« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

Sunday, 31 May 2009

佐鳴湖西岸に住む生き物

鮮やかな青とオレンジ色の鳥が、沼地の真ん中に舞い降りてきた。

015

佐鳴湖西岸に住む、鮮やかな羽根の持ち主は?

じっと眺めていると、すぐにまた飛び立ってしまう。

017

あ!

待ってええ!

018

カメラを構える僕の存在に気がついたのか。

020

向こうへ行ってしまうのかと思いきや、

今度はこっちに向かって飛んできた!

うわあ!

(オートフォーカスAFにしたので、背景にぴったりピントがあってしまっている。)

004

ファインダーから覗き込んでいると、

鳥の動きがまったく予想できない!

それでも、

カシャッ! カシャッ!

連射モードで撮るが、ピントが合わない。

生後11ヶ月の息子ジョーも、最近はハイハイのスピードが速くなり、地面を引きずっていたお腹も今は浮くようになって4輪駆動である。

しかし、野鳥の飛ぶ時のすさまじい速さは、その比ではない。

038

じっとしててくれたら、僕でも撮れるよ。

ほら!

くちばしには、何をくわえてるの?

022

佐鳴湖公園にはバーベキューに来る人も多く、週末の昼間は賑やかになる。

その傍ら、茂みの多い湿地帯に来ると、静かな水の流れる音だけが聞こえてくる。

029

佐鳴湖の周りにはきれいな湿地帯が多いので、いろんな野鳥が生息している。

でも、名前がよく分からない。

009

アメンボウさんなら、鳥さん達の名前もすぐ分かるのかな。

君が水上スキーをするために、

いつも手先につけている膜には、いったいどんな油がのってるの?

039_2

そんなに僕を見つめないでくれ。

君は何ていう鳥さんなの?

040

人の気付かない自然の至る所に小さな生き物たちがひっそりと暮らしている。

彼らは餌をとるために日々絶え間なく働き、子孫を残し、やがて土に返る。

ちっぽけな存在でも、毎日を力いっぱいに生きている。

僕はこれを美しいと感じる。

自分はどれだけ精一杯に生きているだろうか。

生物たちを見つめながら、思わず自分自身を振り返ってしまうのである。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで、生き物の世界の美しさに共感された方は1クリックお願いします。

| | Comments (4)

Saturday, 30 May 2009

貴婦人のレモンタルト

勢いよく回る泡立て機と、その周りで渦を巻く生クリーム。

005

気怠い土曜日の午前のひととき。

うちの奥さんがそんな時のためのお菓子を作ってくれた。

009

そして、僕はコーヒーを淹れる担当。

エスプレッソを淹れるときは、いつもビアレッティのモカエクスプレス。

下のお湯が沸騰すると、コーヒー豆の層を通過して沸き上がってくる。

024

できあがった生クリームをレモンタルトの上にのせ、ラズベリーをそえる。

11時のおやつ、イレブンシスの時間だ!

032

イギリスの貴婦人がこよなく愛した時間。

うちの奥さんはイギリス人のセンスを熟知しているかのようだ。

034

撮影会が終わると、いよいよ入刀!

中のタルト生地もサクッとしている。

041

生クリームの下地に塗ってあるのは、レモンカード。

これも奥さんの手作りです。

材料:

  • レモンの絞り汁 1個分
  • グラニュー糖 40グラム
  • タマゴ 2個
  • 無塩バター 50グラム

作り方:

  1. ボウルにレモンの絞り汁1個分、グラニュー糖40グラム、タマゴ2個を入れ、よく混ぜる。

  2. そこに室温に戻したバター50グラムを小さく切って加える。

  3. ボウルよりも一回り大きな鍋に湯を沸かし、ボウルの底を鍋の湯に当て、木べらで絶えず混ぜながら、約10分くらいもったりするまで湯せんにかける。固さはお好みで調整すると良いです。固めに仕上げたいときはコーンスターチ小さじ1を材料を混ぜるときに加える。

    (湯は沸騰しない程度、80℃から90℃くらい。)

