« 皇帝とカレンダー | Main | 子どもの自然体験 »

Saturday, 01 August 2009

納涼亭のうなぎ

大きなうなぎが天を昇っていくみたいに見える。

056

天竜川の川縁に構える納涼亭。

去年の夏も、一昨年の夏も、この店までうなぎを食べに来た。

夏の蒸し暑い日が続くうちに、すっかり体力が衰えてしまった頃、

「よし!うなぎを食べに行こう!」

と、思い立って食べに来るのである。

059

広い浜松には、そこらへんにうなぎ屋なんて、いくらでもあるが、

お座敷から見渡せる天竜川の眺望に魅せられて以来、

自宅からわざわざ車で1時間走らせて、ここまで食べに来るようになった。

067

小さい子を持つ家庭にとって、外食はとても難解な挑戦のひとつ。

でも、納涼亭なら、事前に予約をしておけば、広々とした個室へ通してくれる。

(電話予約->053-925-2238、 詳しくはホームページをご覧ください

うちの息子ジョーも、広い個室で大暴れ。

勝手に伝票を手にとって、何か注文しようとしているんでは?

081

僕らが食べるのはいつも、うな重(竹)、1,785円。

ジョーにとっては初めてのうなぎ。

ジョー!勝手に松とか注文しようとしてない?

松なら一つの重箱にご飯-うなぎ-ご飯-うなぎの二段重になっているらしい。

084

焼きたてホヤホヤのうなぎがご飯の上で輝いている。

090

さあ、どれどれ!

うまい!

うなぎを口に入れた瞬間、体中に力が漲ってくるような錯覚を覚える。

土用の丑の日に、夏バテ解消のためにうなぎを食べる理由も、なんとなく分かる。

082

そして、きも吸いを、チュルチュル~っとすする。

ここまで来たところで、うなぎを食べる、という一連の儀式が完結するのである。

ああ、もう少し食べてもいいなあ、

と未練を残しつつ、また来年食べに来るのを楽しみにしておく。

095

さあ帰ろうか、という時になって、窓の外を見たら、

雨がザーッと降ってきたので、追加注文をすることに。

ジョーが勝手に頼んだわけではありません。

うなぎのこってり味の後は、アイスクリームが食べたくなるんですよね。

今日はちょっと涼しい8月になってしまったが、それでもうなぎはうまかった。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 梅雨は8月に入っても明けませんが、ブログは今日も更新しました。まいど、お楽しみいただけるよう、がんばりますので、応援のために1クリックお願いします。

|

« 皇帝とカレンダー | Main | 子どもの自然体験 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

厚みもあって、美味しそうなうなぎですね。
たれの染み込んだご飯も美味しそう…。
イヤ、絶対に美味しいはずです!

お座敷から、天竜川も見渡せて景色も良いし
1時間かけて行く価値は充分にありそうですね。

小さいお子さんがいると、広い個室があると本当に有難いですよね。

Posted by: やぎし | Sunday, 02 August 2009 at 07:19

やぎしさん

うなぎの美味しさは否定のしようがありません。今回の記事はグルメ情報の食べログになってしまいましたが、みなさんがこの記事を見て、うなぎを食べて、元気を取り戻して欲しいと思います。

個室で子どもと一緒にうなぎを食べる。子どもにとっては、何が良いのだろう、と思うでしょうが、大人にとって、それは一つの完成された行為なのだろうと思います。

Posted by: コーディー | Sunday, 02 August 2009 at 21:24

小さな子供がいる家庭にとって、個室がある場所は少しくらいうるさくてもそれほど迷惑にもならないので、非常に助かりますよね。

我が家では外食するときは私か妻が一番下の子供の面倒を見ながら食べ、先に食べ終わった方が途中で交代することが多いのですが
ほとんど味わって食べたという気がしません。
それでも1歳過ぎてからはかなり楽にはなりましたが。
たまにはゆっくり食べたいなぁ。
応援ポチしておきます。

Posted by: L | Tuesday, 04 August 2009 at 11:05

Lさん

子どもの面倒を見ながら、交代で食べる。
我が家と同じですね。

最近では、テーブルの上にも乗っかって、お皿をひっくり返そうとするので、防御しながら食べるのに必死ですよ。

納涼亭では、広い部屋で守備範囲が広くなり、部屋の隅から隅まで追いかけっこしながら食べてました。

うちもたまには、Lさんのお庭のような、お花がたくさん咲くイングリッシュガーデンを眺めながら、ゆっくりと食事がしたいものです。

Posted by: コーディー | Tuesday, 04 August 2009 at 20:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 皇帝とカレンダー | Main | 子どもの自然体験 »