« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

Saturday, 29 August 2009

飯田線の旅

080

ザ 飯田線!

豊橋発、天竜峡行きの電車に乗り込んだ。

074

こんな写真を載せたら、

鉄ちゃん(鉄道ファン)が喜んで、たくさん応援クリックしてくれそうですね。

ポチッ 人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

071

長篠を過ぎてしばらく行くと、

「三河槙原」という駅に10分程停車。

その隙に写真を撮ろうと後ろを振り向くと、

大きな岩肌が山から突き出ている。

088

小刻みに駅に止まるのだが、

単線なので、電車待ちで時々5分か10分程停車してくれる。

その隙に、鉄ちゃん達がいっせいに出てきて、撮影タイムに!

僕は鉄ちゃんではないが、

今日は鉄ちゃんに負けず、一緒になって、

パシャ! パシャ!

089

駅のホームにも、

テッポウユリが咲いている。

こうして電車をバックに撮っても、なかなか良い雰囲気が醸し出される。

090

とうとう水窪まで来てしまった。

浜松市の最北端に位置し、この先すぐに愛知県との県境がある。

ここも浜松市なんだよなあ。

自宅を出てから、もう4~5時間は経ってるのに、

まだ市内から出てないみたいだ。

(途中ずっと愛知県に入ってました)

161

水窪のさらに先へ進むと、秘境の地が続く。

渓谷の合間を縫って飯田線はひたすら北へ進んでいく。

いつか、俳優の関口知宏さんがJR全線20,000kmを走破する、という番組がやっていたのを思い出す。

164

秘境駅、「小和田」(こわだ)の近く。

この駅で降りると、道路がまったくないので、郵便配達員ですら、

一部は電車に乗って配達をする、というほど。

最初は、ここで下車するつもりだったが、

あまりに辺鄙な地なので、思いとどまりました。

101

結局、小和田の3駅ほど先にある「平岡」で下車した。

おきよめの湯、という温泉があると聞いたのだが、

ここからさらに10キロ以上は歩かなくてはならない。

帰りの電車まで限られた時間しかない上に、

暑くてまだ温泉という気分ではなかったので、温泉は断念した。

119

橋の下から撮った風景。

秋になると、紅葉でこの橋が赤く染まってしまうかもしれない。

134

うわあ、トンネルだ。

急に電車が出てきたら怖いなあ。

109

平岡でウォーキングをしていると、

いろんな被写体に出くわした。

カメラを持って秘境の地まで探索にくるのも悪くない。

さあ、帰ろう。

今度は豊橋行きの電車に乗って、帰路へ。

帰りの電車の中では、

途中までは景色を眺めていたが、いつのまにか爆睡してしまった。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 電車旅行はいかがでしたか。ぜひ飯田線に乗ってみてください。

こんな旅行も悪くないなあ、と思った方は、人気ブログランキングへ1クリックお願いします。つまらなかった、という方も、人気ブログランキングへ1クリックお願いします。

| | Comments (4)

Friday, 28 August 2009

イルカのショー

イルカが勢いよく飛び上がり、

ぐい~っと体が三日月形に!

125

その途端、 須磨の水族館全体に響き渡るぐらいの歓声が上がる。

うわあ!

135

観客を魅了したイルカはそのまま水面に、

ドッボ~ン!

水しぶきが バッサ~とかかってくる!

うおお!

また歓声があがる。

137

今度は左から飛び上がってきた。

カメラのファインダーを覗いていても、

いったい、どこからイルカが現れるかわからない。

動きの速い被写体を撮るには、まず相手の動きを読まなければならないようだ。

飛ぶ方向を肉眼で確認し、

こっちだ!と思ったら、

さっとカメラを構え、そのまま何も考えずに、

パシャッ!

134

今度は右だ!