  4. 湯せんからおろしたら、膜が張らないように時々混ぜながら完全に冷ます。

(北野佐久子さんのレシピを応用したものです。)

パンやスコーンにのせて食べてもおいしいです。

050

ついでにこちらも紹介。

そろそろ梅をつける季節となりました。

スーパーで買ってきた安売りの小梅をたくさん買ってきて、さっそく瓶詰めにしてくれた。

左が甘露煮、右がカリカリ小梅の塩漬け。

僕が息子のジョーと遊びながらゴロゴロしているあいだに、うちの奥さんは何でも作ってくれる。かなりの凄腕です。

これで、土曜日の朝は満喫。

わざわざお店に行かなくても、これだけ自宅で楽しめるのなら文句なし。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで、思わず唾が出てきた方は1クリックお願いします。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Tuesday, 26 May 2009

OVO DE PASCOA (イースターエッグ)

先日行った、ブラジル食料品店に、こんな大きな赤い袋がたくさんぶら下げてあった。

007

OVO DE PASCOA (イースターエッグ)

イースターはキリストの復活祭のこと。

ブラジルはキリスト教の国だから、多くの人達がイースターエッグを食べるのだろう。

でも、イースターは先月だったのでは?

016

3個で1,000円と書いてある。

そうか、売り尽くしセールだな。

でも、こんな大きなタマゴ、とても3個も食べられる自信はない。

試しに1個だけ買ってきた。

045

そして、中身は!

なんと、チョコレートでした!

ブラジルといえば、コーヒーの国。

さすが、コーヒーを愛する人達。

確かにコーヒーにはタマゴよりもチョコレートの方があうはずだ。

130

息子のジョーが3月頃まで履いていたヒヨコの靴。

LAに住む姉から出産祝いにもらったものだ。

だから、ヒヨコはブラジル産ではなく、アメリカ産ということになる。

あんな大きなタマゴ、

ヒヨコが2,3匹出てきてもおかしくない。

いや、ニワトリではなく、むしろダチョウの卵だろう。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ チョコレートが好きな方は、1クリックお願いします。チョコレートが嫌いな人も1クリックお願いします。

| | Comments (0)

Sunday, 24 May 2009

無音空間に響く極上の音楽

我が家の食卓に並ぶパン。

クロワッサン、デニッシュ、メロンパン---、

そして、中央に位置するのはタートル。

近所のパン屋さん『タートル』で、今日のお昼に食べるパンを買ってきた。

012

良心価格で手作りパンを売っているのが評判。

どのパンもだいたい100円~120円くらい。

でも、朝の開店は10時から。

066

野鳥の鳴き声がどこからともなく聞こえてくる。

こんな静かな日曜のお昼には、パンを食べながら紅茶を飲むのも良い。

何かBGMでも?

No music, honey.

無音こそ極上の音楽だぜ。

こんなキザな会話を聞かれたら、

どんな夫婦やねん!(なぜか関西弁)

と呆れられそうだ。

038

クラシック、ジャズ、ロック---、

どんな音楽を愛しても、無音空間こそ最大の安らぎを感じさせる、ということに多くの方が共感を持つのではないだろうか。

042_2

湧き水が流れる山の小川には、静かな水音だけが響く。

そんな静けさの中に、自分にしか聞こえない音楽が奏でられている。

242

クレソンは清水が流れる水路脇の日陰によく生息している。

238

きっと、無音の音楽を聴きながらクレソンは大きく育っていくのだろう。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで共感した方は1クリックお願いします。いや、無音には耐えられない、という方も1クリックお願いします。

| | Comments (0)

Saturday, 23 May 2009

ブラジル料理 Farofa (ファロッファ)

001

昨日の記事に出てきたfarofa (ファロッファ)に再挑戦してみました。

ファロッファって何?

