« 不況の時代に食べるお雑煮 | Main | 我が家の「多文化共生」 »

Monday, 12 January 2009

リスとの初遭遇

  036

昨日の朝は寝坊してしまい、先に朝ご飯の時間が来てしまったが、今日は夜明けと共に起きることができた。ちょうど、息子のジョーが泣いたので目が覚め、奥さんが時間を教えてくれたのだ。僕のカメラを持って走る「ジョギング」に対する理解もようやく得られてきた。

だが、撮ってくる写真は、というと、相変わらず佐鳴湖の風景写真が多い。向こう岸に見えるのは朝焼け空に浮かぶアクトタワー。

こうして同じところに「ジョギング」runに通っているだけでも、思わぬ出会いに遭遇することもある。

042_2

野生のリスに会ってしまったのだ。僕が走っていると、脇道で突然、ガサガサ---、という音がしたので、何かと思ってみたら、な、な、なんと!リ、リ、リスではないか!

043 067 

「野生のリスを佐鳴湖公園で見た」と以前に一度奥さんが話していたが、今度は僕にそのチャンスが来た。

しかし、動く被写体を撮るのは非常に困難である(かなりブレてしまった)。木から木へと枝をつたって走り回り、おまけにジャンプして飛び移る様子は、まるでターザンのよう。

056

あまり人前に姿を現さない、恥ずかしがり屋のリス。僕のカメラのシャッター音が最初は気になったようだが、しばらくずっとカメラを構えていると、だんだんリスの方も僕の存在が気にならなくなってきたのか、目の前でうろちょろ動き回るだけで、逃げようとしない。

037038

おやおや、こちらにいるのは誰だ?こんな寒いのに、ネコが朝から湖畔の藁の上で丸くなっている。

040

じっと見ていると、僕の存在に気付き、こちらに向き直ってくれた。こたつに入っているときの僕にどことなく似ているような気もする。僕と共通のオーラがこのネコの周りにも漂っている。

071

リスさんに比べて、君らは動きが遅いので、いとも簡単にカメラにおさめられる。鴨さんは動く被写体の中では、僕としてはもうすでに初級レベルに入っている。

085

こちらの被写体の撮影にもだいぶ慣れてきた。息子のジョーはあと一週間で7ヶ月になる。昨日届いたハイチェアに座って、離乳食を食べている。スプーンを口に近づけると、お口をパクッと開けて食べる様子は、親ツバメが雛に餌付けしているシーンを思わせる。

君が成人式に出るであろう日は今から20年後かあ。社会に出ていくにあたって、節度のある行動をとれる子に育って欲しいものです。

|

« 不況の時代に食べるお雑煮 | Main | 我が家の「多文化共生」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

初コメント失礼しますsmile

こちらでは、初めましてだねhappy01

リスすごいね~shine
ねこちゃん、コーディーに似てるーsign01

じょうくん大きくなったねhappy02
かわゆいlovely
奥さんに似てきたかなsign02

Posted by: ジーン | Tuesday, 13 January 2009 at 14:49

ジーンさま

ジョーは母親似で、公園のネコが僕似ってこと?そんなあ!weep

リスの写真、自分で撮ったことが今でも信じられないよ。どこかの動物図鑑みたいなサイトからダウンロードしたみたいな感じだよ。なんてね。coldsweats01

Posted by: コーディー | Tuesday, 13 January 2009 at 22:33

ジョー君、かわいい!!

プリントアウトしちゃった。

見るたびに思わず微笑みかけちゃうよ。

会いに行きたいなー。

Posted by: YUKO KITCHEN | Wednesday, 14 January 2009 at 12:36

YUKO KITCHENさん

ジョーの写真、どんどんプリントアウトしてくれていいよ。ただ、口の周りに食べかすがいっぱいついてるけどね。

ジョーの人気度はリスに勝てるかな?

Posted by: コーディー | Wednesday, 14 January 2009 at 22:29

ジョー君もリスもいい写真だね!
カメラが良いと、写真も良くなる?

Posted by: ナベショー | Monday, 19 January 2009 at 10:36

ナベショーさん

カメラが変わるとファインダーから見える世界が変わり、ブログのネタも幅が広がる気がします。

リスさんとジョーはこの記事の中では宿命のライバル化していますよ。

Posted by: コーディー | Monday, 19 January 2009 at 20:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 不況の時代に食べるお雑煮 | Main | 我が家の「多文化共生」 »