なんか、こうして写真で見ると、水槽の中を泳いでいるようにも見える。

136

こんなにかわいいイルカさんだが、

勢いよく飛び上がるのに圧倒されてしまった。

1歳の息子ジョーと来た、初めての水族館だったが、

イルカが飛び上がるのを見た瞬間、

ジョーは怖がって泣いてしまったので、

お母さんに連れられて、どこかへ避難してしまった。

147

ジョー君、ごめんね。

驚かせてしまったね。

まるでそう言い残して、イルカさんは海へ帰っていってしまったようだ。

097

イルカ以外にも、

こんな、かわいいお魚さんたちもいっぱいいたが、

ジョーはまったく関心を示さず、

周囲をキョロキョロと、よそ見ばかりしていた。

まだ水族館はちょっと早かったか。

人気ブログランキングへ  イルカのショーはいかがでしたか。お楽しみいただけた方は、人気ブログランキングへ 1クリックお願いします。

なあんだ、と思った方も、1クリックお願いします。

| | Comments (4)

Thursday, 27 August 2009

静かな夏の終わり時

Café quente! (ホットコーヒー)

038

透明のグラスを通して眺めていると、

コーヒーがこんなに美しいものだったことに気付いた。

飲んでおいしい、

見ておいしい、

Muito gostoso! (ポルトガル語で「うまい」の意味)

036

夏も終わりに近づくにつれ、暑さも和らいできた。

今日の最高気温は30度を下回るまでになったそうだ。

O verão já acabou? (夏はもう終わりかな?)

涼しさがやってくるとともに、コーヒーのおいしさもぐんと増してくる。

ここ最近は朝10時くらいまで我慢して働き、

一仕事終えたところでコーヒーを淹れることにしている。

不況もようやく底をついたそうだが、

浜松に住むブラジル人はいったいどこへ行ってしまったのだろうか。

最近は本当に少なくなってしまった。

僕の職場も以前のようなブラジルムードの賑わいはない。

033

がら~んとしたなか、静けさだけが残っている。

時々子どもたちが来ては、この公園で野球をして遊んでいるのを見かける。

静岡県の場合、それがサッカーに代わるのだろうが、

関西へ来ると、もっぱら野球の方が人気スポーツとなる。

そろそろ秋だなあ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | Comments (0)

Sunday, 23 August 2009

明石のタコ

大きなタコが、8本のぶっとい足を振り回している!

015

水揚げされたばかりのタコが桶の中で大暴れしている。

突然売り場に連れてこられ、

お客さんの目の前で落ち着きなく動き回っている様子は、

僕の息子ジョーと対して変わりはない。

012

8月20日から4日間、

うちの奥さんの実家、明石まで家族3人で行って来ました。

神戸の西側に位置する明石といえば、

明石海峡大橋、東経135度の子午線、それにタコが名物。

023

明石駅の近くにあるアーケード街「魚の棚」では、

両脇に並べられた桶の中で、大きなタコがたくさん動き回っている。

時には、桶の外にはみ出して、通りの真ん中を歩き回っていることも?

なんていうのは、僕の勝手な想像です。

020

店員さんが威勢良く魚を売りさばいている一方、

「玉子焼き」という看板が目に留まる。

たまごやき?

「明石焼き」として全国に知られている名物だが、

地元名称では、「玉子焼き」で定着している。

15個でだいたい500円くらい。

フカフカのタマゴ焼きの中に、タコが一塊りだけ入っている。

熱々のまま、だし汁につけて食べる。

残念ながら、玉子焼きの写真はありません。

でも、うまかったなあ。

009

お店の前には、こんなタコの姿が---!