て感じですが、

マンジオッカ(キャッサバ)の粉に、カリカリのお肉やベーコンが混じったブラジル料理。

ふりかけみたいに、ご飯の上にかけて食べるとおいしい。

さあ、今日のお味はいかがでしょうか。

「う~ん------、おいしいけど----、」

いまいちの反応。(ρ_;)

011

前回作ったファロッファ。

お肉を大きく切りすぎて、見た目ゴロゴロしてます。

お店で見るようなのとは、ちょっと違って見える。

でも、うちの奥さんは、こっちの方がコッテリ味で好きらしい。

007

ファロッファを作るときは、

まず、この牛肉の塩漬け、CHARQUE (シャルケ)を圧力鍋で加圧してから冷たい水に入れて塩抜きする。

006_2

TOUCINHO(トウシーニョ)、豚の脂身を細かく切り、油をひかずにフライパンでカリカリになるまで炒める。

油がたくさん出てくるので余分な油は捨て、塩抜きした牛肉を細かく切って加える。

009

ベーコンも細かく切って加え、よ~く炒める。

そして、タマネギとにんにくのみじん切りを入れ、しなっとするまで炒める。

023

FARINHA DE MANDIOCA (ファリーニャ デ マンジオッカ)、キャッサバの粉を加え、よくかき混ぜる。

途中でバターを入れ、お鍋の中でかき混ぜながら溶かす。

さらによくかき混ぜたら、イタリアンパセリ (SALSINHA) を加え、火を止める。

これで完成!

お好みでタマゴを入れても良いらしい。

068

ジョー君、これで作り方わかった?

ボク、そんなの知らないよ。

でも、フェイジョン(黒いお豆の煮込み)はよく食べてたね。

045 フェイジョン[Feijao]

今日の「人生の楽園」には、バッチリ映っちゃったねえ。

生後11ヶ月にして、テレビ初出演とは、君もやるじゃないか。

テレビ?なんこと、それって食べれる?

まだ気付いてないだろうなあ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ  読んだついでに1クリックしていただけると、ジョーの機嫌もよくなります。

| | Comments (0)

Friday, 22 May 2009

ブラジル料理に挑戦!

浜松に住んでいても---、

ブラジル料理を普段から作る人は、おそらく少ないだろう。

でも、ブラジル料理って、意外と日本人の口にあうのではないだろうか。

ブラジル料理、TUTU DE FEIJAO (トゥトゥ デ フェイジョン) と FAROFA (ファロッファ) に挑戦してみた。

005

浜松駅の近くにあるブラジル食料品店、セルヴィツーで買ってきたお肉。

  • TOUCINHO(トウシーニョ):皮付きの豚の脂身
  • ベーコン(ブラジルのベーコンなのでかなり厚い)
  • CHARQUE (シャルケ):乾燥牛肉(塩漬けしてある)。

ブラジルは肉類が豊富なためか、ブラジル料理は肉がふんだんに使われる。

022

  • ファリーニャ デ マンジオッカ(キャッサバの粉)
  • ファリーニャ デ ミーリョ アマレーラ(トウモロコシの粉)

これだけ買ってきて、何作るの?!

て感じです。

ブラジル人の友人から教えてもらったレシピの原文。

tutu de feijao: corte o toucinho,e frite nao precisa colocar oleo na panela porque o toucinho solta bastante frite bem e dps joga fora um pouco do oleo, dps que virou torresmo coloque o bacon cortado---

解読している間に眠くなってしまい、

料理をしているつもりが、いつのまにか夢の中へ。

しきりなおして、翌日にトゥトゥ デ フェイジョンを作ってみた。

042

まずは、TOUCINHO(トウシーニョ)を細かく、薄切りにする。

050

油をひかずに、カリカリになるまで炒める。

脂身なので、たくさん油が出てきた。

余分な油は捨てておく。

044

次にベーコンを加える。

041

そして、タマネギとニンニクを追加。

一緒に映ってるイタリアンパセリ(SALSA)は最後までとっておく。

051

タマネギが黄金色になるくらいまで、しっかり炒める。

ベーコンもカリカリになるくらいの方がおいしいと思う。

052

ここで、うちの奥さんが前日のうちに作ってくれていたフェイジョンを投入。

泡がプクプクたち始めたら、塩と調味料をお好みで加える。

069

さらにオレガノを!

