Sunday, 19 February 2017

京都へひと旅

Doushisha
同志社大学

一度は足を運んでみたかったキャンパス。

新島襄が設立した同志社は、
僕が卒業した関西学院大学と同じく、キリスト教主義の学校だけど、
明治時代初期の当時を思い起こさせる風景が残り、
赤煉瓦の建物がそのまま残っていて、どこかレトロな感じがいいんですよね。

ボーリス建築の関西学院とはまた違った味があって興味深いです。
関西学院大学の場合は校舎の名前は普通にA号館とかなのに、
同志社の場合は、例えば清風館とか、日本的な名前が多いのも特徴です。

この後、新島襄の旧邸にも行ってみましたが、残念ながら2月までは休館でした。

Konkaikoumyouji
金戒光明寺

京都へ来て、どうしてそんなお寺に行ったん?
って、思われるかもですが、
ここは、会津藩主の松平容保が京都守護職を任ぜられた時に拠点を置いたお寺で、
ここで新撰組の近藤勇や土方歳三が松平容保に謁見したという、
幕末の歴史においては、非常に重要な場所なのです。

今は特別拝観が行われていて、
新島八重の写真も展示してありましたよ。
大河ドラマの綾瀬はるかとはだいぶ差がありましたが。(^^)

Koudaiji
三年坂

Koudaiji1
二年坂

その後、東山にある霊山歴史館で開催中の幕末維新ミュージアムへ。
今年は大政奉還150年記念の年なので、
幕末シリーズのイベントが京都の各地で開催されているようで、

せっかく京都へ来たのだから、ということもありますが、
職場の旅行で来たとは言え、
誰でも行きそうな平安神宮や金閣寺などの有名スポットではなく、
幕末関係の名所へ行ってみるのも面白いかな、と。

そう思って足を運んだわけですが、
祇園から近いこの辺りは人気スポットらしく、やたらと人が多い。
狭い場所でも観光客がぎっしりで、
近くには清水寺や、五重塔で有名な法観寺も徒歩圏内にあります。

Fushii_inari1
一泊して、次の日は朝から伏見稲荷へ。
千本鳥居は京都観光ではお馴染みの、じゃらんとかの観光雑誌には必ず写真が掲載されているところ。

へえ、ここがその伏見稲荷かあ、と軽い気持ちで行ってみたものの、
トレッキングシューズを履いてきて良かった〜、と思うぐらい、
伏見山へ辿り着くまでの道のりが長い。

Fushii_inari2
観光客にとって、時間の節約は重要なので、
頂上まで行くことは諦め、中腹のところで引き返してきました。
京都で長い時間を過ごせる人は、ぜひ一番上まで行ってきてください。
ハーフコースでも有に1時間はかかります。

伏見山から降りてきて、
JRか京阪の伏見稲荷駅まで戻る手前にはお土産屋さんがずらりと並んでいたので、
ここでいなり寿司とお土産屋の八つ橋を買っていきました。

そこから、京阪に乗って、今度は伏見桃山へ。

Teradaya5
龍馬通りを歩いて南側へ進むと、
川沿いにある古い旅館が寺田屋。

坂本龍馬が襲撃され、命からがら逃げた旅館ですが、
僕が家を建てる時は、
なぜか、この寺田屋のイメージがなんとなく頭の中にあって、
幕末ロマンに浸りながら家の図面を考えてしまいました。
実際は、寺田屋を訪れるのは今回が初めてですので、具体的にどんな旅館なのか知りませんでしたから、
僕の家は寺田屋とは大きくかけ離れています。

Teradaya1
龍馬はどんな旅館に泊まっていたのだろう、
と思い描きながら、やっとここへ辿り着いたわけです。

Teradaya2
鉄砲階段で、天井が低いところは、
僕の家とはだいぶ違います。

ただ、剥き出しの木の柱やらは僕の家と共通してるのかな。

柱には、銃痕や刀痕がそのまま残っていました。

うちの場合も、ジョーやリカちゃんが傷つけた痕がいっぱい、ちゃんと残ってます。

Teradaya3
おりょうさんは、このお風呂に入っていた時に異変に気付き、
服も着ないまま龍馬のいる部屋へ急いで知らせに行った、
というのは有名な話ですが、それがこのお風呂なんですね。