今に君らも食べられるんだぞ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 明石から帰ってきて、また明日から現実の生活に引き戻されます。あ~、ブルーマンデー。でも、ブログは更新していきますので、時々見ては、応援クリックをお願いします。

| | Comments (0)

Saturday, 22 August 2009

にんじんの蒸しケーキ

002

にんじんの蒸しケーキ。

レシピ通りに作ると、小松菜を使うところだが、

うちの奥さんのアレンジで、にんじんを使っている。

まだ1歳の息子のための

「はやね はやおき 4回食」

という育児の食習慣に関する本に載っていた。

004

作り方:

  1. 薄力粉とベーキングパウダーをふるっておく
  2. にんじんを洗って水けをふいてざくり切りにし、①タマゴ2個、②砂糖50グラム、③サラダ油大さじ3、ヨーグルト(または牛乳)50cc、と合わせ、ミキサーにかける。
  3. なめらかになったらボールにあけ、レーズンと粉を加えて混ぜ、油をぬった型に流し込む。
  4. 蒸し器に入れて15分~17分蒸す。

(『はやね はやおき 四回食』 婦人之友社 より)

 003

バターを使ってないので、とてもヘルシーなおやつ。

息子のジョーにも食べさせられるので、

親子でおやつの時間が楽しめます。

11時のイレブンシス、3時のおやつの時間にいかがですか。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ コーディーはまだ明石に行ってます。ブログだけがお留守番をしているところですので、毎日一回ずつ、ポチっと応援クリックをしてください。 

| | Comments (0)

Friday, 21 August 2009

ふじえだ清里

070

まだ青いカリンの実がなっている。

わざと被写体の前に障害物をおいて、前ボケして撮ってみる。

望遠レンズで撮影する場合は、

近くのものでもズームいっぱいまで伸ばし、

ピントがあう部分以外は全てボカす。

まだカメラに関しては半年足らずの素人ですが、

こんな撮り方も、だんだんできるようになってきました。

011

一方、広角レンズを使って、視界(画角)を広げると、

目の前に広がる美しい世界が、いっそう美しく見える。

僕の両親がこの写真を見たら、

あ!ここは!

と気付くだろうか。

実はこの写真、

僕の実家、藤枝にある新しい住宅地、清里です。

006

静岡まで通勤する人が、静かな落ち着いた場所で暮らしたい、

と、町の中心部を離れ、

この住宅地に家を買って住んでいる人が多いそうだ。

国道1号線バイパスが側を通っているので、静岡まで車でわずか20分程度の便利な場所にある。

イギリスのロンドンで働くビジネスマンが、

電車で1時間程離れた郊外に家を買って、

週末はのんびりとアフタヌーンティーとガーデニングでも楽しんでいるのと同じ価値観の持ち主達が、こんな住宅地に集まってくるのだろう。

クオリティ オブ ライフ ですね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 現在明石の奥さんの実家にいるはずなのに、僕自身の実家、藤枝の写真でブログを書いてしまいました。

以前に撮った写真ですが、パソコンにしまってありました。せっかくですので、お楽しみください。 

そして、最後に応援クリック、よろしくお願いします。

1日一回ずつポチ、ですよ。

| | Comments (0)

Wednesday, 19 August 2009

湖の上に浮かぶ豪華客船?

040

静かな夏の夜空の下

レストランから漏れてくる明かりが水面に反射し

逆さまの世界を作り出している

042

もっと接近してみると、まるで豪華客船が手前を横切ったようだ。

お~い!

そう声をかけると、デッキの上から客が手を振ってくれるのではないか。

そのあいだ、アコーディオンにあわせて踊って歌って

長い船旅を楽しんでいる様子が目に浮かぶ。

僕も明日からは夏休みをいただいたので、

日曜日までは うちの奥さんの実家、明石まで行ってくることになりました。

出発の前日夜から、もう旅行気分です。

056

でも、ぎりぎりまで荷造りしているのはしんどいものです。

あれも必要、これも必要、

と何もかも詰め込んだ結果、

やっぱり重くなるから、これはやめよう、

と整理縮小するんです。

だから、最初から必要最小限のものしかバッグに入れない。

これが荷造りの基本かもしれませんね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 留守の間も、ブログ応援のために、1日一回ずつクリックお願いしますね。そうすれば、ジョーの機嫌もよくなります。 

| | Comments (0)