僕が名前を聞いても、さっぱりよくわからない香辛料。

そして、ファリーニャ デ ミーリョ(とうもろこしの粉)を少しずつ加えて溶かしていく。

火を止めたらイタリアンパセリとオリーブ油を足して、完成!

063

ジャーン!

う~ん、なかなかうまい!

032

こちらはフェイジョン。

前日のうちに奥さんが作っておいてくれた。

そして、今夜の我が家のディナーに!

024

コッシーニャ。

ブラジルのコロッケみたいな料理。

これも奥さんの作品です。

往々にして、ブラジル料理もうちの奥さんの方がはまっており、作るのも上手い。

019

FAROFA(ファロッファ)弁当。

フェイジョンやトウモロコシの粉の代わりに

マンジオッカ(キャッサバ)の粉と乾燥牛肉を使うととファロッファになる。

初挑戦であまりうまくできなかったが、僕のお昼のお弁当に!

ナスの中華風炒めと厚焼きタマゴもご飯の上にトッピング。

シンガポールのフードコート(ホーカーセンター)に行くと、

ご飯の上におかず3品ぐらい盛り、テイクアウト用にパックしてくれる(ターパオという)。

僕のお弁当はブラジル料理のターパオだ。

今は男もお弁当を作って持っていくのが、最先端のエコ&ヘルシーライフです。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで、ブラジル料理を作ってみたい、と思った方は、1クリックお願いします。

| | Comments (4)

Sunday, 17 May 2009

こどもの絵本

041

子どもには夢を!

豊かな想像をいつまでも!

そして、優しい心をいつも大切にして欲しい。

もうじき生後11ヶ月になる我が子に対する、

そんな親の想いから---、

昨日オープンした、というお店で、2冊の絵本を買ってあげた。

043

まだ、言葉が分からなくてもよい。

お母さんが発する言葉を、そのまま音で受け入れようとする子ども。

そして、柔らかいタッチで描かれた絵から、優しい気持ちになれる。

052

カラフルな絵でも、

こんな風に、夢をふくらませてくれる絵は、

見ていて飽きない。

「読み聞かせをするならば、

大人が読んであげたい、と思う本を選べばいいんです。」

061

本を選んでいる時に、そんなアドバイスをしてくれた。

浜松市中区紺屋町に昨日オープンした絵本のお店、kirja(キルヤ)。

お店をご紹介いただいたのは、木のおもちゃのお店、シンプリー・ショップの店主さんのブログです。

kirja(キルヤ)の場所は、ザザシティ浜松の少し北側にある連尺という交差点を左折。イズモ殿までの坂を上る途中、左手にあります。

068

ジョー君、今日買ってあげた本、気に入ってくれた?

012

今、読んでるよ。

え?

本当に?

だって、今日も君は部屋中あばれ回って、

しまいには、コンコロコ~ンって、寝ちゃったじゃないか。

今度の土曜日の夕方6時過ぎには、テレビ(人生の楽園)にちょっとだけ映ってるかもしれないよ。

今から緊張しちゃうねえ。

詳しくは、ナベショーさんのブログをご覧ください。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 記事を読んだついでに1クリックしていただけると、ジョーも喜びます。

| | Comments (2)

Saturday, 16 May 2009

チョコレートとサラダそうめんの関係

047

Chuva ne!(シューバ ネ!)

ポルトガル語で、「雨降ってるね」、という意味。

語尾につく「ネ」というのが、偶然にも日本語と共通の意味?

少なくとも、僕はそう解釈している。

009

雨の日の週末は、特にすることもないので、

家でのんびりと過ごすのが一番良い。

うちの奥さんが、こんな日にと焼いてくれたケーキ。

アメリカン チョコレート ケーキ

インスタントコーヒーと粉砂糖を水で溶いたシロップでコーティングしている。

お菓子の用語では、これをアイシングというらしい。

025

午前のお茶の時間、イレブンシス[eleventhes]にちょうど良い。

イギリス人は一日に7回もお茶を飲むんだそうだ。

018

ケーキの味は、というと、

う~ん、

チョコレートとクルミの味がなかなかマッチしているな。

「旦那さんとチョコレートは我がただ二つの情熱なり」

うちの奥さんが明治ミルクチョコレートのパッケージを見ながら、そうつぶやいた。

“ルイ14世とチョコをこよなく愛した王妃マリア・テレジアの言葉”を引用している。

そうか、

僕とチョコレートは同等に過ぎないのか---。

038

でも、うちの奥さんに対する僕の気持ちは、

このサラダそうめんに象徴される通りである。

休みの日ぐらい、男も腕をふるわなくては!

