« 白糸の滝 | Main | レストラン“クレル レヴェイエ” »

Monday, 14 December 2009

朝霧高原

富士山の手前に広がる草原の真ん中に、

まっすぐ一本だけ道路が延びている。

133

アメリカ大陸の広大な草原をスポーツカーで走り抜ける

ジェームス・ディーンのような気分だ。

彼はその最中に交通事故に遭い、悲劇の最後を遂げてしまった。

026

でも、ハンドルを握っているのは、まだ1歳半の息子ジョー。

え?運転してくれるの?

まだ早いって。

フロントガラスが汚れているので、正直この写真を載せるべきか迷いました。

166

白糸の滝を見た後、

途中まかいの牧場に寄って牛乳を飲み、

そのまま朝霧高原まで来てみた。

154_3   

富士山を眺めるジョーとうちの奥さん。

おててつないでおさんぽですか?

ふたりとも景色の中に溶け込んだ羊さんのように、

良い絵を作り出してくれている。

後ろからちょっと一枚、パシャ!

僕抜きの家族写真です。

174

こんな日差しがよく当たる草原を走り回っていれば、

そりゃ暑いよね。

ジョーのジャンパーが見事に脱ぎ捨てられているではないか。

208

サ~ッと僕のカメラの前をジョーが走り去っていく。

と思ったら、

こっちを見て突進してきた。

うわぁ~!

210

ジョーになぎ倒されて芝生の上に仰向けになったところ、

富士山の反対側の西の空には、

雲の向こうで少しずつ傾いていく太陽の姿があった。

215

夢中になって遊んでいるあいだに、

いつのまにか辺りはすっかり暗くなっていた。

空だけがまだ澄んだ青を保っている。

小鳥の囀りが聞こえてくるはずの森もすっかり暗くなり、

きつねさんやたぬきさんも、やがて自分の巣へ帰っていく。

そろそろ帰ろっか。

236

帰る途中ふと後ろを振り返ってみると、

夕焼けに照らされた富士山もまた美しかった。

富士山ブログはいかがだったでしょうか。何か感じるものはありましたか。

人気ブログランキングへ 読んだついでにポチっと1クリックしていただけると、ジョーがポルシェにでも乗って迎えに来てくれます。というのは冗談です。

|

« 白糸の滝 | Main | レストラン“クレル レヴェイエ” »

風景写真」カテゴリの記事

Comments

おはようございます、はじめまして^^ うちのブログに遊びに来てくださってありがとうございました。
浜松にお住まいなのですね。その地名から連想するのは「空自の基地」と「うなぎパイ」と「ヤマハ」な僕です(笑)
富士山に遊びに行けるなんてうらやましいです。KX2をお使いなのですね。マニュアル露出使いなんて通だな~と感心(←使ったことないです)。
高感度で絞り込むセッティングがお好きなんでしょうか?
またほのぼのフォトを見にきますね。今後ともよろしくお願いしますfuji

Posted by: フランカー | Tuesday, 15 December 2009 at 06:55

コーディーさま~
富士山がきれいですね。
やっぱり、なべしょーさん、ゆうこさんをご存知みたいですね。
ジョー君、かわいい~
奥様の後姿もいいですね~
白糸の滝は、義理の父を連れていった最後の旅行の場所なので、ちょっとせつないですが、こうしてみるときれいです。

Posted by: フルール | Tuesday, 15 December 2009 at 08:37

10月に富士山に行ったばかりなので、いろいろ思い出しています。

奥様スタイルいいのね~、茶系の秋色ファッションが枯れた草原にピッタリ。

Posted by: ば~ば | Tuesday, 15 December 2009 at 09:15

素晴らしいですね~
富士山の雄大な姿をよく捉えていて、奥さまやジョー君も登場・・・
ひとつのお話が楽しいです。
朝霧高原、行ってみたいです。

Posted by: MONA | Tuesday, 15 December 2009 at 12:54

フランカーさん

ようこそ来てくださいました。
KX2で撮った素人写真ですが、お楽しみいただけたでしょうか。
手持ちで滝を撮るのに、どこまでシャッタースピードを下げられるだろうか、と試行錯誤しながら撮ってみました。
マニュアル露出、こんな僕がそんな通なことをしていたなんて---。coldsweats01
普段は子どもや料理、花の写真を撮ることが多いので、開放絞りで露出補正マイナス1.5ぐらいで撮ってます。なので、これだけ絞り込んで撮ったのは、僕にとってある意味挑戦的なことでした。
こんなブログですが、また時々見に来てくださいね。


>フルールさん

いつも勝手ながら、フルールさんのブログに訪問しては足跡を残してましたが、僕のブログにも来てくださり、ありがとうございます。

>やっぱり、なべしょーさん、ゆうこさんをご存知みたいですね。

そりゃあ、よく存じてますとも。お互いイビキのかきかたまで知っているほどの関係ですから。smile
白糸の滝は美しいだけでなく、いろんな方の思いがつまっているのを知ると、
滝壺から飛び散る水しぶきが肌にあたって冷たく感じるのも、なんだかしんみりしたものに思えてきます。


>ば~ばさん

茶系の服が景色にぴったり合っていたわけですね。ナイスコメントです!
うちの奥さんもコメントを読んで笑っていましたよ。happy01


>MONAさん

富士山の雄大さはうまく伝わってきましたか。MONAさんの撮られた飛行機の中から見たアルプス山系の写真も素敵でした。
家族で朝霧高原に行った様子が伝わるように、今回はうちの奥さんにも了承を得て、登場してもらいました。こんな家族ですが、どうも。

Posted by: コーディー | Wednesday, 16 December 2009 at 01:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 白糸の滝 | Main | レストラン“クレル レヴェイエ” »