« 秋の終焉 | Main | 季節にあった一枚 »

Tuesday, 01 December 2009

効用の最大化

サザンカが光に反射してピンク色に光っている。

上から見ると、薔薇の花弁のようにも見える。

064

美しさを追求すること、

綺麗さを大事にすることは、

人として生きることのひとつの楽しさである。

031

ofuon men, klein homme (クラン・オム)で買ったニット・シャツ。

パープルも似合うんじゃないか、

と言われて買ってみた。

028

仕事用にもう一着。

ボタンダウンの白いシャツに、紫色のカーディガン。

ビジネスカジュアルなら、

手堅い格好をするよりも、このぐらいの方が相手にかえって良い印象を与えるだろう。

ファッションも楽しまなければ、人生の何割かを損したことになる。

「一度にそんなに買うの?」

と、うちの奥さんがレジの前で驚いたような顔をして言うので、

「買うときは大胆に、アグレッシブに買わなきゃ、僕の効用を最大化することはできない」

と、僕は答えた。

経済学の用語で、

最大の効用(満足度) =  maximam utility  という。

034

ジョーがギターの弦を弾いている。

いい音がするなあ。

君の効用を最大化するものは、

家の中のあらゆるところに散らばっていることだろう。

でも、部屋を荒らすのは大概にしておいてくれないかなあ。coldsweats01 (親の無理な願い)

気になる人気ブログランキング。 今は何位でしょう。人気ブログランキングへ ポチ!

応援ありがとうございます。

|

« 秋の終焉 | Main | 季節にあった一枚 »

ファッション」カテゴリの記事

Comments

こんばんは!
人生の潤いとは何だろう・・・
と考えた時に、年齢的にもそろそろ好きなことを始めて食べていけたら・・・
と思ってカメラマンになりました。
それまでの会社員の生活とはがらっと変わってしまいましたが、
今は良かったと思っています。

Posted by: イザワ | Wednesday, 02 December 2009 at 02:12

パープルカラーのニットカーディガンを着こなせる男性、いいですね~・・・想像してニヤ付いてますcoldsweats01

証券界にいた夫は背広にネクタイ、外資系企業デザイナーの息子のカジュアルビジネスファッションに今更ながら羨ましいようで~。

ファッションセンスのいい男性がいる職場は、女性の意識も高まりますよね~。

Posted by: ば~ば | Wednesday, 02 December 2009 at 09:32

お久しぶり。げんき?
素敵な写真が沢山だね。いつも楽しみにみているよ。素敵な写真は心を楽しましたり、和ましたり、時には切なくさせるね。

最近の私の楽しみはこうちゃんのブログとこの人、

http://photoneiro.exblog.jp/
こころの音色という人の写真のブログ。彼女の写真はもちろん、一言だけ書かれている言葉がなんともいえないんだよね。良かったらみてみてね。

ジョー君、大きくなったね。

Posted by: YUKO KITCHEN | Wednesday, 02 December 2009 at 16:11

イザワさん

よく決心をされましたね。
でも、そのおかげでイザワさんの写真に出会えることができ、
こうして日々ブログを通してプロのカメラマンの写真を見に行くことができるのは僕にとっては幸いなことです。


>ば~ばさん

旦那さんも息子さんも、思わず見上げてしまうような業界の方で、すごいなあ、と思ってしまいます。端正な背広にネクタイ姿も、外資系のビジネスカジュアルも、僕にとっては憧れの的ですよ。


>YUKO KITCHENさん

見てくれていたんだね、ゆうちゃん。
アメリカで1人がんばってる姿を思い浮かべながら、今頃はどうしてるかなあ、と思ったりしてるよ。そういえば、もうすぐ誕生日だったね。おめでとう。

こころの音色さんの写真、さっそく見てみたけれど、まるで水墨画のような写真を撮られるんだねえ。紅葉の写真も柔らかいタッチで描かれた絵のようで、撮った人の優しさを感じるよ。


>読者のみなさま
左サイドの下の方にリンクが貼ってある姉のお店YUKO KITCHENのHPもどうぞご覧ください。

Posted by: コーディー | Friday, 04 December 2009 at 01:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 秋の終焉 | Main | 季節にあった一枚 »