ひやむぎを湯がき、上にサラダと薄焼きたまごとモズクをトッピングしてみた。

051

夫婦とは、この先の長い道のりを共有し続ける結合単位。

土曜日くらい、休ませてくれよ!

と叫びたいところだが、

お互いが協力しあわなくては、間断なく遭遇するデコボコ道を通り続けることはできない。

054

そんなデコボコ道にも、気持ち安らぐお花が咲いている。

056

雨が降っていても、赤や青の花は、きれいに咲き続ける。

チョコレートとサラダそうめんの関係でも、

僕の家庭は幸せを保ち続けている。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 

| | Comments (2)

Sunday, 10 May 2009

リストランテ Bellavista

023_2

佐鳴湖畔に面して立つイタリアンレストラン、Bellavista(ベッラビスタ)。

この春にリニューアルオープンした。

079_2

ベージュの壁際には赤や青の花が植えられ、

地中海近郊の雰囲気を漂わせる。

078

イタリアに行ったことはないが、きっと美しいところなのだろう。

Bellavistaの前庭に広がる華やかな雰囲気に包まれながら、

そんなことを思う。

024

お店の中からは、ちょうど窓から佐鳴湖が見えるレイクサイドビュー。

今日はうちの奥さんの誕生日なので、一人4,000円のランチコースを頼んだ。

032

前菜には、生ハムとルッコラ、ビンチョウマグロのカルパッチョ、

それにトマトとモッツァレラチーズが添えられている。

038

あさりと青のりのコンソメスープ

前菜に続いて魚介類が多い。

本格イタリアンでは、肉や魚介類の豊富な食材がふんだんに使われる。

042

地元春野菜のトマトソースパスタ

パスタ名人であるうちの奥さんは、

さて、どんな判定を下しただろうか。

046

ここでちょっとサラダ。

サラダバーがあるので、自分で好きなものをよそってきた。

052

手長エビと舞阪産スズキの香草パン粉焼き

ハサミの部分があまり長くて上等なので、まるでザリガニのようだ。

前だけ見て、後ろにしか進めないザリガニさん。

後ろからナイフとフォークで失礼しま~す。

051

白身魚のスズキ、

離乳食を食べている息子ジョーの口にも合うだろうか。

うん、いける。

ご機嫌よろしく、パクパク食べてくれる。

056

デ~ン!

「しずおか育ち」の牛肉ステーキ。

う~ん、柔らかいし、塩胡椒がよく利いていてうまい。

この時ジョーがぐずっていたので、

うちの奥さんが授乳しながら食べるはめに。

僕は、執事さんになったつもりで、奥さんの分までお肉を一口サイズに切ってあげた。

059

奥さんいわく、これこそがメインディッシュ!

というアイスクリーム。

どんな御馳走を食べても、これがないと腹がおさまらぬ。

でも、ドルチェはこれだけではない。

065

プリンとガトーショコラにブランマンジェが出てきた!

これこそが最後の締めくくり!

