« 佐鳴湖動物園? | Main | 新しい時代への前進 »

Saturday, 24 January 2009

朝シャンボの日

  007

ドイツでは、こんなプレートが一般家庭のテーブルにいつも並べられるのだろうか。ドイツに行ったことはないが、でっかいウィンナーソーセージを食べる時は、なぜかいつもドイツの気分になる。

一緒に並べたのは、ぬき菜とトマトとたまねぎのスライスしたのをオリーブオイル、マヨネーズ、ポン酢を和えて作ったサラダにハム。

今日のランチは奥さんではなく、僕が作ってみた。奥さんのように、オーガニックレシピだとか、どこかで見てきた難しいレシピを適当にアレンジして料理するほどの高度なスキルはないが、その時のフィーリングだけで作る男の手料理だ。もちろん分量に数字はひとつもなく、全て調味料は「適量」の一言に尽きる。

実際、ソーセージは茹でただけで、サラダしかまともに作ったと言えるものはないのに、こんなに偉そうに言葉を並べられるのも、男の単純さの表れでしょうか。

008

そして、ソーセージと一緒に食べたのは、今朝、シャンボールというパン屋さんで買ってきた胚芽パン。

つい数ヶ月前にオープンした近くのパン屋さん。店内で食べていけるようになっていて(イートイン!)、コーヒーがフリーサービスになっている。今朝は家族3人でわざわざそのパン屋さんに行って朝食をとってきた。

マクドナルドの「朝マック」に対抗して、「朝シャンボ」である。

006

朝シャンボの後は、家族で佐鳴湖散策。名前は分からないが、また変わった野鳥に出会した。

001

息子のジョーは母親に抱っこされたまま良く眠っている。まだ朝だというのに、2度寝をする習慣があるようだ。

僕に似て森や自然が好きなジョーはお店の中ではすぐにグズるが、こういう自然に囲まれた場所に来ると上機嫌。しかし、今日は眠ってばかりいたので、佐鳴湖に来たことすら覚えていないだろう。

|

« 佐鳴湖動物園? | Main | 新しい時代への前進 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 佐鳴湖動物園? | Main | 新しい時代への前進 »