« こどもの絵本 | Main | ブラジル料理 Farofa (ファロッファ) »

Friday, 22 May 2009

ブラジル料理に挑戦!

浜松に住んでいても---、

ブラジル料理を普段から作る人は、おそらく少ないだろう。

でも、ブラジル料理って、意外と日本人の口にあうのではないだろうか。

ブラジル料理、TUTU DE FEIJAO (トゥトゥ デ フェイジョン) と FAROFA (ファロッファ) に挑戦してみた。

005

浜松駅の近くにあるブラジル食料品店、セルヴィツーで買ってきたお肉。

  • TOUCINHO(トウシーニョ):皮付きの豚の脂身
  • ベーコン(ブラジルのベーコンなのでかなり厚い)
  • CHARQUE (シャルケ):乾燥牛肉(塩漬けしてある)。

ブラジルは肉類が豊富なためか、ブラジル料理は肉がふんだんに使われる。

022

  • ファリーニャ デ マンジオッカ(キャッサバの粉)
  • ファリーニャ デ ミーリョ アマレーラ(トウモロコシの粉)

これだけ買ってきて、何作るの?!

て感じです。

ブラジル人の友人から教えてもらったレシピの原文。

tutu de feijao: corte o toucinho,e frite nao precisa colocar oleo na panela porque o toucinho solta bastante frite bem e dps joga fora um pouco do oleo, dps que virou torresmo coloque o bacon cortado---

解読している間に眠くなってしまい、

料理をしているつもりが、いつのまにか夢の中へ。

しきりなおして、翌日にトゥトゥ デ フェイジョンを作ってみた。

042

まずは、TOUCINHO(トウシーニョ)を細かく、薄切りにする。

050

油をひかずに、カリカリになるまで炒める。

脂身なので、たくさん油が出てきた。

余分な油は捨てておく。

044

次にベーコンを加える。

041

そして、タマネギとニンニクを追加。

一緒に映ってるイタリアンパセリ(SALSA)は最後までとっておく。

051

タマネギが黄金色になるくらいまで、しっかり炒める。

ベーコンもカリカリになるくらいの方がおいしいと思う。

052

ここで、うちの奥さんが前日のうちに作ってくれていたフェイジョンを投入。

泡がプクプクたち始めたら、塩と調味料をお好みで加える。

069

さらにオレガノを!

僕が名前を聞いても、さっぱりよくわからない香辛料。

そして、ファリーニャ デ ミーリョ(とうもろこしの粉)を少しずつ加えて溶かしていく。

火を止めたらイタリアンパセリとオリーブ油を足して、完成!

063

ジャーン!

う~ん、なかなかうまい!

032

こちらはフェイジョン。

前日のうちに奥さんが作っておいてくれた。

そして、今夜の我が家のディナーに!

024

コッシーニャ。

ブラジルのコロッケみたいな料理。

これも奥さんの作品です。

往々にして、ブラジル料理もうちの奥さんの方がはまっており、作るのも上手い。

019

FAROFA(ファロッファ)弁当。

フェイジョンやトウモロコシの粉の代わりに

マンジオッカ(キャッサバ)の粉と乾燥牛肉を使うととファロッファになる。

初挑戦であまりうまくできなかったが、僕のお昼のお弁当に!

ナスの中華風炒めと厚焼きタマゴもご飯の上にトッピング。

シンガポールのフードコート(ホーカーセンター)に行くと、

ご飯の上におかず3品ぐらい盛り、テイクアウト用にパックしてくれる(ターパオという)。

僕のお弁当はブラジル料理のターパオだ。

今は男もお弁当を作って持っていくのが、最先端のエコ&ヘルシーライフです。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで、ブラジル料理を作ってみたい、と思った方は、1クリックお願いします。

|

« こどもの絵本 | Main | ブラジル料理 Farofa (ファロッファ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

すごーい(゚o゚)!
どれもすごくおいしそうですね!
私もいくつかブラジル料理のレシピをメモってあるのですが、まだチャレンジしたことはありません。
Feijaoくらいは作ってみたいなぁと思うんですが、DONA FlorというレストランのFeijaoがおいしすぎて、自分で挑戦する気にはまだなれないのです…(;´д`)

Posted by: うなこ | Saturday, 23 May 2009 at 18:37

うなこさん

ありがとうございます。
ブラジル料理は普段作り慣れている日本食と調味料も材料も違うので、どうやって作ればいいのか、レシピを見ただけではイメージがつきにくいものですよね。

DONA Flor、うなこさんのブログで紹介されているところですね。feijaoがおいしいんですか?いつかそのうちに行ってみたいです。

Posted by: コーディー | Saturday, 23 May 2009 at 22:38

>DONA Flor、うなこさんのブログで紹介されているところですね。
そうです。ココを知ってから他のシュハスコ屋さんには行かなくなってしまいました(;´▽`)
私はFeijao派ですが、隣の人はfeijoadaをこのお店に行くと大量に食べます(笑)
私も他のお店ではちょっと口に合わなくて食べられなかったfeijoadaですが、DONA Florのは食べられます。

もしよければ行ってみてくださいね( ^ω^ )

Posted by: うなこ | Monday, 25 May 2009 at 15:44

うなこさん

DONA Flor のfeijoadaはそんなにおいしいのですか?他のお店では出せない味がきっとDONA Florにはあるのでしょうね。

僕の家庭でも野菜中心の生活なので、お肉がたっぷり入ったフェイジョアーダではなく、フェイジョンを食べます。

Posted by: コーディー | Monday, 25 May 2009 at 21:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« こどもの絵本 | Main | ブラジル料理 Farofa (ファロッファ) »