乙女心をつかむ最大の手段は、まさにこのようなドルチェが相応しい。

035

たっぷり2時間かけてのランチメニューだった。

子どもをあやしつつ、周囲の客にも気を遣うため、

子連れ客にとって外食は多大なエネルギーをつかうもの。

036

お店の方はそんな僕らにイヤな顔ひとつせずにおもてなしをしてくれた。

071

内装も落ち着いた空間を醸しだし、

じっくりと料理を楽しめる環境を整えている。

072

食事は、ゆっくりと会話を楽しみつつ、時間をかけてする。

現代社会に生きる私たちにとって、それは最大の贅沢かもしれない。

073

カメラのファインダーに気持ちが集中できなかったためか、

写真のピントが少しぼやけてしまった。

慌ただしさのなかでは、ピントがなかなか定まらない。

074

一呼吸置いたときに、初めて焦点があってくる。

これからの社会がどう歩んでいくべきか。

我が息子の将来世代まで見据えて、じっくりと見定めなければならない。

077

光に照らされた小径が階段の上の方まで続いている。

Bellavistaは、

ゆっくりとイタリア料理を嗜むことで

進むべき方向に導いてくれる

そんなリストランテなのかもしれない。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで、料理と時間のことを考えた方は1クリックお願いします。ただ、なんとなく読まれた方も1クリックお願いします。

| | Comments (2)

Friday, 08 May 2009

実家の庭にある小さな世界

294

あら?

こんなところにカエル君が!

283_2

実家のお庭に潜入してみると、

いろんなものに遭遇した。

296

これは、誰が吸ったパイプだろう。

でも、どうしてこんなところい置いてあるのかな。

まさか、さっきのカエル君が?

297

フランスギクでしょうか。

僕は花の名前にはうといんです。

でも、いろんな人のブログを読んでると、だんだん花の名前が分かってくる。

113

よお~く観察してみると、

ミツバチが花の蜜を吸っている。

どこから飛んできたのだろうか。

僕の父はお茶の他に養蜂もやっているが、

まさか、ここまで飛んできたのでは?

289

名前の知らないお花の先っちょには、

あまり模様がきれいではない、小さな蝶々が止まって休んでいる。

僕も疲れたから、ちょっと休憩したいなあ。

連休明けは結構しんどいです。

280

ペチュニアでしょうか。

接近して撮ると、後で見てもよく分からない。

連休も終わり、世の中は現実に引き戻されてしまった。

僕の職場では、朝から「Bom dia!(ボン ジーア!)」。

ポルトガル語で「おはよう」のあいさつ。

浜松に戻ってくると、急にブラジル人のペースになり、戸惑ってしまう!

083

長い連休の後で、しばらくは未熟のポルトガル語も出てこないので、

口数も少なくなり、ボ~っとしていた。

ようやく感覚を取り戻せるまでに2日かかりました。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 連休は充実した時間が過ごせましたか。この記事を読んだついでに1クリックしていただけると、幸いです。

| | Comments (2)

Thursday, 07 May 2009

藤枝、盤脚院の藤の花

風になびく紫色の花。

253

藤の花がお寺の境内に咲き乱れている。

ここは大観音がそびえる藤枝霊園の盤脚院。

260

藤枝東高校のサッカーは、藤色のユニフォームを着て、はげしくパス回しをしながら中盤を競るので有名だが---、

風になびく藤の花も、激しく揺れ動くため、カメラのファインダーになかなかおさまらない。

248

盤脚院には、藤の花がまだこんなにたくさん咲いていた。

もう終盤に差し掛かっている頃なので、だいぶ色褪せてきている。

251

でも、父からもらったソフトフィルターに通すと、光ってきれいに見える。

250

お年寄りが何人か藤棚の下のベンチに座って、なにやらおしゃべりを楽しんでいる。

うちのおばあちゃんも、よくデイケアセンターの遠足でこういう公園に連れてきてもらった話をよくしていた。

ゆっくり時間が流れる、くつろぎの空間が好きなんだろうな。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで、藤棚の下のくつろぎの空間に思わず入りたくなった方は、1クリックお願いします。

| | Comments (0)

Wednesday, 06 May 2009

白藤の滝

山の岩壁を伝い落ちていく細い糸。

151

周囲は険しい木々に囲まれている。

あの滝の水はどこから流れ落ちてくるのだろうか。

148

滝壺から少し下ると、まとまった水が流れるようになる。

146

岩肌を長年かけて少しずつ削りながら、やがて川となって流れていく。

124

こんな自然の原風景を撮りにわざわざ山へ来たわけではない。

父のお茶畑から少し南へ下ったところにある白藤の滝。

123

実家からもそれほど遠くないところにあるはずだが、

今回訪れたのが初めてであった。

189

藤の花はずっと紫色だと思っていたが、

白い藤もなかなかきれいだ。

なるほど、この白藤が垂れ下がるように流れることから、

「白藤の滝」と名前がついたのか。(勝手な思いつきです)

