« 子どもを見守るライフセーバー | Main | 小國神社の紅葉 »

Wednesday, 25 November 2009

マクロ初心者の花写真

太陽に向かって咲く赤い椿。

その美しさを全力で輝かせる花の命は非常に短い。

025_2

短い一生を美しく飾った一輪の花の姿、

それは、はかなく消えていく運命にある。

だからこそレンズに映して、その美しさを残してあげたい。

189

純粋にそう思う気持ちからファインダーを覗いてみたが、

その美しい色彩や曲線は、

角度や光の当たり具合で少しずつ異なっていく。

208_2

花とレンズの間の距離と角度が、ある位置でフィットし、

その瞬間にシャッターを押してみる。

カシャッ!

あれ?おかしいなあ。

なかなか自分のイメージ通りの写真が撮れない。

マクロレンズを使えばどんな花も綺麗に撮れるだろう、

と、心のどこかで過信していたのかもしれませんね。

248

花弁が沈む直前の太陽から光のエネルギーを授かっている。

花の名前はよく分からないが、

綺麗だな、と思った1ショットを選んでみた。

マクロ初心者の写真はいかがだったでしょうか。

結構!という方は、 人気ブログランキングへ ポチっと1クリックお願いします。

人気ブログランキングに参加していますので、今何位か確認ができます。

|

« 子どもを見守るライフセーバー | Main | 小國神社の紅葉 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

Comments

花写真にはマクロ絶賛のお父上も「100枚撮って使えるのは数枚、1枚も気に入らないこともある」と仰ってましたね。

でも、ぐんぐん腕を上げて、お父上も驚愕の写真を見せていただく日も近いでしょう。
「息子の感性の良さには負ける」って内緒話が出ました(あらら、ばらしちゃった~)。

Posted by: ば~ば | Thursday, 26 November 2009 at 08:42

あっという間に慣れますよ~
肉眼で見るのと、また違う世界が・・・
楽しみです(*^-^)

Posted by: MONA | Thursday, 26 November 2009 at 22:28

ば~ばさん

100枚撮って使えるのはわずか。
10年以上も花の写真を撮ってるベテランでさえ、それぐらいなんですから、僕みたいな素人がマクロを使ったところで良い写真なんてとても撮れやしませんよ。

Posted by: コーディー | Thursday, 26 November 2009 at 22:46

MONAさん

そうでしょうかね。
まずはマクロの世界に自分の視点を合わせることでしょうか。
肉眼とは違う視点に慣れるまでの辛抱かなあ。

Posted by: コーディー | Thursday, 26 November 2009 at 22:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 子どもを見守るライフセーバー | Main | 小國神社の紅葉 »