« カメラを持って走る男の休日の過ごし方 | Main | 久々のしゃぶしゃぶ »

Wednesday, 24 December 2008

ねこのクリスマスイブ

  004

雲間から朝日がのぞいている。漁師さんはもう既に湖に小舟を出している。

休みの日の朝は湖まで“ジョギング”(もちろんカメラ持って)する習慣になっていることもあり、近頃の僕のブログは湖面を照らす朝日の写真で始まることが多い。またか、と思ってらっしゃるかたは、チラッと見るだけで、適当に読み飛ばしてください。coldsweats01

011

湖のほとりに咲いていた水仙。やっと花の写真をこんな風に、背景をぼかして撮れるようになった。マクロレンズを持っているわけではないが、望遠レンズでも絞りを浅くしていくとピントがあう幅が狭くなり、花だけに焦点があってくる。一眼レフにデビューして10日目で習得したスキルである。

018

いつかは、こんな景色の眺められる庭のある家に住んでみたい。テーブルにはサンドイッチとクッキーが入ったバスケットが置いてある。マグカップには注いだばかりのコーヒーから湯気が立ちのぼり、おじいさんの眼鏡のレンズを曇らせる。

030

あれ、あれ?猫が2匹、木によじ登っている。黒い方の猫(クロ。勝手に名前つけてしまった)が少し遅れをとっているようだ。

クロ「待ってえ!」(誰かさんみたいだ)

クリ「いやあだよ。」

031

結局、木に登るのを諦めて、どっかへ行ってしまった。

あらら---。拍子抜けしたクリ(栗色の猫)は思わず木からずり落ちそうになる。

051

なんだかんだ言って仲のいい2匹。時には喧嘩もするが、やっぱりお互いのことを思う気持ちに変わりはない。

We need to talk.(なぜか英語で)  とでもクロちゃんは語りかけているのだろうか。

僕が近くでカメラを向けていても、さほど気にせず知らん顔。お互いのことに夢中なのだろうか。

053

結局クロちゃんに怒られ、少し反省しながら遠くを見ているクリちゃん。

だんだん、写真を撮りながら僕まで2匹に共感してしまいそうになるので、猫の写真はこの辺にしておこう。

073

あれ、まだ紅葉が。もうクリスマスだというのに、静岡県は温暖な地域なのでまだ紅葉が観察できる。

090

我が家のクリスマスツリー。ブロッコリーの味がするもみの木に、トマトの味がする飾りをつけてみた。木の幹はポテトサラダでできている。うちの奥さんの今年最後の傑作だ。

102

ミートローフ。ベーコンに包まれた中には挽肉がつまっている。これはオーガニックレシピではありません。

095

キッシュ。タルト生地にグラタンがのったようなものです。

104

24日の夜に盛大にお祝いをするのがアメリカ式。25日のランチタイムにクリスマスを祝うのがイギリス式。日本はアメリカ式を採用したために、24日の夜にお祝いする習慣となったのだろう。

ところが、うちはそのどちらでもなく、24日のランチを盛大にした。僕が今日お休みをもらったからである。

107

食後はお茶とケーキでしめる。息子のジョーがぐずるのを適当にあやしながらの、ちょっと忙しい食事ではあったが、バナナチョコケーキにおいしい紅茶を飲んでホットする。

ごちそうさま!

|

« カメラを持って走る男の休日の過ごし方 | Main | 久々のしゃぶしゃぶ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526174/43516317

Listed below are links to weblogs that reference ねこのクリスマスイブ:

« カメラを持って走る男の休日の過ごし方 | Main | 久々のしゃぶしゃぶ »