Tofukuji
最後は京都駅からすぐ近くにある東福寺へ。

山門の周囲には梅がちょうど咲いていて、早春を感じさせる風景は、
寒さを忘れさせてくれそうでした。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 31 January 2017

身近な自然との共存

Takeyabu
身近な生活空間にも、
こんなに緑がたくさんあるんだ。

竹林なんてどこにもあるはずなのだけど、
猛スピードで動く社会に生きていると、ついうっかり通り過ぎてしまう。

僕らはこういった自然に囲まれながら、
自然と共存しながら生きているってことを忘れちゃいけない。

地球は人間なしでも存続できるけど、
人間はこういう豊かな自然環境を大事にしなくては生きてはいけない。

家からコンビニまで歩いていると、
こんな風景に出くわしたので、そんなことをつくづく考えながら撮ってみました。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 31 December 2016

メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!

Christmastree1
毎年撮っている教会のクリスマスツリー。

大晦日の今日、クリスマスから約1週間が経ち、
あと少しで新年を迎えようとしています。

この十字架を背にそびえ立つクリスマスツリーを見ながら、
主イエス・キリストの降誕をお祝いし、1年の最後を締めくくり、
クリスマスから元旦までのあっという間の時が過ぎていきます。

そんな今年のクリスマスは、我が家にとっては特別な時でもありました。

ところで、12月26日になると、さっさと片付けてしまう方が多いクリスマスツリーですが、
暦の上では1月6日まで出していても良いものなのです。

イオンへ買い物に行くと、あっという間にクリスマスソングからお正月の歌に変わってしまい、
ちょっとガッカりしてしまうことはないでしょうか。

でも、メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!と、そう英語では新年の挨拶をしているように、
本来はクリスマスとお正月は同時にお祝いされるものなのだ、と思います。

いつまでもキャンドルの余韻に浸っていたいところですが、
(と言いつつも、紅白を見ながらブログ書いてますが)

Osechi6
うちの奥さんは、あ〜忙しい、と言いながらおせち料理を。

Osechi5
じゃ〜ん。完成!

嫁として恥ずかしくないように、とかぶつぶつ言ってましたが、
これ、かなり良い出来だと思うよ。

Osechi1
僕も今年は少しぐらい、一品ぐらいは手伝おうと思ってたのですが、
結局こういうことに関しては奥さんの前では手も足も出ません。

さっそく、あ〜ん。

明日は、実家の藤枝へ新年の挨拶に参ります。

それでは、みなさん、良いお年を!

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 10 December 2016

法多山もみじ

Hattasan2016

Photo


Momiji1

そろそろ色付いてきたかな。

静岡県は他県に比べて温暖なため、
今年は12月に入ってからモミジの見頃を迎えたようです。

法多山だんごで知られているこの場所に、
リカちゃんが来たのは何回目だろうか。

ジョーは小さい時から何度も来ているのでお得意顔で、
ここでの紅葉狩りの要領をよくわきまえているかのようだった。

でも、今回の主役は3歳になったばかりのリカちゃんです。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加してます。どうろ応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 24 November 2016

兄妹バトル

Photo_5
リカここにいるよ〜

3歳になっても、いたずら好きは変わらないねえ。
日々の成長とともに、我がままといたずらの程度は甚だしく増してくる。

1
ん?足の裏に何かついちゃった。

時には兄をも困らせる程。

Photo
逃げろ〜〜

Photo_2
ジョーくん まて〜

Photo_3
しまいに、ジョーがずっこけて、
そこをし止めたリカちゃんが勝利宣言!

Photo_4
それでも仲良し兄妹。
ケーキの残りを食べちゃえ!