Tuesday, 18 August 2009

はめこのおもちゃ

030

赤色は、それより少し大きい橙色の入れ物の中に

橙色は、それよりもう少し大きい黄色の入れ物の中に

黄色は、さらにもう少し大きい緑色の入れ物の中に

緑色は、もっと大きい青色の入れ物の中に入る

032

大きいものは、それよりも少し小さいものの受け皿となり、

少し小さいものは、さらにもう少し小さいものの受け皿となっている。

決して大きいものが強いというわけではない。

大きいものは小さいものを支え、

小さいものは大きいものの不足を補う。

相互に補完しあう関係になっている。

038

順番に並べると、きれいに秩序が成り立っていることに気付く。

広島にあるおもちゃやさん「メルヒェン」に電話注文したところ、

翌日に届いて、うわあビックリ。

今の時代、何でも速いんだなあ。

もっと遅くてもいいぐらいだけどね。

さっそく息子のジョーにあげたところ、

トン トン と木の音を鳴らしながら夢中で遊んでいる。

木の素材でできたおもちゃは刺激が少ない上に、

舐めたりしても害がない。

ドイツ製のおもちゃなんだって。

へえ~、ジョーはドイツのおもちゃで遊んでるのかぁ。

すごいなあ。

027

ドイツでは、おもちゃの基準が日本よりも厳しく、

安全性の高い塗料が使われているそうだ。

だから、子どもが舐めたりしても安心なんだそうだ。

ドイツというと、高級感が漂うが、

子どものおもちゃとしては、ドイツ製が安心なんだね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 暑いなか、ブログ更新がんばってます。応援クリックを毎日ポチっとしていただけると、ジョーは機嫌良く遊んでくれます。

| | Comments (2)

Sunday, 16 August 2009

美しい夏の世界

木の葉いっぱいに太陽の光を浴びている様子から

夏の温度が伝わってくる。

003

ふと上を向くと、眩しい光が葉と葉の隙間から漏れてきて眩しい。

暑いはずなのに、こうして葉っぱを通してみると

心地良いくらいに温かく感じられる。

002

夏も終わりに近づいているが、柿の実は見事にまだ青い。

こんなに青いところを見ると、

あ~、まだ秋は遠いな、と思ってしまう。

008

でも、竹林の中に入ってみると、少しひんやりとしていて、

涼しさが感じられる。

011

僕が住む町にも、こんな美しいところがあったんだ。

オリンパスのマイクロ一眼レフ、ペンの広告に面白いセリフが書かれてあった。

「私の世界は、わるくないぞ。」

カメラで撮った自分の世界を見て、なんとなくそう感じさせる。

034

これまで男性や上級者、というイメージがあった一眼レフ。

でも、今はブログの普及と共に、

女性に照準をあわせた、手頃で使いやすい一眼レフが発売されている。

カメラを通して見る世界が、より多くの人にとって身近な存在となっていくのでしょうね。

僕自身、カメラを手にしたことで、身近な世界にある美しさに気付かされました。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ブログとカメラの生活。

それは、僕に新しい価値観を与えてくれました。

これからも、ブログ更新がんばりますので、応援クリックをお願いします。

| | Comments (0)

Saturday, 15 August 2009

今を大切に生きること

静かな湖の水面に、波紋が広がっている。

夜が明けてまもない早朝。

周辺に住む人達は、健康作りのために、ここへやってきては、

ジョギングやウォーキングをしながら湖を眺めている。

008

僕も健康作りを、と言いたいところだが、夏の暑さに湿気もあるため、

カメラを持って散策するだけ。

023

いつもと変わらない湖だが、ちょっと変わった生き物と出会うことだってある。

あれ~?

よく見ると、これ、トンボじゃないか!