207

父はお茶刈りのあと、そのまま製茶をしに行ってしまったので、

母の案内により、うちの奥さんと息子のジョーを連れて、お弁当を携えてきた。

167

大河ドラマでは、よくこんな風景をひたすら歩いて隣国へ旅するシーンが出てくる。

でも、僕がまだ生後10ヶ月の息子を連れて、こんなところを何キロもひたすら歩く自信はない。

158

この辺の地理に抜群の土地勘を持った母の案内により、近くまで車で来ることができた。

163

ついでにタケノコでも掘っていけば、

スーパーでわざわざ高いお金を出して買うこともないなあ。

168

竹を見ても、僕は食べることしか考えないが、

かぐや姫はこんな竹林の竹から生まれたことになっている。

一本ぐらいスパッと切ったら、本当に出てくるのではないか。

220

あれ?

本当に出てきた!

我が息子ジョーの登場です。

ジョーもこんなメルヘンチックな世界に身を置けば、想像力が豊かな子になるだろうか。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで、少しでも想像力が豊かになったと感じた方は、1クリックお願いします。

| | Comments (2)

Tuesday, 05 May 2009

父の作るお茶

新芽が光に照らされて透き通って見える。

030_2

まるで黄金の茶葉のようだ。

019_2

かまぼこ型のお茶畑をバリカンで刈るように、お茶刈り機をスライドさせていく。

5月の連休になると、そんな光景が静岡県のあちらこちらで見られる。

029_2

山の急斜面にお茶畑があるので、

45度ぐらいありそうな車道でも車で駆け上っていかなければならない。

046_2

藤枝にある僕の実家では、

長年の会社勤めを終えた父が、

こんな山の斜面にあるお茶畑で、定年後のロマンを演出している。

趣味とは称しているものの、

4年目になると、どう見ても本職の域に達しているようにしか見えない。

061_2

手伝いのつもりで来てみたが、

浜松から直接来たため、

僕が到着した朝9時過ぎには今日のお茶刈り作業は終わっていた。

062_2

まるで、うさぎさんが

ピョン ピョン と飛び跳ねていそうな景色。

結局手伝いをすることなく、僕は写真ばかり撮っていた。

これでは手伝いに来た、というよりも、ただ冷やかしに来ただけみたいだ。

348_2

さっそく淹れてくれた新茶。

う~ん、香りがいいねえ。

飲んだ後しばらくすると、口に残ったお茶の味がだんだん甘くなってくる。

父の作る緑茶は、普通のお茶やさんで売っているようなお茶とはちがい、香りのある昔ながらのこだわりのお茶。

328_2

一晩置いて発酵させて作ったという紅茶。

紅茶名人である僕の奥さんがティーマスターに抜擢され、

NARUMIのティーカップに紅茶を注いでくれた。

340

さあ、紅茶のお味は?

う~ん、なかなかパンチの効いたお味ですねえ!

これなら強い香り好きの西洋人にも、繊細な味を好む東洋人にも好まれるでしょう。

お茶の品評会みたいに、お茶の味の感想を聞かれる。

お茶刈りは手伝えなかったが、感想を言うことで少しは役に立ったかな。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ この記事を読んで、藤枝のお茶に少しでも興味を持たれた方は、1クリックお願いします。

| | Comments (2)

