« ブラジル料理シュハスコ | Main | 炭火焼肉食べ放題Choupana »

Saturday, 21 February 2009

はままつフラワーパーク

048

入り口のゲートをくぐると、すぐ目の前に、花だらけになった犬がお出迎えしてくれる。

浜松市の“福”市長をつとめる「ウナギイヌ」だ。

ここ、はままつフラワーガーデンにて、今年の9月19日から11月23日まで「浜松モザイカルチャー世界博2009」が開かれる。

062

花によって見頃は異なるが、今の時期はなんといっても梅。2月上旬から3月上旬までは梅園が見所である。

056

天体望遠鏡みたいに大きなカメラを持った熟年層のグループが、まさにこの時期を狙ってたかのように写真を撮りに来ていた。

063

「クリスタルパレス」という大温室に入ると、すぐ最初に通る部屋がベゴニアガーデン。

上から吊された赤い大きなベゴニアが僕らを迎えいれてくれた。

073

こちらは青い菊科の花。

花図鑑のホームページを調べてみると、似ているものに「アメリカ菊」や、「友禅菊」というのがあった。

花の名前に詳しい方、もし違っていたらご指摘お願いします。

僕はあまり花の名前を知らないので、インターネットでいろいろ調べてみたのですが、その中のサイト「四季の花図鑑」がとても参考になりました。

070

赤い百合の花が、強烈な存在感をアピールしている。

花の写真を撮るときは、この百合のようなインパクトが欲しいですね。

079

黄色いフリージア。

うちの奥さんが「私のウェディングブーケに使った花よ」と言っていた。

水色のドレスに、ちょうどこんな色のブーケを持っていたのを、確かに記憶している。

075

こちらは睡蓮。

池の水の上に静かに浮かんでいる。

ちょっと神秘的なイメージのある花である。

074

なんとなく、バリ風のレストランとかで見かけそうな怪しい像。

温室の中なので、これでバリのイメージを出そうとしたのだろう。

羽根を生やしているが、これはエンジェルというよりも、むしろ鬼だろう。

078

エンジェルなら、この白百合の方がふさわしそうだ。

104

大温室「クリスタルパレス」から出ると、菜の花がたくさん咲いていた。

106

107

チューリップ。

小学1年生の時に、理科の授業で植えた花。

みなさんも小学校でチューリップ植えませんでしたか。

126

梅園の中を通るフラワートレイン。

フラワーパークは広いので、これに乗ると遠くまで連れて行ってくれる。

僕は慢性的な運動不足なので、これには乗らずにひたすら歩く。

朝10時頃に着いて、ちょうど昼前に見終わり、出口ゲートのところにあったカフェレストランでカツカレーを食べて帰ってきた。

子連れの客にとって、こういうレストランは非常にありがたい。

あとは、うちに帰って午後はゆっくり休もう。

お年寄りの生活リズムそのものです。でも、これがなかなかいいんですよ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しています。今回の記事を読んで、面白いと感じた方は、1クリックお願いします。

|

« ブラジル料理シュハスコ | Main | 炭火焼肉食べ放題Choupana »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラジル料理シュハスコ | Main | 炭火焼肉食べ放題Choupana »