255㎜のズームを最大にして、ピントを合わせたとき、

初めて目の前にいる生き物がトンボだと気付いた。

左側にいる2匹は、よく分からない格好をしている。

020

朝露はまだ、草の葉の先端に残っている。

今年の夏も暑さが少し和らいだようだが、それでも夜は湿気が残る。

お盆も終盤を迎え、ツクツクボウシとヒグラシが鳴き始めた今、

佐鳴湖に住む生き物たちも、そろそろ秋を迎える準備にとりかかっている頃だろう。

028

君はまだ---、

「準備?そんなもん、何もしてないよ。」

明日のことは明日考えれば良い。

先のことを思い煩ってはならない、ということか。

時にはネコの生き方が参考になることだってあるんですよね。

今が大事と思い、今を大切に生きるということ。

これ、案外大事なのかもしれませんね。

昼寝中のネコを見て、思わず考えさせられてしまいました。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ネコの考え方に共感された方は、応援クリックをポチっとお願いします。常に先を読んで行動される方も、応援クリックしていただけると、ありがたいです。

| | Comments (0)

Friday, 14 August 2009

子どもに愛される果物

子どもに喜ばれるフルーツって、何だろう。

そんなことを考えながら、スーパーで買ってきたぶどう、デラウェア。

033

お皿の上で光っている紫色の果物を見ながら、

幼少の頃、

僕自身よく好きで皮までいっしょに食べてしまっていたことを思い出した。

031

暑い夏は、よく冷やしたぶどうを水洗いし、みんなで囲んで一粒ずつ食べるのが楽しいのである。

歩き始めたばかりのジョーが近寄ってきたので、

そっと口まで運んであげると、パクッと喜んで食べてくれた。

おいしかったのか、二口目も三口目も飛びつくように食べ、しまいには自分の手で掴んで食べ始めた。

当然ジョーはまだ皮から実を出して食べる、という考えはない。

一皮だけは口から出てきたが、後はゴックンしてしまったのだろう。

まあ、でも喜んで食べてくれる姿を見れただけでも、親としてはかなり満足。

子どもにはしっかりと栄養のあるものを食べてもらいたいところだが、

なにしろ食べむらがあるので、毎回食事の度に苦労する。

034

ジョー、それはコーヒーカップのフタだよ。

食べられないよ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 今日も暑いなか、僕のブログを愛読くださり、ありがとうございます。この記事を読んで、ぶどうが食べたくなった方は、1クリックお願いします。もともとぶどうが好きでない、という方も、1クリックお願いします。

| | Comments (0)

Thursday, 13 August 2009

梅の土用干し

強い日差しに照らされ、火照って 頬が赤らんでいる。

たくさんある梅の中の唯そのひとつに、僕は着眼した。

じっと見つめていると、こっちまでなんだか恥ずかしくなってくる。

007

晴れの日が少ない今年の夏は、いつになったら梅が干せるのか、と思っていた。

3日間はカンカン照りの日差しの下で、土用干しをしなければならない。

台風が過ぎ去り、晴れ間が覗いた瞬間、

今こそは!と思い、

長い間漬けていた梅をベランダに並べてみた。

018

狭いベランダだが、エアコンの室外機の上が、ちょうど日光が当たりやすくなっている。

こんなところに梅を干してるところを電気やさんに見られたら、

目的外使用をしているな、と苦笑いされそうだ。

だが、ここが一番暑くてちょうど良い。

012

明日まで干したら、いよいよ炊きたてのご飯の上にのせて、

ショッパい梅干しが食べられる。

そして、僕の作るお弁当の中身も茶色と白だけでなく、

赤色が加わって、少し華やかになる。

ここまで読むと、

え?コーディーさんは料理するの?

そんな質問がたくさん出ても無理はないだろう。

僕がブログで紹介するのは、いつも決まってうちの奥さんの料理だからだ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 梅の土用干し、いかがでしたか?思わず梅干しが食べたくなったでしょう。この記事を読んだついでにポチっと応援クリックして、ぜひ梅干しを食べてみてください。

| | Comments (0)

Tuesday, 11 August 2009

地震が起きた朝

大きな揺れを感じ、

台風か?竜巻か?と思いながら目を覚ました。

まだ、薄暗い早朝5時7分頃。

横に寝ていた、うちの奥さんと、

ついに来たか!

