« 明石より帰還した今 | Main | 除雪車の後ろを走る大名行列 »

Tuesday, 12 January 2010

明石海峡で見た光景

680

(Canon EOS-40D + Tamron AF 18-200mm 1:3.5-6.3  -2枚目も同じ)

暗雲のたちこめる空の下で、

明石海峡を結ぶ大橋は今も強い風に吹かれているのだろうか。

696_2

連休が終わり、現実に引き戻された今、

明石海峡で見た光景は、今も僕の目に焼き付いている。

こうして自分の撮った写真を見ながら、遠く離れた家族のことを想う。

家に帰ってくると部屋の中は真っ暗で、

いつも聞こえてくるはずの息子ジョーの「おちた~!」という叫び声が、

今日は聞こえてこなかった。

003

(Canon 40D + Canon EF 50 mm 1:1.8 Ⅱ)

し~んと静まりかえった部屋に明かりをつけ、

冷蔵庫の中身を確認してから、すき焼きを作ってみた。

白菜もネギもなかったが、

代わりに冷蔵庫にあった小松菜、もやし、豆苗で代用した。

独りで自炊する時のコツは、冷蔵庫にある材料だけでメニューを考え、

食材を極限まで使い切ってから買い物に行くことだ。

まず、牛肉を炒めてから野菜と豆腐をいれ、醤油と砂糖をたっぷりかけてから蓋をする。

蒸し焼きの状態で数分おいたらできあがり。

うん、悪くないぞ。

緑と青のモノクロで撮った橋はいかがでしたか。 人気ブログランキングへ ポチ!

モノクロは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、僕は結構ハマっています。

1枚目は空の明るくなった部分と橋の下の影が対照的に仕上がりました。

2枚目は孫文記念館をポイントにいれてみました。

3枚目は普通の料理の写真です。(笑い)

|

« 明石より帰還した今 | Main | 除雪車の後ろを走る大名行列 »

男の料理」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

Comments

コーディーさん、こんばんは~♪
明石へ行かれていたのですね。
・・明石焼き、、食べたくなった(笑)
おお、モノクロいいじゃないですか~~(〃∇〃)
お友達のブロガーさんが、モノクロの風景は
切り取られた時間とおしゃっていましたが、
時がそこだけ止まっているようですよね^^
私は、いつかカッコイイモノクロフォトを撮ってみたいと思いつつ、いまだに。。^^;
グリーンや青の調色も素敵ですねぇ。
んん?ってか40D 買ったんですか??いいなあ*:.。☆..。.(´∀`人)

すき焼きおいしそぉ。ちなみにウチはキムチ鍋でした。
お鍋は、お野菜もたくさん摂れるし、あったまりますよね。

Posted by: mint | Tuesday, 12 January 2010 at 22:58

明石海峡は、奥さまのご実家?
でも、コーディーさんにも深く焼きつけられた光景のようです。
とても素敵ですね。
カメラを新しくしたの?
楽しみ!

Posted by: MONA | Tuesday, 12 January 2010 at 23:06

モノクロだと見る者が頭の中でそこに色を想像します。

似たような色を想像したとしても、ソレは個々に違って同じ色は無いはず。

だから見る者もそこに参加できる・・・色が付いてると想像で参加できないですもん。

Posted by: ば~ば | Wednesday, 13 January 2010 at 08:52

モノクロ写真は好きですよ。
ミクシイの方にたまにアップしてます。
想像力がふくらむってこともあるけど
何も考えないモノクロも好きです。
色を拒絶したいことがあります。

Posted by: 小太郎 | Wednesday, 13 January 2010 at 20:24

mintさん

明石焼き、食べたことありますか?
たっぷりのタマゴの中に、タコがちょ~んと入ってて、おいしいんですよね。
僕の撮ったモノクロの大橋も時間を止めてしまったのでしょうか。そこを渡るトラックも車も、み~んなモノクロ写真のなかで動かなくなってしまい、後世に残されていくのかもしれませんね。

「40D」に目がいきましたか。
まだ、こんな高性能のカメラに自分自身がついていけず、内心恥ずかしいくらいですよ。
あ、これ、ちなみに中古ですから。X2の新品よりも安かったですよ。


>MONAさん

うちの奥さんは、浜松に来るまでは毎日この明石海峡を見ながら通勤していました。
今では、僕にとっても第2の故郷のような場所となり、
大きな橋と一ノ谷に挟まれた須磨浦海岸を見ながら、つい
感慨にふけるようになりました。

カメラ新しくしたといっても、
バックアップ用に買った中古品ですよ。


>ば~ばさん

その通りかもしれませんね。
かえって色があると、見る者の想像力を奪ってしまう。色がないからこそ、そこに色彩の自由度が生まれるわけですね。
撮った人と見る人がお互いに自分の色を創り出すことによって、ある種のコミュニケーションをしているのかもしれませんね。


>小太郎さん

モノクロがお好きですか?
コーヒーのブラック・ノンシュガーと同じで、
モノクロは好き嫌いが分かれそうですよね。
味わい深いモノクロから、
いろんな想像を巡らす人もいれば、
静かにじ~っと眺める人もいて、
楽しみ方も人それぞれのようですね。

Posted by: コーディー | Wednesday, 13 January 2010 at 22:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/47276583

Listed below are links to weblogs that reference 明石海峡で見た光景:

« 明石より帰還した今 | Main | 除雪車の後ろを走る大名行列 »