« 心の眼で撮る1ショット | Main | T君とショウパーナへ »

Sunday, 22 November 2009

マクロデビュー

よく晴れた土曜の朝。

眩しいくらいの日光を浴びながら、

ちょっと上を見上げてみると、

空は宇宙まで見通せるのではないか、と思うほど透き通っていた。

024_4

新しいレンズを装着したカメラを首からぶら下げて、

息子のジョーと一緒にお散歩に。

(使用レンズ:CANON EF-100㎜ f2.8 MACRO)

020

すると、ジョーの足下から横に延びている影が

意外と長いのに気付く。

098

白い山茶花(サザンカ)がフェンス越しに咲いているのを見つけ、

ぐぃ~っとレンズを近づけてみる。

こんなにアップになってしまうと、いったいどこに焦点を合わせればいいものか。

ジョーが眠ってしまった隙に、

ちょっと数枚、パシャ!パシャ!

096

今までの感覚だと、このぐらいの距離で撮っていたので、

急にレンズの写り方が変わってしまうと僕自身が戸惑いを覚え、

うまくレンズを使いこなせない。

188

中古で買ったマクロレンズ。

九州の方からネット注文で取り寄せたところ、安く買えたので初めて使用してみたが、

花を撮ってみても、後で、

これはいったい何の花だったのだろう、

と思えるぐらい、

肉眼で見る世界とは別の幻想的な世界に入り込んでしまう。

僕にとっては初めて踏み込むマクロの世界です。

マクロの世界へようこそ~

人気ブログランキングに参加してます。今何位かな。人気ブログランキングへポチッ!

日々の1クリックが心の支えとなります。 

|

« 心の眼で撮る1ショット | Main | T君とショウパーナへ »

写真・カメラ」カテゴリの記事

Comments

マクロ撮影、大好きですよ。
レンズを持ってないので、制限されるのですが。

マクロはアートの世界だと思っています。
撮り手のセンスと、写真を見る人のセンスが
ぴったり合うと、素晴らしい感動を覚えます。

これからも素敵な写真を撮ってくださいね。
息子さん、とっても可愛らしいです。

Posted by: マドンナ | Sunday, 22 November 2009 at 01:24

ジョー君、元気そうで何よりです。
これからも沢山撮って上げて下さいね。
それとマクロレンズの描く世界は、本当に異次元のような感覚だと思いますが、これからの作品も楽しみにしています♪

Posted by: スーさん | Sunday, 22 November 2009 at 01:27

こんばんは!
マクロの世界、たまにひたりに行きますが(笑)
花そのものを正確に撮るより、デフォルメして撮影できる
楽しさもありますね。
マクロの世界は好き嫌いがあるかと思いますが
私は意外と好きです。
超アップで写す世界・・・想像力を働かせて
撮ると楽しいですね~
ポチ!

Posted by: イザワ | Sunday, 22 November 2009 at 01:45

あらら、お料理にもドンドン踏み込んで~、今度はマクロの世界にも・・・お父上の領域で、そのうち技勝負?

マクロはMONAさんだけど、お料理バトルには呼んでね~。

Posted by: ば~ば | Sunday, 22 November 2009 at 09:20

マドンナさん

使い方が案外難しく、
扱いにまだ慣れてないマクロレンズですが、
見る人の気を惹くような写真が撮れるといいですね。

マクロを使っても、
結局花よりもジョーばっかり撮ってたりして。


>スーさん

ジョーはカメラを意識せずに目線をくれるので、
僕の良き専属モデルとして活躍してくれてます。

でも、マクロレンズの世界にはまだちょっと慣れていませんね。異次元空間で、まるで初めて泳げるようになる練習をしているみたいです。


>イザワさん

正確さよりも、想像力を働かせて、
いかに美しさを表現するか、という世界なんですね。
記録ではなく、アートとしての写真。
表現力が強くなればなるほど、
人の好みも分かれるというわけですね。
イザワさんなら、
どんなマクロ撮影をされるだろうか。


>ば~ばさん

へへへ、ついにマクロまで父の領域に踏み込んでしまいました!という感じでしょうか。

会う度に(ブログにおいても)、あれだけマクロのことを論説されれば、
どれどれ、ちょっと使ってみようか、
という気になりますね。

Posted by: コーディー | Sunday, 22 November 2009 at 17:11

コーディさんこんにちは(*^-^)
いつも拝見してます~
ジョー君・・道で遠くを見つめている姿
小さいながら何か思って、たたずんで
いたんでしょうねっ かわいい!
山茶花の花びらのふわふわ感が伝わって
きます
さすが~です★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

