« 京都 青蓮院を訪れて | Main | ブラジル料理シュハスコ »

Saturday, 14 February 2009

バレンタインデーに渡すもの

2月14日はバレンタインデー。多くの日本人男性にとっては内心ワクワクする日でもあり、予想外に期待が外れてしまう日でもあるだろう。

好きな女の子からチョコレートをもらえなくて、ショックを受ける男の子もきっと多いだろうが、めでたく恋愛が成立するカップルもいる。

065

チョコレートムース・チーズケーキの上にのっているのはラズベリー。クリームチーズにチョコレートと生クリームを混ぜ込み、アーモンドパウダーで焼いたパイ生地に流し込む。

イギリス菓子の研究家「北野佐久子」さんのレシピを見事に再現している。僕の奥さんは、バレンタインデーをダシに、こんなお菓子を焼いてくれた。

051

余った材料を使って焼いてみた、というバナナとクルミのマフィン。

子育てに翻弄されているなか、よくこれだけ作れるもんだ、とつい感心してしまうほどだ。食べる僕も嬉しいが、作ってくれた奥さんも、これでストレスを発散させているらしい。

バレンタインデーかあ、めんどくさいなあ、と感じてしまう女の子も世の中にはいるだろうが、これを機にお菓子作りを楽しんでしまう、うちの奥さんのような人もいる。

066

もう辺り一面に梅の花が咲き始めている。今年の冬は暖かい日が多いので、もう春が来てしまったように錯覚してしまうほどだ。

067

所々にポツポツと咲いている梅は桜ほどの派手さはないが、繊細で上品な色をしていて、どちらかというと僕の好みである。

ある国では、バレンタインデーに男性が女性に花束をプレゼントする習慣がある。僕なら、梅のような淡い色をした花を添えて渡したい。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しました。この記事を読んで面白いと感じた方は、1クリックお願いします。

|

« 京都 青蓮院を訪れて | Main | ブラジル料理シュハスコ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

うちのバレンタインチョコは、静鉄ストアーに並んでたチョコでした。
ケーキの写真、、なかなかいいね!
それから、前のブログの風景の写真も、、
構図のセンスがとてもいいです。
才能があるよ!

Posted by: ナベショー | Sunday, 15 February 2009 at 23:08

こんにちは、NYコーディーのママです。
日本は、もう梅が咲いているんですね。
写真がとてもきれいです。

ケーキとっても美味しいそう。
子育て中は、忙しいけれど、別のことに没頭する時間も必要だったりしますね。それを楽しんで、家族みんなもハッピーにさせるコーディーさんの奥様、とっても素敵。

ところで、バレンタインデーに、女性が男性にチョコをあげるという日本の慣習、とまどったり、面白いと思っている外国人の方も多いのでは?? ドイツでもアメリカでも、やはり男性からお花やギフトを渡し、子供達は、とにかくクラス全員に渡すのが基本でした。
来年は是非、奥様に淡い色のお花を!!

Posted by: frauyamada | Monday, 16 February 2009 at 02:29

NYコーディーのママさん

コメントありがとうございます。来年のバレンタインデーはがんばってお花の準備をしますので、応援よろしくお願いします。今年は実物ではなく、自分のカメラで撮った写真の花がプレゼント代わりを務めてくれました。coldsweats01

ドイツやアメリカの男の子達はみんなジェントルマンで感心しますね。日本人男性も少しは見習うべきかもしれません。

Posted by: コーディー | Monday, 16 February 2009 at 21:36

ナベショーさん

さては、静鉄ストアで偶然もらったチョコと同じものを発見してしまったのですね??僕なら、たとえ偶然発見してしまっても知らないふりを貫き通すでしょうね。

写真の方はまだカメラの機能に僕自身の腕が追いついていない状態です。つい、シャッタースピードや絞りの調整に夢中になり、ご飯前でもパシャパシャ撮り続けていると、よく奥さんに怒られてしまいます。

Posted by: コーディー | Monday, 16 February 2009 at 22:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 京都 青蓮院を訪れて | Main | ブラジル料理シュハスコ »