« 佐鳴湖西岸に住む生き物 | Main | 梅酒と梅シロップ »

Tuesday, 02 June 2009

初夏の生き物

001

外の様子が気になって、キョロキョロ眺め回しているカメさん。

ちょっと黄昏れてるようにも見える。

カメのくせに、ロマンチックだなあ。

もう一発撮ろうとしたとたん、

スッと、岩陰に隠れてしまった。

041

川面に反射する昼下がりの日光。

眩しくてとても凝視することはできない。

6月に入り、だんだん暑くなってくると、

川や湖の周辺に住む生き物の活動が活発になってくるのだろうか。

川の方を見るたびに、

チャッポン!

と、魚が飛び跳ね、

岩の上ではカメさんが青春している。

023

日陰の湿地帯に入ると、きれいな花が咲いている。

でも、僕は花の名前をよく知らない。

インターネット上でも野の花の図鑑はたくさんある。

あった、あった、これに間違いない。

「どくだみ」だ!

どくだみ茶のどくだみのことだ。

花弁の真ん中に生わさびのすりおろしみたいなのがついている。

若い芽はテンプラで食べるそうだ。

なんでもテンプラにしてしまうんだなあ。

実家の父がたんぽぽをテンプラにしてしまった時には驚いたもんだが。

どくだみは動脈硬化予防に良いらしい。

外用薬としては湿疹、かぶれ、腫れ物にも効くみたいだ。

036

こちらは、むらさきかたばみ。

これも野の花の図鑑にのっていた。

よく分からないけど、南アメリカの帰化植物なんですね。

一面にはびこって咲くときれいなんだそうだが、

一輪だけ咲いているのも、可愛くて良い。

僕は、往々にして賑やかなのよりも、かえって一輪だけの方が、可愛げがあって好きだ。

一輪でも、自分なりに一生懸命に存在感をアピールしているのが伝わってくる。

健気だなあ。

じっと見ていると、なんとなく優しい気持ちになれる気がする。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 生き物や植物を見て、どんなことを感じましたか。これからもブログ更新していきますので、応援よろしくお願いします。

|

« 佐鳴湖西岸に住む生き物 | Main | 梅酒と梅シロップ »

風景写真」カテゴリの記事

Comments

お早うございます。
亀を見るとのどかな気分になりますね。こちらの方では、スッポンの棲息しているところがあるそうで、会社の人が小さなスッポンを捕まえてきましたよ。まん丸でとても可愛かったです。元のところに戻してやって欲しいのですが・・。
ドクダミの花は、普通花弁が4枚ですね。でも、よく観察してみると5枚以上のものも見つかります。

Posted by: やまぶどう | Thursday, 04 June 2009 at 08:17

やまぶどうさん

スッポンを会社に持ってこられたとなると、周りの人は驚きでしょう。どんな新人さんが来たかと思えば、スッポンですかあ---Σ( ̄ロ ̄lll)

やまぶどうさんはお花のことに詳しいんですね。僕なんか、どの花の花弁が4枚あるのかさえ分からないのに。

でも、一枚花弁が多いのがあるのって、四つ葉のクローバーみたいです。

Posted by: コーディー | Thursday, 04 June 2009 at 20:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 佐鳴湖西岸に住む生き物 | Main | 梅酒と梅シロップ »