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックお願いします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Tuesday, 22 November 2016

ロウソク3本

3thbirthday
ロウソクの灯が3本。
ハッピーバースデートゥーユー♫

この日を誰よりも楽しみにしていたのは、リカちゃん自身のようでした。

3thbirthday_2
今朝はいつもより早起きし、
「りかちゃんのおたんじょうびは?」
と自分で聞いてきて、朝からお誕生日会をやりたくて仕方がないので、
とりあえず用意しておいたプレゼントを渡してあげました。

プレゼントにあげたのは、
「ジャムおじさんのパン工場」

ここ最近はアンパンマンが大好きで、
ずっと「これ欲しい〜」と言っていたものだったので、
まさか、これが今日手に入るとは、信じられない、という様子でした。

3thbirthday1
さっそく遊び始めたかと思ったら、
「はい、パン焼けたよ」てな具合にトレーにのせて、ひっきりなしにパンを持ってきてくれるんです。

ん、一人で夢中になって遊べるものじゃなかったの?
という親の勝手な目論見はもはや打ち破られ、
やはり、こういうオモチャでも、親がお相手してあげなくちゃいけないみたいでした。

それだけ気に入ってくれたのだったら、プレゼントをあげた者としては嬉しい限りです。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 08 October 2016

藤枝大祭り2016の写真編集を終えて

Photo
先週末に撮影した藤枝大祭りより1週間後。
写真データの納品が無事に終わり、ほっと一息。

3枚のメモリカードがいっぱいになるまで撮り続けた結果、
全部で3,500枚程シャッターを切ったなかから、
1週間かけて選定したのがおよそ430枚。

やれやれ、こんなに大変だとは思わなかった、というのが正直な感想ですが、
仕事でやっている人は、これが毎日、毎週続くんですもんね。

僕らはボランティアなので、
普段は昼間仕事をし、帰ってきて子どもを寝かせてから編集作業をするので、
それが1週間も続くと、さすがにクタクタです。(ビールを飲むのも1週間我慢しました)

撮影当日は朝から晩にかけての長丁場でしたが、
撮り続けているうちに、祭りに参加している人達の表情が少しずつ変わっていく様子を捉えながら、
一枚一枚カメラに収めてきました。

重い御殿屋台はそう簡単には動かないので、

せ〜の!

という掛け声の合図とともに、みんなで力をあわせて引くと、
ようやく車輪が回りだす、その瞬間、
皆の顔がほっと明るくなるんです。

疲れた〜、と思う一方で、
顔を見合わせながらお互いに笑い合う。

そんな表情を撮り続けながら、人の表情って美しいもんだな、と感じました。

写真データは納品してしまったので、
その中から数枚だけコラージュにしたものをアップしておきます。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 02 October 2016

藤枝大祭り2016

Shimotennmablog1
地元、藤枝で3年に一度開かれる祭り、藤枝大祭り。

9月30日(金)から10月2日(日)までの3日間に渡り、
うちの父が下伝馬のカメラマンとして手伝っていたので、

僕もそのうちの1日だけ(10月1日)撮影に付き添って参りました。

とりいそぎ、そのうちの1枚だけ(iPhone)撮った写真をアップいたします。

こんな感じでした。

これから1週間かけて撮った写真の編集、
がんばります。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。応援クリックを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 25 September 2016

苗付け

Hanakawa
夏の間に少しずつ耕しておいた畑に、
秋野菜の種を蒔くのと苗付けをするのを、リカちゃんとジョーが手伝ってくれました。

2年前に引っ越してきた頃はまだ石ころだらけで、虫さえいなかったこの地も、
毎年耕しているうちに、
いつのまにか柔らかくて水はけの良い土に変わってきたようで、
大雨が降っても水たまりはほとんどできません。

えっほ、えっほ、

通路の平らな部分に穴を掘って、小山を作ってくれるのはリカちゃん。

雨が降ると、今はそこだけ水たまりができるんだよね。

さあ、苗を植えるの手伝ってえ。

というと、ジョーが得意そうな顔をして、

「オレ、学校でもやったから分かるよ」と言って、ほとんど全部植えてくれました。

リカちゃんも、
「リカもやる〜」と言って聞かないので、
仕方ないなあ、と思っていたら、自分でナデシコの苗を持ってきて、

「コレをうえるの」と言って、野菜の畝の端っこに一つだけ植えてくれました。

まあ、いいか。

Hanakawa_2
逆さ撮り!

