« le comte (欧風料理 ル コンテ) | Main | 河原でバーベキュー&川遊び初体験 »

Monday, 20 July 2009

二つ池に咲く蓮の花

中央に黄金のグラスを乗せた蓮の花。

012

藤枝の二つ池に大きな蓮の花が咲いていた。

大きな池が二つ並でいることから、二つ池と呼ばれている。

僕の実家から車で5分程の場所である。

020

確かにきれいな蓮だが、僕が撮影に来る1時間前に、

僕の父が既にここで蓮の花を撮っていた。

さあ、どっちが良い写真を撮れるか!

と親子対決になってしまったが、

父は、花の写真を何年も撮り続けてきたベテランのカメラマン。

わずか半年しか経験のない僕が、まともに戦ってかなう相手ではない。

022

ここで、ちょっと細工を、

と思い、ソフトフィルターを付けて撮ってみた。

輪郭が柔らかくなり、細かい線が消えるために、

被写体に多少の汚れがあっても目立たなくなるのがポイントだ。

026

こちらはまだ開ききっていない。

花の中には何が入っているのだろうか。

見る側に想像の余地を残してくれている。

029

あれ?

木の向こう側に、白く輝くお皿のように咲いている!

でも、ちょっと遠すぎるなあ。

父の持っている望遠レンズは300ミリまで。

僕の望遠レンズは250ミリまで。

きっと、父は、あの蓮でも、アップで撮れているんだろうなあ。

ここまで書いたところで、ちょっと父のブログを拝見。

うわあ!やっぱり!

経験と力の差がここでハッキリ出た!

065

葉っぱの陰に隠れて、一輪だけ恥ずかしそうにこちらを覗いている。

でも、蕾の盾が丸見えだよ。

やっぱり僕には、僕のやり方で撮るのが良策だ。

小国が大国に対抗するためには、

相手に有利なフィールドでは戦わず、

わざとこちらに有利なフィールドに敵を誘い込むものだ。

上杉軍の直江兼続が織田軍に四方八方から囲まれた時も、その戦法で敵を追い払っていった。

017 031

池全体がこのような静けさを帯びた二つ池。

蓮が咲いていない時期でも、きっと何かを見つけることでしょう。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ まだまだ湿気の多い時期は続きます。今日も僕の記事を読んだついでに1クリックしていただけると幸いです。

|

« le comte (欧風料理 ル コンテ) | Main | 河原でバーベキュー&川遊び初体験 »

花の写真」カテゴリの記事

Comments

今晩は。
蓮の花の淡い色合いが良いですね。
日曜は近くの寺で蓮の花のお祭りがあったそうです。ここでは、池ではなくスイレン鉢にいろいろな種類を植えてあります。
生憎、私は行けなかったのですが、知人のブログに載っていました。http://blog.goo.ne.jp/wayaneko/e/e46d59056c8c6d09f9426419b5989546
私も、もっと良い望遠が欲しい・・現在は、Canonのアナログカメラ用をデジカメに使っています。古いので手ぶれ防止もないし・・。

Posted by: やまぶどう | Monday, 20 July 2009 at 23:31

びっくりしました!
ガーデニングのビッグブロガーと
コーディさんが親子だなんて。
写真対決はさておき…
コーディさんがこのブログで醸し出す
穏やかでどこかファンタスティックな雰囲気、
他のでは感じることはないものです。
いつもリフレッシュしてますよ~。

Posted by: ゆきした | Tuesday, 21 July 2009 at 10:30

やまぶどうさん

知人のブログ「世捨猫のマンドク生活」、
さっそく訪問させていただきました。
富士市で、蓮祭りなんていう催し物があったのですね。
そんなことを知っていたら、浜松からでも飛んで来てたかもしれません。

カメラには、レンズと本体の組み合わせでいろんな撮り方ができるようですね。でも、やっぱり使い慣れたマイカメラで、自分のハートを思いっきりぶつけられたら、それが一番良い写真になるのかもしれませんね。

Posted by: コーディー | Tuesday, 21 July 2009 at 22:03

ゆきしたさん

そんなに驚かないでください。
父がガーデニングのビッグブロガーだなんて!

父のブログのアクセス数に比べたら、まだ僕のは蛍の光のようなものです。けど、少ない読者でも僕のブログから何かを感じ取っていただけたら、それだけでもすごく嬉しいものですね。

応援ありがとうございます。ゆきしたさんのブログ「イングリッシュガーデンへの道」にも、また時々訪問させていただきますね。

Posted by: コーディー | Tuesday, 21 July 2009 at 22:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« le comte (欧風料理 ル コンテ) | Main | 河原でバーベキュー&川遊び初体験 »