Saturday, 02 May 2009

ぬくもりの森

おとぎの国のような、静かな世界。

001

小人が住んでいそうな、幻想的な空間が広がっている。

003

ここはいったい、どこだろう。

いつのまにか、不思議なところへ迷い込んでしまった。

「ぬくもりの森」は、実にこだわりをもって作られた、まるで中世ヨーロッパを思わせるような世界。

とても浜松にこんな世界があるとは想像できないだろう。

118

ここがスペインかイタリアだったら、あの建物の窓から、大きなフライパンを持った中年の婦人が突然窓から顔を出し、大きな声で何か叫ぶかもしれない。

僕みたいな現代人が前を通り過ぎたら、驚いてトマトでも投げつけてくるのではないか。

119

21世紀の慌ただしさから抜け出し、時の流れがゆっくり進み始めると、自然と肩の力がぬけて、気持ちが楽になるような気がする。

031 

建築設計を手掛ける「ぬくもり工房」は、身も心も落ち着かせられるような空間を長い時間かけて創りあげてきた。

014

名前を聞いただけで、なんとなく気持ちがふんわりしてくるので、僕のなかでは、「ふんわり工房」という名前がついている。

015

こんな大きな壺がいっぱい並んでいる。

日本の田舎ならば、白菜の漬け物か梅干しが入っていそうだが、

中世ヨーロッパならば、ブドウ酒(今風に言えば赤ワイン)ぐらい入っているだろう。

021

名前は分からないが、ポインセチアのように赤い花が所々にアクセントのように植えられている。

024

貴婦人がアフタヌーンティーを嗜む時に使われるティーセット。

イギリスでは、オペラやコンサートに出掛ける前の日暮れ時に、友人を自宅に招いてお茶とサンドイッチなどの軽い食事をとる習慣から、アフタヌーンティーが始まった。

029

オシャレな雑貨もたくさん売っている。

こじんまりした建物だが、暖かみがある。

033

水車小屋のあるところを見ると、アフタヌーンティーを嗜む貴婦人よりも、農村に住む魔法使いのおばあちゃんが出てきそうだ。

044

でも、小屋に入ってみると、ありがたいことにケーキが売っている。

ここは「お菓子の森」という名前がついている。

037

なるほど、ここに来た女の子はみんなお菓子の魔法にかけられ、ケーキを食べていくんだな。

055

僕らも魔法にかけられ、迷うことなくケーキとお茶をたのんでしまった。

063

僕が食べたのは、パッションフルーツのチーズムース---、だったかな。

うちの奥さんが食べたのは、グレープフルーツのサバランです。

男にとって、ケーキの名前を覚えることは非情に難しい!

飲んだお茶はセイロンのウバ。

ミルクをたっぷり入れて飲む。

115

テーブルとイスの並ぶ一角のすぐ後ろには小さな川が流れている。

ケーキを食べながら聞こえてくるせせらぎは、ケーキの味をよりいっそう引き立ててくれる。

049

これが何の建物だか、すぐにわかりますか?

アフリカの雑物庫をイメージして建てられた、キノコ形のトイレなんです。

人気者のトイレには、次から次へと客が出入りしている。

127

4月15日にオープンしたばかりの中庭カフェ。

今までは一般公開していなかった中庭にも、お茶とケーキを食べに入れるようになったそうです。

141

身軽な少年が、木をよじ登って2階にある自分の部屋に入ってきそうな裏庭。

レストラン・ドゥソールは、ディナーの予約がいつもいっぱいだそうだ。

でも、いつかは食事に来たいと思っている。

120

「ぬくもりの森」は浜松西インターから舘山寺街道を通って浜名湖舘山寺に行く途中、すじかい橋という交差点の右手の山際にあります。

149

「あんでぃい」という手作りサンドイッチのお店が交差点右手にあるのが目印です。

150

あれ?

息子のジョーが端っこにちょびっとだけ写ってる!

実は、ここのサンドイッチがなかなかの評判らしいですよ。

「ぬくもりの森」へ行った方は、ついでに寄ってみてください。

148

レストラン・ドゥソールではなく、結局ここのサンドイッチを買って帰り、お昼ご飯を済ませました。

ゴールデンウィーク初日、みなさんはいかがお過ごしだったでしょうか。

休日の間に、ここへ来てみたいと思った方は、1クリックしていってください。人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | Comments (12)

« April 2009 | Main | June 2009 »