« レストラン“クレル レヴェイエ” | Main | クリスマス・ファンタジー »

Wednesday, 16 December 2009

冬の夜の思い出

秋はもう遠くへ過ぎ去ってしまったのだ。

030

すっかり冬らしい寒さを感じるようになった今、

赤く色付いていた葉っぱは落ち葉へと変わり、

それでも冬の夜の光に照らされながら、ひっそりと存在感をアピールしている。

019_2

でも、顔を上げると目の前には、

街の光を背に受けながら、氷の葉っぱが冬の光を放っていることに気付く。

020

ちょっと残っていた仕事を片づけてから職場を出てみると、

もうマフラーと手袋が手放せないほど夜は冷え込んでいた。

黄金色に光る鶴は僕に向かって、

「おつかれさま」

と温かい言葉をかけてくれているようにも見える。

038

こんな風にして夜景を撮っていると、

時々デート中のカップルに遭遇してしまうこともあり、

あ、失礼---、

と何気ない顔をして通り過ぎる。

このベンチにも、さっきまでは誰かが座っていたのだろうか。

冬の寒い夜にスターバックスで買った熱いコーヒーを手に、ふたりでベンチに座って語り合う。

神戸のハーバーランドには、あの時に座ったベンチが今でも残っているだろうか。

青春時代の思い出に浸りながら、ポチっと人気ブログランキングへ 1クリックしてみてください。僕にもそんな青春があったんだよな。

|

« レストラン“クレル レヴェイエ” | Main | クリスマス・ファンタジー »

夜景」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
ラストの雰囲気がイイですね。200mmで1/6secって自分的にはありえな~い!ってビックリするようなSSですが、EF-S18-200ISでしょうか?(あるいは三脚?)強力な手振れ補正が効いていると見ました。ISレンズは古いのを一つ持っているだけなので。。
ウォームな色合いが気に入りました。

Posted by: フランカー | Thursday, 17 December 2009 at 08:27

>冬の寒い夜にスターバックスで買った熱いコーヒーを手に、ふたりでベンチに座って語り合う。

神戸のハーバーランドには、あの時に座ったベンチが今でも残っているだろうか。

残ってればいいわね~・・・きっと残ってるわ。
今も、カップルが次々に寒さも忘れて、熱々の語らいの時を過ごしてるわね~。

Posted by: ば~ば | Thursday, 17 December 2009 at 09:09

フランカーさん

するどい予測ですね!
使用レンズもカメラの設定も何も書いてないのに!
シャッタースピードはどうして分かったんですか?

レンズも18-200mmってとこまではビンゴです。
けど、EFではなく、TAMRON AF18-200です。IS機能もないのに手持ち撮影でしたので(挑戦的行為?)、僕の体そのものが三脚の代わりでした。


>ば~ばさん

その言葉を信じ、今度神戸の方に足を運んだ時は、あのベンチを探しに行ってみます。
ひょっとしたら他の誰かが座って、何か語り合っているかもしれませんね。

Posted by: コーディー | Thursday, 17 December 2009 at 22:43

コーディーさん、おはようございます。
jpeg画像にはExif情報というのがあるのをご存知ですか?Exifビューワーのフリーソフトを入れておけば、画像の撮影日時(分秒まで)、使用ボディ、露出、シャッタースピード、場合によっては使用レンズまですべて見えるんです(画像にもよりますが)。なので予測じゃないですcoldsweats01

ラストの椅子のショットは149mmで撮ってますから、焦点距離の1.6倍の逆数で手持ちなら1/200~1/300のSSを切るのが手振れしない安全圏です。覚えておくと良いです。それを下回るようなら三脚を使います。
手持ちで撮影するときはいつも脳内で1.6倍の計算をしつつ、表示されるSSとでハカリにかけてます(笑)

自ブログからリンク張らせていただきましたので、また今後ともよろしくお願いします♪

Posted by: フランカー | Friday, 18 December 2009 at 08:19

フランカーさん

jpegにそんなソフトがあったとは、知りませんでした。てっきり、写真を見ただけで、シャッタースピードと絞りの設定がわかるのかと思い、

ジーニアース!

って思ってしまいました。

こんな写真、いったいどうやって撮ったのだろう、と思わせるどころか、
こうして手の内が明かされていたのだと思うと、
いや~、お恥ずかしい限りです。なんちゃって。

リンク、ありがとうございます。
これからも、写真のテクなど、いろいろご指導くださいね。

Posted by: コーディー | Saturday, 19 December 2009 at 23:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レストラン“クレル レヴェイエ” | Main | クリスマス・ファンタジー »