« チャーハン名人の休日 | Main | 秋の終焉 »

Sunday, 29 November 2009

アドヴェント

002

一本のろうそくに灯が点る。

今日から4週間後にクリスマスがやってくることを意味する第一本目のろうそく。

016

檜で作ったクランツの上に4本のろうそくが立ち、

11月30日に一番近い日曜日である第一アドベントの日から、1本ずつ火が灯される。

そして、4本目のロウソクが灯る第4週目にキリストの誕生をお祝いする。

アドヴェント(Advent)とは、つまりキリストの降誕を待ち望む期間である、待降節のことを意味する。

001

街に繰り出してみると、あちらこちらに点灯しているライトアップが眩しい。

西洋の方ではクリスマスが近づくたびに、アドヴェントカレンダーの窓を一つずつ開け、

美しい風景や可愛いサンタクロースの絵が出てきたり、

チョコレートが出てきたりするのを楽しむ過ごし方もある。

006

We wish you a merry X'mas ♪ 

どこからともなく聞こえてくるクリスマスソング。

そして、青白く光るライトアップとショーウィンドウ。

クリスマスの到来を感じながら、人々の心の中には希望の光が灯される。

あぁ、もうじきクリスマスだなあ。

未来に進むべき道が、たとえ細くて険しいものであっても、

クリスマスの到来は希望を持って待ち続けたいと思う。

されど気になる僕のブログランキング順位。 人気ブログランキングへ ポチッ!

今は何位かな。日々の1クリックが心の支えになります。coldsweats01 

|

« チャーハン名人の休日 | Main | 秋の終焉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

秋から冬へ・・・
クリスマスの色が、夜の長さや寒さに、明るい灯をともしてくれますね。
温かい夜を・・・

Posted by: MONA | Sunday, 29 November 2009 at 23:21

MONAさん

長くなった夜の寒さに、クリスマスの温かい光は心身共にぬくもりを与えてくれますね。
そろそろ秋から冬への移り変わりの時ですね。

Posted by: コーディー | Monday, 30 November 2009 at 00:34

日本式に唄えば「noteもう幾つ寝るとお正月~」notesですね。

子供たちが居なくなってからは、クリスマスが無くなりました(つまらなくなりました?)。

Posted by: ば~ば | Monday, 30 November 2009 at 07:56

ば~ばさん

その唄は、
お正月のアドヴェントみたいなもんです。
街のライトアップも、クリスマスツリーだけでなく、羽子板や門松の形をしたライトアップが並んでいる可能性もありますよ。

Posted by: コーディー | Monday, 30 November 2009 at 22:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« チャーハン名人の休日 | Main | 秋の終焉 »