うん、来たね!

と言いながら、部屋の壁や天井がミシミシ音を鳴らしながら揺れる様子に目を見張った。

ふと横を見ると、まだ1歳の息子ジョーが、スヤスヤと眠っている。

ジョーを守らないと!

そう言いながらジョーを抱きかかえ、

そのまま無意識のうちに授乳を始めてしまったうちの奥さん。

強い揺れを感じつつも授乳とは、さすがはお母さんだね。

037

部屋の壁に吊り下げてある羊毛フェルトのぼんぼり。

明かりに照らされてできた影の部分にピントをあわせて撮ってみた。

静岡県は今朝、震度6弱の地震が発生した。

東名高速の上り線、牧ノ原サービスエリアより少し東京側で路肩崩落。

こりゃあ、お盆の帰省ラッシュに影響を与えること、間違いなし。

いろんなニュースが朝から飛び交っていたが、一日経った今頃は、もう落ち着いただろうか。

思わず東海大地震がついにやってきたかと思ったが、地震の揺れの程度から、どうもちょっと違ったようだ。

テレビをつけてみると、静岡県の新しい県知事さんが、さっそく

「県民のみなさん、落ち着いてください」 

と、呼びかけている。

県知事としての、最初の大仕事だね。

辺りも落ち着いている様子だったし、結局今日はいつも通り出勤し、いつもと変わらない一日が過ぎた。

043

昨日の朝食べたベーグル。

うちの奥さんが夜のうちにオーブンで焼いてくれた。

なんだかニューヨークの朝を迎えた気分になる。

真ん中を側面に沿って半分に切り、ブルーベリージャムをたっぷりつけて食べる。

コーヒーは少し手を抜いて、ブルックスのロイヤルブレンドにお湯を注ぐだけ。

まだ眠たい目を擦らせながら朝食をすませ、いつも通り出勤する。

こうして普段通りに朝食をすませ、いつもと変わらない一日が過ごせることに感謝しなければならない。

大きな地震を経験した今、そんなことを考えさせられた。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 幸いながら、我が家は地震による被害はありませんでした。これからもブログ更新がんばりますので、応援クリックを今日もよろしくお願いします。

| | Comments (0)

Saturday, 08 August 2009

夏の夜空に輝くもの

蚊取線香の煙を見ると、なんとなく夏らしさを感じる。

006

蚊に刺されることと、夏の蒸し暑さは心地よいものではないが、

それでも、夏の風情を感じさせる要素であることは間違いない。

019_2

今年の梅雨明けは非常に遅かったが、この青空を見ると、

あ~、無事に梅雨は明けたんだあ、と安堵感を覚える。

088

1歳1ヶ月の我が息子ジョーも、今までハイハイとつかまり立ちで、部屋中を動き回っていたが、ついに今日---、

100

2本足で歩き出した!

昨日までは、自分でも気付かないうちに両手離しでそのまま立っていることもあった。

でも、ついに自分がどこにもつかまらないで、立って歩けることに気付いたのだろう。

いったん歩き出すと、どんどん歩き出す。

111

ペットボトル持って、なに待ちかまえてるの?

まるでバッターボックスに立っているみたいだ。

ボールを打った瞬間、

どんどん走り出し、

1塁、2塁、3塁をまわり、ついにホームベースへ!

すごい!

ランニング・ホームランだあ!

249

バン、バン、バ~ン!!

