« 野菜中心のレシピ | Main | 子どもの成長を見届ける喜び »

Monday, 09 November 2009

音の奏でる美しさ

017

最後に吹いたのは、いつの頃だったろうか。

ずいぶん長いこと触っていなかったクラリネットを出してみると、

まだちゃんと光沢を放っていて、

なかなか絵になる楽器であることに気付く。

でも、音はちゃんと鳴ってくれるだろうか。

ド・と・レ・と・ミ・と・ファ・と---、が出ないクラ~リネット♪(つまり吹き方を知らないのでは?)

っていう状態になってないだろうか。

011

一緒に演奏しないか、と突然声をかけられ、

ちょっとしたコンサートで久しぶりにクラリネットを吹く機会に恵まれた。

高校時代の3年間と、その後何度か楽団で吹いたっきりだったので、

吹き方もおぼつかない状態だったが、

久々の演奏はなかなか楽しいものだった。

004

音を奏でる、ということ。

それは目に見えないものの美しさを表現することであり、

絵や写真とはまた異質の世界である。

でも、視覚で感じ取っていたものを、聴覚で感じ取るという違いだけで、

美しさを追求する、という行為としては同じことなのかもしれませんね。

人気ブログランキングに参加しています。読んだついでに->人気ブログランキングへ 1クリックしていただけると、もっと音が鳴ってくれると思います。

|

« 野菜中心のレシピ | Main | 子どもの成長を見届ける喜び »

音楽」カテゴリの記事

Comments

どんな楽器も、独特の美しいフォルムをしていますね。
無駄が無い・・・綺麗な音を出すことのみに考えられ梳られ磨かれた形。

我が家でも、娘と嫁(プロ)はピアノ、孫たちはピアノとギター(一番下が)、息子はエレキギター、私は琴と三味線。
私の琴と三味線はきっと袋から出すと爆発するでしょう・・・あまりに構わず粗末に放ってあるからね。

Posted by: ば~ば | Monday, 09 November 2009 at 09:00

コーディーさん、こんにちは~♪
わぁ、素敵!!楽器って美しい。
特に一枚目のクラリネット、光を浴びてキレイですね。
楽譜もこれまた良い感じ。
で、なんとコーディーさん、クラリネットを演奏できるの??
かっこいい*:.。☆..。.(´∀`人)
吹奏楽器って憧れます。久々の演奏は楽しかったでしょうね。
私は小学生の時、ちょっとだけピアノを・・。
オトナになってから楽器に触れる機会はありませんが、
老後の(笑)趣味にしたいなあ(*≧∇≦*)

Posted by: mint | Monday, 09 November 2009 at 16:29

ばーばさん

すごい音楽一家ですねえ!
料理や文才だけでなく、音楽の才能も備えたご家族なのですね。

僕の家族でも、うちの奥さんがギターを弾くので、音楽でもわりと気が合うんですよ。料理と音楽、それと語学。共通の趣味があると、楽しいものです。


>mintさん

もう老後をお考えですか?
早いなああ!mintさん、いったい今何歳ですか?
おっと、レディーに年齢を聞くなんて、、、
僕としたことが。

楽器の美しさに気付かされ、
練習をする前に、写真ばっかり撮ってました。
音の美しさだけでなく、ファインダーに写る美しさも同時に鑑賞していたわけなんです。

だって、こうしてブログに書くなら、
音は出せませんからね。
写真で音を表現したつもりの記事でした。

Posted by: コーディー | Tuesday, 10 November 2009 at 00:39

こんばんは!
多才ですね~
楽器は写真に写すと仰るように絵になりますね。
ぐっと寄って楽譜と一緒に背景をぼかして・・・
とてもいい雰囲気ですね~

>でも、視覚で感じ取っていたものを、聴覚で感じ取るという違いだけで、
>美しさを追求する、という行為としては同じことなのかもしれませんね。
 本当ですね!!そう思います!

Posted by: イザワ | Tuesday, 10 November 2009 at 01:04

イザワさん

まさにそのとおり、
低い角度から被写体にぐっと近づき、
窓から差し込んでくる光の当たり具合を
考えながら撮ってみました。

クラリネットの特徴ある形から、
どれが一番よい構図だろうと試行錯誤した結果、
最終的にこのショットに行き着いたんです。

Posted by: コーディー | Tuesday, 10 November 2009 at 13:45

はじめまして。
カテゴリランキングから来ました。
私はサックスを吹いていますが
先生が「音楽は時間芸術だ」とよく言います。
絵や写真とちがい、一音は一瞬ですが
人の心に伝わるものがあると思います。

Posted by: 優魅 | Wednesday, 11 November 2009 at 22:08

優魅さん

こちらこそ初めまして。
サックス吹きの優魅さん、
ブログを始められたのですね。
これからどうぞよろしくお願いします。

一音は確かに一瞬だけのもの、
だからこそ、その一瞬だけに輝く
音の美しさを奏でるために、
全神経を集中している。
そんな演奏家の真剣な眼差しを見て、
あ~美しいな、って思います。

Posted by: コーディー | Wednesday, 11 November 2009 at 23:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 野菜中心のレシピ | Main | 子どもの成長を見届ける喜び »