« 元気が出るカレーの秘訣 | Main | ホスピタリティの精神 »

Thursday, 02 July 2009

人の生きる道

勢いよく流れ落ちる滝の水。

032

シャッタースピードよりも速く流れ落ちる滝は、長くて太い線のように写る。

たった一秒間で、滝はいったい何メートル落ちるのだろうか。

秋になると赤く染まるモミジも、今はまだ青い。

038

そして山の水は、重力に従って岩と岩の合間をぬって流れていく。

どんなにゴロゴロした場所でも、道あらば、どこまででも流れていく。

問題は、通りにくいか、通りやすいかではない。

通る道があるか、ないかである。

人は、通りやすい方を選ぼうとし、大事な問題を先送りにしてしまいがちであるが、山水はただ、重力の法則を頼りにどこまででも進み、行き着く場所へ到達するのである。

040

さあ、ここはどこでしょう。

向こう側に橋がうっすらと見える。

浜松城公園を散歩していると、こんな花鳥風月に出くわした。

浜松城といえば、今年の大河ドラマでもよく出てくる徳川家康の居城であった。

今回の大河ドラマでは、ちょっぴり悪役っぽく、ブラックのイメージを演出している徳川家康。

でも、きっと、こんな庭園でのんびりと過ごしながら、じ~っと自分のチャンスが来るまで辛抱強く待ち続けていたのではないか。

そして、この浜松から世の中の動きを冷静に見極めていった結果、最後には自分の花を咲かせたのである。

050

人の生きる社会には、押すところと引くところ、その両方のタイミングを巧みに組み合わせることで、うまく帳尻があうような仕組みがある。

そして、自分のカードを切る出番を一歩間違えると、取り返しのつかないことになるが、同じチャンスは2度も3度もやってくるものではない。

だが、何も心配しなくても、自分に相応しい場所に、人は自ずと行き着くようになっている。

ただ、その時がいつやってくるかが分からないのである。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ  今日も記事を読んで何かを感じた方は、1クリックお願いします。

|

« 元気が出るカレーの秘訣 | Main | ホスピタリティの精神 »

風景写真」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 元気が出るカレーの秘訣 | Main | ホスピタリティの精神 »