ジョーが歩けるようになったのをお祝いしてくれるかのごとく、

今夜は、佐鳴湖で花火があがった。

166

た~まや~♪

167

大玉の花火が佐鳴湖西岸の時計台付近から上がっていく。

中央から一気に散っていく花もあれば、

230

ゆっくりと、ヒュルヒュルヒュル~っと散っていく花もある。

カメラのシャッタースピードを変えるごとに、写り方も変化していく。

221

躍動感あふれる花火が、どんどん姿形を変えていく。

ファインダーを通して見る花火の姿を今はブログを通して読者のみなさんと共有していることになりますね。

191 

あれ~?

こちらの花火は?

ずいぶん、落ち着いた、線香花火のような---、

いやいや、これはお月さんでした。

他のみんなが、花火の優美さに夢中になっている間、

ふと横を見ると、佐鳴湖岸の山の上から静かに月が顔を出していたのです。

あんまり湖が賑やかなので、お月さんが目を覚まして、起きてきたのだろう。

子どもが安心して眠るために、静かに夏の夜空に浮かぶ月。

今日はジョーが歩いたんだよお!

月の住人も今日ジョーが歩いたところを見てくれてたかな。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ 今日、8月8日は我が息子の成長において、記念すべき日となりました。このブログを読んだついでに、1クリックしていただけると、ジョーは喜んでもっと歩くでしょう。

| | Comments (2)

Tuesday, 04 August 2009

身近にある面白い被写体

じゅうたんの上に転がっているボール。

中に閉じこめられたネコちゃんは、

ボールの回転と共に前転と後転を繰り返さなければならない。

012

これは、1歳の息子ジョーが時々転がして遊んでいるおもちゃです。

もっぱら、最近は遊びのバラエティーも増え、

ただ物を手にとって振り回すだけでなく、引き出しや箱の中に入れたり出したりするのを繰り返すようになった。

ソファーや本棚の後ろにも、積み木やらシャンプーの試供品やらが隠されているのを発見することだってある。

これだけ読めば、うちの中が今、どれだけすごいことになっているのかがお分かりでしょう。

006

そんな状況でも、

絵になる面白い被写体を発見しつつ、写真に撮ってみました。

いつの頃からか、うちにずっと住んでいるネコ。

尻尾がピ~ンとまっすぐに立っていて滑稽なので、

ハワイから帰ってきた姉がお土産に買ってきてくれたのだ、と記憶している。

普段は放っておかれているが、こうして写真に撮ってみると、意外にも面白い被写体に様変わりした。

最近読んだ、「いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術」(斎藤清貴 写真と文)という本に、

「目線を変えれば、面白い被写体は向こうからやってくる」ということが書かれていました。

あたりを見回してみると、なるほど、身の周りには特別なモノであふれている。

一見ありふれたモノでも、視線を切り替えてみれば、とたんに輝きを放ちはじめる、というんです。

これを読んだ瞬間、僕のカメラと向き合う姿勢が変わった。

011

今夜の夕飯に食べた、豚の角煮。

週末にビッグ富士で約900グラム500円弱という、べらぼうに安い値段で買ってきた豚バラのかたまり肉。

これを圧力鍋で短時間で柔らかく煮込んでくれた。

うちの奥さんの得意料理のひとつです。

ひとくち口にいれた瞬間、ホロッととろける。

旨かったぁ!

だが、この写真も、料理のレシピに載せるなら不合格だろう。

お皿まで入った全体像の分かる写真ではないからだ。

でも、肉汁がたっぷりつまった、こってり感のあふれる部分を撮りたい、と思ったら、

その部分だけが分かる、アップの写真の方が、より分かりやすくて、写真としては面白い。

観光地や、高級料理の食べられる料亭に行かなくても、普段の身近な生活の中に、こうして美しい被写体はたくさん目の前に姿を現す。

ただ、それに気付くかどうかは、被写体と向き合う僕のハート次第、ということになるのだろう。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ついに東海地方は梅雨が明け、室温33度という猛暑になりましたが、がんばってブログを更新しました。暑い中でもがんばりますので、応援のために、ポチっと1クリックお願いします。

| | Comments (0)

