« やきそばでピクニック | Main | 不況の嵐の中を生きるブラジル人 »

Monday, 08 December 2008

ブラジル有機野菜

浜松でブラジル野菜を栽培している人がいる。そんな話を最近テレビニュースや新聞で目にし、ずっと気になっていた。記事を書いたのが、実は知り合いの記者の方だったので、場所など聞いて、さっそく訪ねてみた。

041

浜松市西区大久保町の一角にブラジル野菜を売る直売所がある。そこでブラジル野菜を栽培しながら売っている仲栄真秋男さん。沖縄生まれの日本人だそうだが、2歳でブラジルに渡り、ハートはブラジル人という。野菜畑をひとつひとつ丁寧に案内してくれました。

048

クレソン「agrião」(アグリアオン)の畑。クレソンは日陰の湿地帯でよく育つ。列と列の間に間隔を空け、害虫が食べるための雑草をわざと残している。そのため、農薬を使わなくてもクレソン自体が害虫に食べられなくて済む。仲栄真さんの栽培方法は、そのようにして野菜を育てる有機栽培。

062

コリアンダー「coentro」(コーエントロ)。独特の香りを放つので、人によって好き嫌いの分かれる野菜だが、僕は大好物。食べるとなぜかアジアンな気分になる。

この後、買おうと思っていたら、山盛り一束、タダで持たせてくれました。(ラッキー、いや、仲栄真さん、ありがとう!)

038

マンジオカ[mandioca]。日本ではキャッサバという名で知られているが、辞書によると「タピオカの塊茎」とも書いてある。

036

皮の剥き方まで見せて説明してくれました。

ここの農園は、もともと日本人のおばあちゃんがセロリなど作っていたそうです。もう高齢だが、二人の息子さんは銀行員で、他に後継ぎはなし。

そのおばあちゃんの農園のすぐ脇の畑を借りて、野菜を作っている人がいる。寒いのにビニールハウスも使わず、一生懸命作っている様子に感心し、自分のハウス農園を任せてみた。

それ以来、ずっとここの農園を続けてきたのが仲栄真さんだったそうです。

興味のある方は、ぜひ行ってみてください。浜松西インターを降りたらすぐ右折し、浜松環状線を南へ下り、「maruhachi」と書かれた工場が右手に見えたら、その2つぐらい先を右折すると、左手に直売所のビニールハウスがあります。

[別ルート]浜松志都呂イオンショッピングセンターから浜松環状線を北上し、大久保南という交差点(右手に餃子やの看板あり)を右折するとJAがあり、そのすぐ先に以前紹介したJohnny's Jawaian Burgerのお店があります。その向かい側へ左折して坂を上がり、上がりきる少し手前に「止まれ」の標識が見えたら左折。100メートルほど行くと右手に直売所のビニールハウスがあります。

067

さっそく、今夜の夕飯は仲栄真さんの農園で買ったブラジル野菜オンパレード。マンジオカは茹でて柔らかくしてから素揚げ。揚がったら塩をふって食べる。

083

クレソンを添えてお皿に盛ってみると、お~、うまそうではないか!

081

こちらは木綿豆腐をニンニク、ショウガ、ナンプラー、お酒、しょうゆ少々、レモン汁と一緒に炒め、最後にコリアンダーを加える。エスニック味だねえ。

087

バルサミコカレー。以前紹介した「うーらさん」レシピを参考にしました。タマネギを大根、ニンジンと一緒に炒め、しんなりしたらトマトとカレーパウダー、クミンパウダー、バルサミコソースを加え、馴染むまで炒めたら蓋をして少し煮込む。今日はバルサミコソースが少なかったので赤ワインを加えてみた。

上に添えてあるのがコリアンダー。

ブラジルの有機野菜を使っての料理だったので、文字通りのオーガニックレシピでした。

日本の農家は大半が高齢化し、後継ぎがいないため、多くの農地が野放しにされている。東京へ野菜を出荷してきた千葉の房総半島の農地は、既に雑草だらけの野原に様変わりだとか。仲栄真さんは、そんな日本の農家を継いでブラジル野菜を作っている。

一方、アメリカ発の金融危機で職を失った派遣労働者が今、ハローワークに溢れかえっている。企業の調整弁でしかなかった「派遣社員」という枠組みが、不況の打撃をもろに受け、これで見直されることになるだろう。

新たな転換先として、失われつつある日本の農業に我々はもういちど立ち返る時が訪れたのではないだろうか。

|

« やきそばでピクニック | Main | 不況の嵐の中を生きるブラジル人 »

ブラジル」カテゴリの記事

Comments

素敵なお仕事!!

料理の道へいってなかったら、間違いなく農業の道に行ってた。なんでもこつこつ自分のペースで仕事をするのが好きで、ケーキ職人していたのに、調理人不足でいつの間にか調理台に立つようになっちゃって、、、、もうかれこれ10年。人生とはわからないものだね。本当は毎日注文、時間に追われて、プレッシャーいっぱい、未だにこの仕事むいてないかも、って思う時があるほど。でもやっぱりお料理すきなんだよね。だから続けてる。

農業の道を行ってても、もしかしたら畑の横で畑の野菜を使ってCAFEしてたかも。

わたしもコリアンダー大好き。最近はよく味噌汁にいれてたべてる。ちょっとHOTソースとレモンを絞ると、同じ味噌汁でもラテンっぽくなるよ、私のお気に入り。

Posted by: YUKO KITCHEN | Friday, 12 December 2008 at 13:50

YUKO KITCHENさん

コリアンダーを味噌汁にいれるの?それは考えつかなかった。でも、あの香り、味噌汁にもいけるかも。

人生、紙一重でどうなるかわからないものだよね。10年前の自分が、今どうしてここにいるのか不思議でしょうがなくなるよ。

Posted by: コーディー | Thursday, 18 December 2008 at 20:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やきそばでピクニック | Main | 不況の嵐の中を生きるブラジル人 »