« 年越しの冬景色 | Main | 不況の時代に食べるお雑煮 »

Sunday, 04 January 2009

メンズ・オーガニックメニュー

234

いつも通り佐鳴湖をジョギングしていると、木の上に野鳥が一羽留まっていた。ここぞとばかり望遠レンズの威力を試してみたく、ちょっと離れた場所からシャッターを押させてもらった。けど、この鳥さん、なんて言う名前なんやろか。(浜松なのに、なぜか関西弁)

インターネットが普及している時代、知りたいことはなんでも調べられる。僕がカメラにおさめた鳥さんの名前もちゃんと出てきました。

http://www.jooj.tv/algorithm/comp/tugumi.html

どうやら、ツグミだったようだ。茶色が混じった羽の色と模様、長いくちばし、と特徴点が一致している。

ツグミぐらい、見たらすぐわかるだろ、と言われても仕方ないが、高度経済成長期よりも後に生まれた僕らの世代に、野鳥と野花の名前をすぐ言い当てろ、というのは非常に困難である。

018

お正月に丹波の家で、妻の祖父母よりいただいた野菜、そうめん瓜。なんで「そうめん」なのかは、料理をしてみて納得できた。茹でると中身がマッシュポテトを作る時にできる細い麺のようになる。麺といえば、テレビで麺をカレーにつけて食べる、という番組を見たばかりである。

001_2

そうめん瓜は茹でたあと水で洗い、三杯酢につけて食べるとおいしいらしいが、今回はジャガイモもたくさんもらってきたので、ポトフにしてみた。

圧力鍋に放り込んで煮込むだけでできる。味付けはチキンコンソメと塩。香り付けにローリエを、と思ったが、ローリエがなかったので、代わりにローズマリーを使ってみた。

本当は、圧力鍋で加圧する前に調味料も全部入れるはずが、まだ圧力鍋の使い方に慣れていないので、普通のお鍋の感覚で火にかけたらそのまま加圧までしてしまい、蓋が開かなくなってしまった。

結局、最後まで調味料を入れるタイミングを逃してしまったのだが、幸い鶏肉も後から加えることにしたので、ピンが下がって蓋が開いてから、もう一度しばらく煮込んでみた。

009

大根と水菜の塩もみ。近くの遠鉄ストアで「おつとめ品」になっていた水菜を二束ずつ2袋で50円で買った。大根と一緒に塩で揉むだけでも、野菜の素材そのものの味が残っているのでおいしい。こんなに野菜ばかり食べていると、ウサギみたいだ、と言われてもおかしくない。

012

これが僕のオーガニックメニューです。男一人でもちゃんと料理して食べてますよ。ちなみに家族を残してきた妻の実家では、妻のお父さんが休みの日にはほぼ毎日ご飯を作ってくれる。僕も見習わないと---coldsweats01

|

« 年越しの冬景色 | Main | 不況の時代に食べるお雑煮 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

新年おめでとうございます。
そうめん瓜って食べたこと無いけど美味しいそう、、、
妻がいなくて一人の時こそちょっと御馳走、ワインなど抜いて、、、

Posted by: ナベショー | Sunday, 04 January 2009 at 14:47

ナベショーさん

新年おめでとうございます。
家族がいない間、電話やメール以外に誰にも邪魔されることがなくなってしまい、ポルトガル語の勉強がはかどってしまいました。
久々に独身時代を思い出し、料理にも力を入れてしまった今年最初の週末でした。

Posted by: コーディー | Sunday, 04 January 2009 at 22:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 年越しの冬景色 | Main | 不況の時代に食べるお雑煮 »