Posted by: chi | Sunday, 22 November 2009 at 17:22

マクロいいですねー!
次買うレンズはマクロと決めています。はい!
でも、今のレンズたちを使いこなしていないので
使いこなしてから・・・^^;
あと、貯金もしてから・・・^^;;;
最後の一枚は、マクロの真骨頂ですよね。
自分も早くそんな写真を撮ってみたいです。
ぽち

Posted by: はるたいぱぱ | Sunday, 22 November 2009 at 17:46

今晩は。
詩のような写真が、ますます進化していきますね。
中古のEF-100、私も持っています。私のレンズは、長野県松本市からやってきました。
花を接写して撮るのに一番向いているコンパクトデジカメは、リコーのカプリオ1cmマクロだと思います。ただ、こちらは一眼レフのマクロと違い、焦点の合う範囲が広く、かなり違った写真が撮れます。聞く人もいない素人なので、焦点の合わせどころが難しいですcoldsweats01

Posted by: やまぶどう | Sunday, 22 November 2009 at 17:53

コーディーさん、こんばんは~♪
な、なんとマクロレンズですか。いいなあ(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
いつかはその世界に足を踏み入れたい(笑)
ポートレートもいいですねぇ。
マクロは色の美しさをいろいろ表現できそう。
お花を撮るのもまたちがった楽しみがありますね。
で、マクロレンズってやはり三脚が必要なのかな~。
望遠、単焦点、マクロ。あとは広角ですか?smile

Posted by: mint | Sunday, 22 November 2009 at 22:12

レンズで世界がまるで変わりますね。
楽しくもあるし・・・
私は、コンデジ1年足らず、一眼でもうすぐ丸2年。
カメラも3年経つと、そろそろメンテナンスが必要?
だから、そろそろ何かあった時のことを考えているの。
私の力と手の大きさでは、キスデジで充分なのよ。
でも、鳥撮をする人は機材にそれなりのお金をかけなければ撮れないとか・・・
楽しみ方に依りますね~
無理をしなくても、充分楽しめる。
プロではないのだから。
趣味ならば、ゆっくり長く楽しみながらいかないと。
先を急いでも、何も良い事はないと思うの。

Posted by: MONA | Sunday, 22 November 2009 at 22:24

chiさん

こんばんは、いつも見てくださってありがとうございます。
道の向こうに走っていくジョーは、
心惹かれる物がその先にあったらしく、
夢中で駆けていきました。
でも、脇目もふるジョーは、
途中で他の物に気を取られると、
すぐに方向転換します。
見張っている親の方が途中でしんどくなりますよ。は~は~wobbly


>はるたいぱぱさん

レンズの数は増えてきても、
僕自身もまだ使いこなせていませんね。

広角、望遠、マクロ、
絞り開放値だけでもレンズによって皆違う。

新しいレンズが出るたびに手放していく中古レンズを見ながら、マクロが売り出されるのを今か今かとじ~っと待っていました。


>やまぶどうさん

詩のような写真---、
そんな風に言っていただいて、とても嬉しい限りです。
レンズを使いこなせていないのに、
今まで使っていたレンズに、
そろそろ限界かな、と勝手に見切りを付け、
新しいレンズに手を付けてしまいました。
と言っても中古レンズですが、
日本中のいろんなお店から取り寄せられるので、大変便利な流通社会だなあ、と感心してしまいますね。


>mintさん

そうですね、
僕もついに足を踏み入れてしまった、
という気がしました。
僕が、マ、マ、マクロを!
と思いながら、恐る恐るレンズをはめ込み、
初めてファインダーを覗きながら、
ちょっと緊張しながらシャッターを切る。
え?こんなにきれいな写真が撮れるの?
という反応を期待していたのに、
あれ?全然きれいに撮れないぞ。gawk????
というのが第一印象でした。
扱いはどうも思ったより難しそうです。


>MONAさん

マクロを使って撮った日の終わりには、
なんだか肩が凝ってしまいました。
まだ自分に合ってない証拠ですよね。
ムリして高度なものに手を出さなくても、
撮りたい写真に合わせてカメラとレンズを選ぶのが、楽しく撮る秘訣なんでしょうね。

僕もブログのために、ここまで時間と労力と、金銭まで費やすことになろうとは、
ブログを始めた当初は思ってもいませんでした。

それにしても、マクロレンズ一つで、
みなさん語りますねえ。

Posted by: コーディー | Monday, 23 November 2009 at 02:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 心の眼で撮る1ショット | Main | T君とショウパーナへ »