そういえば、最近どこかの偉い教授が、
こんなポーズをして表彰されてたなあ。

逆さまにして覗くと、新しい違った世界観で物が見えるとか、そんな話だったと思うけど、
ジョーが見ている方からいったい僕はどんな風に見えるんだろう。

ジョーも場合によってはこんなポーズをして何か賞がもらえるかもしれないね。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 07 September 2016

秋の味覚

Sushi
食欲の秋、

という台詞はまだ少し早すぎるかもしれませんが、、、

うちの実家へ行くと、ジョーの好物をたっぷりと食べさせてくれました。

普段はあまりご飯を食べないジョーですが、
好物といえばお寿司。

お寿司の中でも好きなものトップ3といえば、

サーモン、マグロ、イクラ。

そして、今回はウニに初挑戦。

ちょっと大人味かな、と思ったけど、

案外美味しかったようで、

好きなものトップ4にランクイン。

良かったね。※写真の中ではウニがイクラの陰に隠れてますが。

お寿司屋さんでこれだけ食べたら、いったいどれだけ払わなきゃならないのだろう。

台風が通り過ぎる日々ですが、
この蒸し暑さが通り過ぎた頃には本格的に秋の味に。

ビールは既に「秋味」が出回ってますが、
秋と言えば、新サンマを食べるのも楽しみ。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sunday, 21 August 2016

誕生日ディナー

Photo
まだ夕陽が沈まないうちに、
スパークリングワインを抜くには少し早いかな、と思う時間帯こそ、
写真映えするようで、
我が家の和室から、ちょうど良い陽の光がグラスを照らしつつ、
乾杯しました。

え?

何に乾杯したかって?

それは、、、

ささやかながら、僕の誕生日を素敵なイタリアンディナーで祝ってくれたのです。

誕生日というと、この年になると、
なんというか、嬉しいようなそうでもないような、、、
だって、四捨五入すると既に40ですからね。

でも、こうして今日まで生かされ、うちの奥さんと出会い、
この浜松の地に根付いたからこそ、ジョーとリカちゃんに日々翻弄されながらの
今のこの生活があるわけで、そりゃ感謝すべきことなんだな、と思うわけです。
そして、自分自身がこの世に生を受けたのは、そもそも両親のおかげなわけですから、
そのことにまず感謝したいです。

Photo_2
食事の後は、家の外で花火を。

夏休みも、あと1週間で終わりというこの時期、
花火を楽しみながら、なんとなく寂しさを覚えつつ、
今夏を振り返る。

そんなことを考える間もなく、あっという間に線香花火が、
ポトッと、
地面に落ちてしまう。

早すぎるよ〜。

あんたには、この勢い良くシューって炎が吹き出すタイプの方が似合ってるよ。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, 10 August 2016

愛知県民の森で川遊び

9
これ以上ない程の暑さを記録した今週の月曜日と火曜日。
浜松では最高気温38度まで上がり、日本全国トップクラスに。

そんな中、暑さを凌ぐため、という訳ではありませんが、
また愛知県民の森へ行ってきました(ゴールデンウィーク以来です)。

ここは、豊橋方面から日帰りで川遊びに来る人も多いようで、
駐車場代がかからず、川岸も整備されているので、
子どもが遊びやすい人気スポットなのかな、と思いました。

10
我が家のワイルドボーイ、ジョーもこの調子。
網と水槽を持ってひたすら魚を捕まえることに徹していました。

僕がカメラを持って近づくと、

オリャア〜〜〜!!!!!!

と、水しぶきが!

