« 夜空の光 | Main | 父の作るお茶 »

Saturday, 02 May 2009

ぬくもりの森

おとぎの国のような、静かな世界。

001

小人が住んでいそうな、幻想的な空間が広がっている。

003

ここはいったい、どこだろう。

いつのまにか、不思議なところへ迷い込んでしまった。

「ぬくもりの森」は、実にこだわりをもって作られた、まるで中世ヨーロッパを思わせるような世界。

とても浜松にこんな世界があるとは想像できないだろう。

118

ここがスペインかイタリアだったら、あの建物の窓から、大きなフライパンを持った中年の婦人が突然窓から顔を出し、大きな声で何か叫ぶかもしれない。

僕みたいな現代人が前を通り過ぎたら、驚いてトマトでも投げつけてくるのではないか。

119

21世紀の慌ただしさから抜け出し、時の流れがゆっくり進み始めると、自然と肩の力がぬけて、気持ちが楽になるような気がする。

031 

建築設計を手掛ける「ぬくもり工房」は、身も心も落ち着かせられるような空間を長い時間かけて創りあげてきた。

014

名前を聞いただけで、なんとなく気持ちがふんわりしてくるので、僕のなかでは、「ふんわり工房」という名前がついている。

015

こんな大きな壺がいっぱい並んでいる。

日本の田舎ならば、白菜の漬け物か梅干しが入っていそうだが、

中世ヨーロッパならば、ブドウ酒(今風に言えば赤ワイン)ぐらい入っているだろう。

021

名前は分からないが、ポインセチアのように赤い花が所々にアクセントのように植えられている。

024

貴婦人がアフタヌーンティーを嗜む時に使われるティーセット。

イギリスでは、オペラやコンサートに出掛ける前の日暮れ時に、友人を自宅に招いてお茶とサンドイッチなどの軽い食事をとる習慣から、アフタヌーンティーが始まった。

029

オシャレな雑貨もたくさん売っている。

こじんまりした建物だが、暖かみがある。

033

水車小屋のあるところを見ると、アフタヌーンティーを嗜む貴婦人よりも、農村に住む魔法使いのおばあちゃんが出てきそうだ。

044

でも、小屋に入ってみると、ありがたいことにケーキが売っている。

ここは「お菓子の森」という名前がついている。

037

なるほど、ここに来た女の子はみんなお菓子の魔法にかけられ、ケーキを食べていくんだな。

055

僕らも魔法にかけられ、迷うことなくケーキとお茶をたのんでしまった。

063

僕が食べたのは、パッションフルーツのチーズムース---、だったかな。

うちの奥さんが食べたのは、グレープフルーツのサバランです。

男にとって、ケーキの名前を覚えることは非情に難しい!

飲んだお茶はセイロンのウバ。

ミルクをたっぷり入れて飲む。

115

テーブルとイスの並ぶ一角のすぐ後ろには小さな川が流れている。

ケーキを食べながら聞こえてくるせせらぎは、ケーキの味をよりいっそう引き立ててくれる。

049

これが何の建物だか、すぐにわかりますか?

アフリカの雑物庫をイメージして建てられた、キノコ形のトイレなんです。

人気者のトイレには、次から次へと客が出入りしている。

127

4月15日にオープンしたばかりの中庭カフェ。

今までは一般公開していなかった中庭にも、お茶とケーキを食べに入れるようになったそうです。

141

身軽な少年が、木をよじ登って2階にある自分の部屋に入ってきそうな裏庭。

レストラン・ドゥソールは、ディナーの予約がいつもいっぱいだそうだ。

でも、いつかは食事に来たいと思っている。

120

「ぬくもりの森」は浜松西インターから舘山寺街道を通って浜名湖舘山寺に行く途中、すじかい橋という交差点の右手の山際にあります。

149

「あんでぃい」という手作りサンドイッチのお店が交差点右手にあるのが目印です。

150

あれ?

息子のジョーが端っこにちょびっとだけ写ってる!

実は、ここのサンドイッチがなかなかの評判らしいですよ。

「ぬくもりの森」へ行った方は、ついでに寄ってみてください。

148

レストラン・ドゥソールではなく、結局ここのサンドイッチを買って帰り、お昼ご飯を済ませました。

ゴールデンウィーク初日、みなさんはいかがお過ごしだったでしょうか。

休日の間に、ここへ来てみたいと思った方は、1クリックしていってください。人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 夜空の光 | Main | 父の作るお茶 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

とっても素敵なところですね!!
スペインやイタリアの郊外のお家と言った感じで、緑もあふれていて
いい感じです。おまけにケーキも美味しそうで、行ってみたい。
ヨーロッパのお家の窓に必ず植えてある赤いお花(ゼラニウム)も
雰囲気を出してますね。写真もとてもいいです。
ゴールデンウイーク楽しんで下さいね。

