« お節料理 | Main | 治一郎のバームクーヘン »

Wednesday, 06 January 2010

神秘的なマクロの世界

091

レンズに写るマクロの世界、

それは非常に神秘的であり、肉眼で見る世界とは異質のように思える。

094

実家の玄関に活けてあった花だが、

こうして見ると、花の美しさがクローズアップされてくる。

カメラが花を美しく見せているのか、

それとも、元々備えていた花の美しさをカメラが写し出した、というべきか。

145

マクロの世界について、僕は正直まだうまく掴みきれていない。

庭に侘助(ワビスケ)が咲いていたが、

さあ、どうやって撮ればいいものやら---、

ああでもない、こうでもない、と花の周りをウロウロしながら撮ってみた。

時には木に登って、高いところからも撮ってみたが、

こんなことをしている姿を余所の人が見たら、さぞかし不思議に思われたにちがいない。

「神秘的なマクロの世界を撮っていたんです」

と言っても、一筋縄には理解してもらえなかっただろうな。

マクロの世界はいかがでしたか。人気ブログランキングへ ポチ!

父の指導の下、マクロ撮影にトライしてみました。

|

« お節料理 | Main | 治一郎のバームクーヘン »

写真・カメラ」カテゴリの記事

花の写真」カテゴリの記事

Comments

こんばんは!
私もマクロ撮影、好きです!
ファインダーから覗く花のクローズアップ写真は
現実の世界とは少し違った世界を見せてくれますね。
また、マクロレンズで撮影するポートレートも
クローズアップとは違った写真になり良いものです。
1枚目の黄色いお花、ピントもバッチリ、癒される世界ですね~^^

私もマクロで撮影した写真をTBさせていただきます。

Posted by: イザワ | Wednesday, 06 January 2010 at 02:50

元旦から始まった旅がまだ終わらなくて
不定期訪問でごめんなさい。
今日は広島に泊まっています。

マクロの世界、ほんとうに不思議ですね。
普段では見えないものを見せてくれることが
多々あります。
超広角レンズや超望遠もそうなんですが
発見が楽しいですね。

キッスのカメラは私のものでは無いのですよ。
ずっと、ニコン党です。
この日出会ったワンちゃんの飼い主のもので
目を引いたので撮ってみましたヾ(´▽`;)ゝ

Posted by: 小太郎 | Wednesday, 06 January 2010 at 03:06

すっかりマクロに嵌ってますね。

でも、マクロの世界も人によって表現が違うと同じ素材でも雰囲気が全然別物ですね~。

絵と同じで、モデルが一緒でも描き手の個性で同じ絵は一枚と無いのと同様かな。

Posted by: ば~ば | Wednesday, 06 January 2010 at 08:57

今年もよろしくお願いします。
マクロレンズを手に入れたのですか?新型の100mmのLレンズかな?僕と同じ40Dを使ったようですが、KX2もこれもライブビューがあるから三脚マクロはラクだし楽しいですよね。
40Dは(多分より画素が多いKX2も)ISOが800を超えると画像がかなり荒れてきますから、100とか200くらいで撮ると花びらの質感はもっと美しくなるんじゃないかと思いますよgood
明るい一枚目が好みです^^

Posted by: フランカー | Thursday, 07 January 2010 at 12:07

イザワさん

マクロは花のクローズアップだけでなく、
ポートレートにも使えるのですね。
時々息子をマクロで撮ってしまう
ことがあるのですが、
これって邪道?と思いながらも、
マクロだからこそできる雰囲気がある
と思っていました。
昆虫のマクロ撮影も迫力がありますね。


>ば~ばさん

マクロの撮り方について、
父から、前ボケ処理だの後ボケ処理だの、
いろいろ教わりましたが、
口に言うほど易しくはないようですね。
まともに父と同じようなマクロ撮影をしていては、
とても長年培った腕に太刀打ちできないので、
僕は僕のやり方で撮ってみました。


>フランカーさん

僕のマクロレンズは、手振れ補正もついていない、旧型の中古レンズですよ。初めてX2のダブルキットを買った時以外はほとんど中古の安物を買い集めています。
40Dといえばフランカーさんだ、と思い、
とても僕には高性能すぎると躊躇したんですが、
他に30Dと50Dもあり(いずれも中古)、財布と相談した上で40Dを選びました。
ISO感度、今まであまり気にしていませんでしたが、きれいな写真を撮るにはそんなに下げて撮るのか、と自分の素人さに呆れてしまいます。
これからもご指導くださいね。

Posted by: コーディー | Monday, 11 January 2010 at 22:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/47216761

Listed below are links to weblogs that reference 神秘的なマクロの世界:

» 蝶と彼岸花 [拝啓/撮らせて頂きます!]
彼岸花の蜜を吸っている蝶を背後からそっと、撮影しました。 一所懸命に蜜を吸っているためかレンズがかなり近づいていも気がつかないようでした(笑) 一枚目は、逆光気味に捉えられたので、ちょっと幻想的な感じがしませんか^^ 蜜を吸うために伸びた口にピントを合わせています。 二枚目は、蝶があまりにも気がつかないので前に回って蝶にできる限り近づいてみました^^ ここまで近づいてもまだ逃げません(笑) どうやら、私のレンズを敵とは思ってないようでした。 また、接写させてくれる人間以外のお友... [Read More]

Tracked on Wednesday, 06 January 2010 at 02:51

« お節料理 | Main | 治一郎のバームクーヘン »