« ブラジルのハンバーガー | Main | オーガニック・レシピ »

Monday, 03 November 2008

フェイジョン

ブラジル料理で日本の味噌汁に値するような食べ物にフェイジョン「feijão」というものがあります。今日は姉が息子のジョウに会いに来たので、このフェイジョンを一緒に食べました。

009

カリオッカ豆を一晩お水につけ、ローリエを加えて圧力鍋で40分程煮込んだ後、ベーコンとタマネギを炒めたものを混ぜてさらに煮込み、塩こしょうで味付けるだけで、あとは豆を適当にヘラ等でつぶすだけで、意外と簡単に作れるんです。

011

つけ合わせには水菜、ぬき菜、大根にグレープフルーツのサラダ。これにオリーブオイル、白ワインヴィネガー、塩を混ぜて作ったドレッシングをかけて食べる。

016

サイドメニューにはカボチャを胡麻油で炒め、お酒、みりん、しょうゆで蒸し焼きにし、白胡麻をふったものに水菜を添えた料理。うちの奥さんが最近はまっているオーガニックレシピというものらしく、野菜ばっかりでおいしく作るメニューらしいです。

008

ほら!こんな賑やかになりました。と、言いつつも、これ、全てうちの奥さんの手作りです。じゃあ、僕は何やってたんでしょうね。そ、そ、それは・・・sweat01

最後に、トマトとタマネギのみじん切りにセロリを和えたものに、オリーブオイル、白ワインヴィネガー、塩を混ぜて作ったサラダをフェイジョンのご飯の上にのせて食べるんです。

ふ~、お腹いっぱい!こんなにおいしいブラジル料理。でも、このフェイジョンの由来はもともとブラジルの奴隷の食べ物だったとか。これにご主人様が食べないような豚の耳とか内臓とか骨の部分を一緒に煮込んで作ったのがフェイジョアーダ「feijoada」です。辞書によると、豆料理の総称をフェイジョアーダというらしいですけどね。

この話をしたら、アフリカのケニアに行っていたという姉が、アフリカでも、こんな豆を煮込んだ料理を食べたというんです。へえ~、思えば南米に連れてこられた奴隷って、もともとアフリカの人達だもんね。世界はいろんなところでつながってるみたいだなあ。

021

ジョウ、君もいつかはブラジルだかアフリカだか、どっかとんでもないところへ行きたい、とか言い出すんじゃないだろうなあ。

006

ん?なんのこと?

今はライオンさんもいる、このプレイマットの上で充分なんだね、君は。

|

« ブラジルのハンバーガー | Main | オーガニック・レシピ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラジルのハンバーガー | Main | オーガニック・レシピ »