Posted by: frauyamada | Sunday, 03 May 2009 at 01:06

frauyamadaさん

コメントありがとうございます。
赤いお花はゼラニウムでしたね。ヨーロッパではポピュラーな花なんでしょうか。

日本は高速道路のETCが1000円になったために、ゴールデンウィークの初日はすごい渋滞が起きたようです。それを見越して僕の一家は浜松に留まりました。

Posted by: コーディー | Sunday, 03 May 2009 at 14:30

コーディー、お久しぶり(◎´∀`)ノ

すごく素敵なところだねー!!
私も行ってみたい♪
浜松にこんなところがあるだなんて知らなかったよ。

コーディーのブログいつも読んでるよ~(*^ω^*)ノ彡

Posted by: ジーン | Monday, 04 May 2009 at 14:04

コーディーさんも「ぬくもりの森」へ
行かれたんですね。
一枚一枚の写真から、雰囲気が凄く伝わってきます。

Posted by: matsu | Tuesday, 05 May 2009 at 11:07

matsuさん

「ぬくもりの森」行って来ましたよ!
matsuさんのブログを見て思い出し、また行ってみたくなりました。

夢中で写真を撮りまくっていたので、うちの奥さんに呆れられてしまいました。coldsweats01

Posted by: コーディー | Tuesday, 05 May 2009 at 15:02

ジーンさん

ブログいつも読んでくれていたんだね。

浜松に住み始めてから、まる4年が経つけど、ブログをはじめてからは別の視点から見るようになり、新しい発見がいっぱいです。
これからもヨロシク!

Posted by: コーディー | Tuesday, 05 May 2009 at 15:13

素敵な森ですね。まるで、メルヘンの世界に誘われるようだね

Posted by: モンタのお母さん | Tuesday, 05 May 2009 at 17:07

モンタのお母さん

本当に小人さんが、その辺を歩き回ってそうな、メルヘンの世界でしたよ。ジョーがその小人さん役だったかもしれません。

Posted by: コーディー | Tuesday, 05 May 2009 at 19:01

こんにちは。

先日はコメントありがとうございました。

浜松には、自転車でちょくちょく行きますが、こんな素敵な場所があったとは驚きですeye

写真から、まさに絵本の世界に迷い込んだような不思議な場所の雰囲気が充分伝わってきます。

私のブログで記事にさせて頂いた豊橋の『LUCK CAFE』は『ぬくもりの工房』さんの建築だったんですね。
どおりで何か独特な雰囲気を感じました。

ケーキも美味しそう。
写真もお上手に撮影されますね。

『ぬくもりの森』、ぜひ行ってみたくなりました。

ブログ、またちょくちょく覗かせていただきます。

Posted by: やぎし | Thursday, 07 May 2009 at 17:39

やぎしさん

こちらこそ僕のブログへ訪問いただき、ありがとうございます。まだ始めてから半年ぐらいのブログですが、たくさん写真を撮りながら、ネタをふくらませようとがんばっています。

やぎしさんは自転車に乗っていろんなところへ行かれているようですね。浜名湖もよく左周りで走ってるそうで、楽しそうですね。

LUCK CAFEの建物が「ぬくもり工房」の建築だとよくわかりましたね。きのこのようなデザインなど、独特の特徴があるので、あれ?そうかな?と思いますよね。

また時々浜松へもいらしてください。

Posted by: コーディー | Thursday, 07 May 2009 at 21:27

コーディーさんと奥さまこんにちは
そしてかわいいジョーくん こんにちは!

佐鳴湖もりすもぬくもり工房もこんなすてきな写真になるのね!

レストランの食事もおいしそうだけど、
奥さまのデザートもすばらしい!!

また 写真を楽しみに待っています!

ジョーくんのためには、愛知県の赤塚山公園のぎょぎょらんどやアニマールも楽しいと思いますよ! 

またね!

Posted by: Y&N | Monday, 11 May 2009 at 21:15

Y&Nさん

こんばんわ、先日はどうも。
僕のブログをご覧くださっていたのですね。ありがとうございます。

子育て生活が始まってから、少しずつ撮り始めた写真。最初はカメラの使い方にさえ慣れなかったけれど、だんだんと自分の思いがそこに込められるようになり、面白くなってきました。

うちの奥さんの作るデザートは、どんなレストランの料理よりも、人を幸せにする不思議な力があります。

また時々更新しますので、楽しみにしてくださいね。ご紹介くださった赤塚山公園、どんなところか、また見てみますね。

Posted by: コーディー | Tuesday, 12 May 2009 at 21:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夜空の光 | Main | 父の作るお茶 »