« メンズだけで来た「とびっこ公園」 | Main | さわやか朝に作るお弁当 »

Thursday, 15 October 2009

夕飯のおかずに「治部煮」はいかが?

189

お鍋の中でクツクツと煮えていくのは、鶏肉の治部煮(じぶ煮)

昆布とかつおぶしでとっただし汁に、醤油、みりん、お酒少々を加え、煮たったところに、片栗粉をまぶした鶏肉を加える。

とろみがつくと、鶏肉の肉汁が外に出るのを防ぐ効果もある。

206

加賀の郷土料理として知られる治部煮。

じぶじぶと煮ることから、その名がついたとか。

これに、にんじん、里芋、椎茸を入れるレシピもある。

石田三成も、生前は治部煮を食べたのだろうか。

大河ドラマ「天地人」では、三成は「じぶのしょう」と呼ばれていたが、だからといって、治部煮が好きだった、というわけではないだろう。

「じ~ぶのしょ~、さぞかし治部煮はうまかったろうな」と家康が松方弘樹の声で。

実際、石田三成は治部少輔という官職に任ぜられたために、そう呼ばれていたそうだ。

194

治部煮だけでは寂しいので、キュウリをめん棒で砕いたものに、

にんにく、醤油、砂糖、お酢、胡麻油を加えたものを付け合わせに作ってみた。

短時間で簡単に作れる男の料理です。

仕事で帰りが遅くなった時の夕飯のおかずにいかがですか。ビールともよくあいますよ。

たいした記事ではありませんでしたが、おいしそうだと思ったら、ぜひ人気ブログランキングへ 1クリックお願いします。「じぶのしょう」も喜びますよ。

|

« メンズだけで来た「とびっこ公園」 | Main | さわやか朝に作るお弁当 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

加賀ではここに生麩が入りますが、私は乾燥した麩はあまり好きじゃないんですが、生麩は好きで~。

あ、話が横道に・・・治部煮はトロミのせいで温まりますから、ちょっと冷える夜にはいいですね。

これからの季節は温まる料理が多くなります。

Posted by: ば~ば | Friday, 16 October 2009 at 09:38

ば~ばさん

はあ~ん、なるほど、これに生麩が入るんですか。加賀の郷土料理といっても、
僕の中の想像の世界で作ってました。
今回の記事で、じぶのしょうが登場したのも、
僕の勝手な妄想から湧いて出てきたもんです。

これから冷えるにつれ、温かい料理が食べたくなりますね。お鍋とか、おでんとか---。coldsweats01

Posted by: コーディー | Friday, 16 October 2009 at 23:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« メンズだけで来た「とびっこ公園」 | Main | さわやか朝に作るお弁当 »