« 納涼亭のうなぎ | Main | 身近にある面白い被写体 »

Sunday, 02 August 2009

子どもの自然体験

早朝から体力作りをしている人達が、湖を見ながら走っている。

045 

まだ梅雨が明けない今日この頃。

涼しくて良いが、夏の強い日差しを受けずして、米や野菜は充分に育たないだろう。

047

朝露が葉の先っぽから、今にも落ちそうなぐらいに垂れ下がっているのを見ると、

ああ、夕べも寝ている時は涼しかったが、湿気が多かったなあ、と思う。

052

あれ?こんなところに百合が咲いている。

僕は、花の名前には詳しくないので、なんという百合の花なのかまでは、分からないが、

きっと、この記事を読んだ方の何人かは、

「ああ、○○百合だ」と思うでしょう。

つぼみの膨らんでいる部分を、息子のジョーにも、手で触って見せたところ、

ジョーも最初は恐る恐る手を伸ばしたが、

いざ触ってみると、

キャッキャ!

と、笑って、少し興奮気味だった。

053

でも、百合の花は、

花粉に触れてしまうと、手にくっついて取れなくなるから、要注意です。

044_2

子どもには、そんな自然を見て、聞いて、触って、

五感で自分の住む世界について体得することにより、学んでいって欲しいものですね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 今夜もホッケを食べながらビールは飲みましたが、ブログは更新しました。これからもブログ応援のために、1クリックお願いします。

|

« 納涼亭のうなぎ | Main | 身近にある面白い被写体 »

育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 納涼亭のうなぎ | Main | 身近にある面白い被写体 »