ合うものがあるようですね。

Oh boy,

what a interesting place you found?

Kids seems to like this kind of place so much.

人気ブログランキングへ 暖かくなってきた春の陽気にイチゴ狩りはいかが? ポチ!

人気ブログランキングにも参加してますので、応援クリックをヨロシクお願いします。

I'm so happy if you support my blog by clicking here. 人気ブログランキングへ Thank you!

車でのアクセス:(浜松側から来る場合)

国道150号線を御前崎に向かって走り、

掛川の大東町を過ぎた辺りで右手に見えるサンサンファームのすぐ東隣り。

-> 交通アクセス(お店のHPより)

Access by car:

From Hamamatsu, you can take route 150 toward Omaezaki.

Right after Daitou-cho of Kakegawa, you will find it to the next of "Sun-sun-farm".  -> Map is here!

|

« 汽車のポエム - LÁ VEM O TREM | Main | 初めて見る大きな世界 - The First Impression of The Sea »

お店、地域情報、」カテゴリの記事

Comments

あ、ジョー君、お手々を伸ばしてるそれはまだ食べられないのよ~。

もうカタッポのお手々に持ってる真っ赤なのと同じ色のを摘まなくっちゃぁね。

Posted by: ば~ば | Friday, 26 February 2010 at 09:02

おお、コラコラ!

ジョーが手を伸ばしていると思ったら、
まだ緑色のを採ろうとしてたのか。

よく気付いてくれました、ば~ばさん。

危なく熟す前に収穫されるところでした。

Posted by: コーディー | Friday, 26 February 2010 at 19:34

ジョー君の笑顔と仕草がなんといっても素敵です。
ホントにナベショーさんに似てる!
コーディーさんも、お父さん似なのかな?

Posted by: MONA | Friday, 26 February 2010 at 21:21

MONAさん

どうでしょう。
僕はちょうど父と母の半分ずつブレンドした、
フィフティー・フィフティーだと思います。

ジョーが僕の父に似ている、というのは、
よく言われます。隔世遺伝?

Posted by: コーディー | Saturday, 27 February 2010 at 12:27

コーディーさん

ブログ訪問ありがとうございました。
浜松は大好きで、よくドライブさせていただくところです。(^^)
遠州灘は、中田島砂丘にも行きました。
こんなイチゴ園が並んでいるところもあるのですね。

可愛い息子さんですね。(^^)
うちの孫より、少し、大きくていらっしゃるようですね。
子供さんの笑顔がいい被写体になりますね。
また、訪問させていただきます。

Posted by: moko | Saturday, 27 February 2010 at 17:38

コーディーさん、こんばんは~♪
わわ。おいしそうなイチゴちゃん。
いろんな品種があるのかな~。
ジョー君のお手手のなかだとより大きく見えますね。
相変わらず可愛い表情ですねー。

↓お花の写真がいっぱい。楽しく拝見させていただきました。
奥様のカメラの腕も確実に上がっていますね。
いいライバル??(*^m^*)

Posted by: mint | Saturday, 27 February 2010 at 21:08

こんな綺麗なところでイチゴ狩りが
出来るのですね~
さすが本場です。
ジョー君、ワクワクですね。

Posted by: 小太郎 | Saturday, 27 February 2010 at 21:18

mokoさん

僕のブログにも訪問くださり、ありがとうございます。
浜松にもよくドライブで来られるとのこと、
大変うれしく思います。
中田島砂丘で、ペンタックスのカメラで激写されている方を見たら、
ひょっとしたら、mokoさんかもしれませんね。

このイチゴ農園は浜松ではなく、
掛川市の大渕というところにありますが、
この時期になると、浜松にもたくさん
イチゴ狩りの看板が立っているのを見かけますよ。

お孫さんは何ヶ月ぐらいですか?

またのご訪問お待ちしています。


>mintさん

こんばんは!

イチゴには、紅ほっぺ、章姫、アイベリー、
などなど、いろいろあるみたいですよ。
今回のは紅ほっぺです。
ジョーは大粒のをしっかり手に持ってましたね。
お口にはちゃんと入ったかわかりませんけどね。
アゴがはずれそうなほど、大きく開けないと
食べられなかったかもしれませんよ。(笑)

うちの奥さんのカメラセンスは
侮れません。ケータイで撮っても
なかなか良い写真が撮れるんですよ。


>小太郎さん

静岡県では、
いつもこの時期になると、
海岸線にイチゴ狩りの看板がたくさん立つんです。
イチゴが大好きのジョーも
楽しそうでしたよ。

Posted by: コーディー | Sunday, 28 February 2010 at 00:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/47665064

Listed below are links to weblogs that reference 赤ずきんちゃんのおもしろ農園 - The Strawberry Fields:

« 汽車のポエム - LÁ VEM O TREM | Main | 初めて見る大きな世界 - The First Impression of The Sea »