« 清流の町、郡上八幡 | Main | 下呂温泉 合掌村 »

Monday, 22 June 2009

郡上八幡から下呂温泉へ

山上に高くそびえる郡上八幡城。

084

戦国時代末期に織田信長の家臣、遠藤盛数によって築城された郡上八幡城は、吉田川と小駄良川に挟まれた八幡山の上に建っている。

087

ちょうど二つの川が天然のお堀の役を果たしている、というわけだ。

山の上からの眺めもよい。

なるほど、守りやすい場所に建っているわけだ。

079

大河ドラマ「功名が辻」の主人公、

山内一豊の妻、千代は、

この郡上八幡城の初代城主、遠藤盛数の娘として生まれた、と伝えられている。

(近江国の若宮喜助の娘という説もある)

059

千代といえば、「内助の功」で知られている。

夫が戦に行くのに乗る馬が買えなくて困っている時に、嫁入りの時に持参した支度金で、名馬を買ってあげたのである。

058

山内一豊は、そんな素晴らしい奥さんに恵まれた幸せ者だったわけですね。

僕も、そういう意味では、

一豊さんに負けないぐらいの幸せ者だと思ってます。

095

郡上八幡を堪能した後は、下呂温泉へ。

郡上八幡から車でだいたい1時間半ぐらい東へ行ったところに下呂温泉がある。

観光旅行を満喫した後は、温泉にゆっくり浸かって休むのがいいですね。

102

泊まったお宿は山形屋。

たっぷり湯に浸かった後のお料理は、

さてさて、どんなだろう。

099

お~!

1歳になったばかりの息子ジョーの誕生祝いに来たのだが、

ジョーにも食べられそうなおかずはあるかな。

あれ?

ジョーは向こう側の席に座って、レトルト食品でも?

104

よく冷えたジョッキにつがれた生ビール。

湯上がりのこの一杯がなんとも言えない、最高の瞬間!

あ~、来て良かった!

昼間の観光とお風呂は、

このたった一杯のビールをおいしく飲むための、前座に過ぎないのです。

111

下呂の温泉街の夜景は、燃えるように美しく輝いている。

食事のあと、部屋へ戻ってきたときには、

もう既に布団が敷いてあったので、

そのままコンコロコ~ンと寝てしまった。

ジョーとどっちが早く寝たであろうか。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ まだ下呂温泉の旅は続きます。朝までぐっすり寝たあとは、下呂の合掌村を観光して帰りました。これからもブログ更新がんばりますので、応援のために1クリックお願いします。

|

« 清流の町、郡上八幡 | Main | 下呂温泉 合掌村 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 清流の町、郡上八幡 | Main | 下呂温泉 合掌村 »