Sunday, 02 August 2009

子どもの自然体験

早朝から体力作りをしている人達が、湖を見ながら走っている。

045 

まだ梅雨が明けない今日この頃。

涼しくて良いが、夏の強い日差しを受けずして、米や野菜は充分に育たないだろう。

047

朝露が葉の先っぽから、今にも落ちそうなぐらいに垂れ下がっているのを見ると、

ああ、夕べも寝ている時は涼しかったが、湿気が多かったなあ、と思う。

052

あれ?こんなところに百合が咲いている。

僕は、花の名前には詳しくないので、なんという百合の花なのかまでは、分からないが、

きっと、この記事を読んだ方の何人かは、

「ああ、○○百合だ」と思うでしょう。

つぼみの膨らんでいる部分を、息子のジョーにも、手で触って見せたところ、

ジョーも最初は恐る恐る手を伸ばしたが、

いざ触ってみると、

キャッキャ!

と、笑って、少し興奮気味だった。

053

でも、百合の花は、

花粉に触れてしまうと、手にくっついて取れなくなるから、要注意です。

044_2

子どもには、そんな自然を見て、聞いて、触って、

五感で自分の住む世界について体得することにより、学んでいって欲しいものですね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 今夜もホッケを食べながらビールは飲みましたが、ブログは更新しました。これからもブログ応援のために、1クリックお願いします。

| | Comments (0)

Saturday, 01 August 2009

納涼亭のうなぎ

大きなうなぎが天を昇っていくみたいに見える。

056

天竜川の川縁に構える納涼亭。

去年の夏も、一昨年の夏も、この店までうなぎを食べに来た。

夏の蒸し暑い日が続くうちに、すっかり体力が衰えてしまった頃、

「よし!うなぎを食べに行こう!」

と、思い立って食べに来るのである。

059

広い浜松には、そこらへんにうなぎ屋なんて、いくらでもあるが、

お座敷から見渡せる天竜川の眺望に魅せられて以来、

自宅からわざわざ車で1時間走らせて、ここまで食べに来るようになった。

067

小さい子を持つ家庭にとって、外食はとても難解な挑戦のひとつ。

でも、納涼亭なら、事前に予約をしておけば、広々とした個室へ通してくれる。

(電話予約->053-925-2238、 詳しくはホームページをご覧ください

うちの息子ジョーも、広い個室で大暴れ。

勝手に伝票を手にとって、何か注文しようとしているんでは?

081

僕らが食べるのはいつも、うな重(竹)、1,785円。

ジョーにとっては初めてのうなぎ。

ジョー!勝手に松とか注文しようとしてない?

松なら一つの重箱にご飯-うなぎ-ご飯-うなぎの二段重になっているらしい。

084

焼きたてホヤホヤのうなぎがご飯の上で輝いている。

090

さあ、どれどれ!

うまい!

うなぎを口に入れた瞬間、体中に力が漲ってくるような錯覚を覚える。

土用の丑の日に、夏バテ解消のためにうなぎを食べる理由も、なんとなく分かる。

082

そして、きも吸いを、チュルチュル~っとすする。

ここまで来たところで、うなぎを食べる、という一連の儀式が完結するのである。

ああ、もう少し食べてもいいなあ、

と未練を残しつつ、また来年食べに来るのを楽しみにしておく。

095

さあ帰ろうか、という時になって、窓の外を見たら、

雨がザーッと降ってきたので、追加注文をすることに。

ジョーが勝手に頼んだわけではありません。

うなぎのこってり味の後は、アイスクリームが食べたくなるんですよね。

今日はちょっと涼しい8月になってしまったが、それでもうなぎはうまかった。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 梅雨は8月に入っても明けませんが、ブログは今日も更新しました。まいど、お楽しみいただけるよう、がんばりますので、応援のために1クリックお願いします。

| | Comments (4)

« July 2009 | Main | September 2009 »