生き物と触れ合うのは良いことだけど、
捕まえた後の魚の世話が大変なんですよね。

自然の生き物には、生活に必要な条件がそろっていないとすぐに死んでしまう。

だから、捕まえたお魚達は水槽の中で酸素不足ですぐにポカ〜んと、
お腹を仰向けにして浮かんでしまいました。

そういう生き物の宿命と向き合い、何か思うことはあったかな。

4


5
人間にとって生きるために必要な環境ってなんだろう、と考えた時、
ここへ来ると、まず思いつくのは木々ではないか、と思える。

空気を循環させ、夏は暑さを和らげてくれ、
様々な恩恵を人は木々から受けてきた。

街中の灼熱地獄で生活しているよりはずっとマシ。

2020年開催予定の東京オリンピックでも、
夏の暑さを緩和させるために東京都が考察している取り組みの一つがグリーン環境の整備、という記事をどこかで目にしたことがある。

そのためか、東京都は他の地方都市に比べ、意外とグリーンが多いように感じます。

6
アセビも森の中の日陰では、こんなに葉っぱが青々としていて綺麗。
うちの庭に植えてあるのとは大違いだ。

1
アウトドアで何と言っても楽しみなのはバーベキュー。

さあ、火おこし、今回もがんばるぞ。
結婚して以来、最初は失敗して火が付かなかった経験もありましたが、
何度か試しているうちに、今ではなんとなく火が付く仕組みも理解できるようになってきた。

最初に薪を櫓のように組み立てて、その周りに炭を並べていき、
キャンプファイヤーを組み立てるようなイメージにしていけば、
火をつけた時に真ん中に上昇気流ができ、空気が下から上へ昇っていく。

火は下から上へ着いていくことと、空気がないと火はつかないこと、
この2つの法則さえ理解していれば、火はちゃんと着いてくれる。

僕は木炭よりも火が長持ちする備長炭を使っていますが、
だいたい小一時間でまんべんなく火が着いてくれました。

その間に、既にビール2缶が空に。

2
さあ、焼き始めたぞ!

食べ始めるまでに、1時間もかかれば、そりゃ待ちくたびれるよね。

8
ジョーもリカちゃんも森の中にいると、
コロボックルみたいだ。

切り株の中に、何かいるのかな。


3
長時間露光で夜の森の中を撮ってみました。

ホ〜。

フクロウでも出てきそう。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。どうぞ応援クリックを!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 08 August 2016

農夫コーディーの庭作り

Okura1
しばらく放っておいたら、
ほんの数日でオクラがジャンボオクラになっていた。

毎朝庭へ出るたびに、トマト、青じそ、モロヘイヤ、ナス、シシトウ、そしてオクラ、
次々と食べ頃を迎えているのを見ては収穫する。

ほんの小さな家庭菜園ですが、朝採ってそのまま朝ご飯にする楽しみがたまりません。

Okura2
うわあ、これだけ草が生えてくると、
どこが通路で、どこまでうちの庭なのかさえ分からなくなってきた。

こうして一枚写真のフレームに納めてみると、
フェンスも木の一部と化し、裏山の景色も庭の一部のように見え、
なんとも贅沢な庭なんだ、と思えてきますが、

地面を見れば、ご覧の通り足の踏み場は全て雑草でグリーン化しています。

歩くと雑草が足に触れてくすぐったい。

それでも、砂利を敷いてしまっているような庭よりははるかにマシ。
砂利を敷けば常に灼熱地獄ですが、
雑草でも芝生のように覆われていれば、大気まで熱せられることはない。

雑草も全てが雑草と思って否定することはなく、物によってはキレイな花を咲かせることもあり、
セイタカアワダチソウかと思って抜いていた雑草も、
もしかしたらテッポウユリだったかもしれない、ってことだってある。

よく見ると、生い茂った木の陰で涼しそうなところもできている。
夏は日陰に、冬は日向になれば、僕の計画通り、ということになるが、
まだまだ数年先かな。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。どうぞ応援クリックお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

«蝉取り隊Go!